「アルペン通信」2005


岡山大学山岳会事務局 大森武生


【前編】
ようやく暑い季節から、
実りの季節になって来ましたが、諸兄お元気ですか。
「アルペン通信」2005を編集しましたので、お送りします。


1.大山慰霊登山
2003年は「村上安之氏の50年忌」、
2004年は「大山ヒュッテ50年祭」と、
多くの山岳会員が大山に集結し、
当時を、現在を、そして将来を語り合いました。
今年は、日程の設定の拙さから、少人数ではありましたが
大山ヒュッテに集まり、焼酎を飲み交わし、
大いに語り、元気に頂上を往復し、
二の沢、村上安之碑に参拝いたしました。


参加者:
武田昌策(教育29)、川上順三郎(教育31)徳田耕一会長(教育32)、
定金司郎(教育36)、大森武生(農学37)、香川弘昭(農学39)、
作間順三(法文39)上野哲男(法学H15)、古川裕隆(現役・農学1)
以上9名。



4合目付近のロートル隊



ガスの中の頂上



大神山神社にて



大神山神社で出会ったツリフネソウ



青春を燃焼させた大屏風岩と中ノ沢(右)



慰霊碑の前にて、左から上野、作間、川上、武田、徳田、香川、古川。


読経する徳田会長と川上氏。


碑の後ろに定金氏によって
埋められている
ダイラギリX峰7618m(1975年初登頂)の石。

村上氏は創部当時からヒマラヤを夢見ていた。



>>後編へ
<<HOME