【後編】

2.大山ヒュッテのこと





スーパーさんこと中務(教育31)さん達が、
南光河原の石を積み上げて作った「大山ヒュッテ」も
ブナ林の中に今も健在です。
現在では水道、電気、灯油ストーブ、窓には網戸も設備され快適です。
しかし、残念なことは、10.000人以上在籍する学生の
利用者がほとんど無いことです。
上杉旅館のおやじの話によると、
この夏1度目は、山岳会員・山崎裕晶君がNPOを設立し
「自然体験スクール」で子供達と、
そして我々が2度目の宿泊者だとのことです。
山崎君の話によると、畳はカビだらけ、
大黒柱もカビで白くなっていたとのことです。
夏一度も空気の入換えが行われていないので当然のことです。
電気、水道がありますから、
寝袋と卓上ガスコンロと食料を持参すれば、
快適な避暑生活が行えるのです。
多少椅子などが壊れていますので、
国体でも終了したら修理したいと話し合いました。


3.訃報
国定寛之(医学37)氏(岡山市伊福町在住)、
平成17年9月4日享年69才で永眠されました。
2年前大腸ガンを発症され手術、一時は元気になられ、
昨年の「大山ヒュッテ50年祭」には元気に出席され、
大いに飲み語り合いました。
今年7月再発し入院されていたとのことです。
同期・平田潤一郎氏から情報が発せられ、
9月6日告別式には、武田前会長、平田潤一郎、
香川弘昭・山岳部顧問、大森が参列いたしました。
私は国定氏には特別な思い出があります。
私が入部した時代は山岳部黄金期で山岳部員は50名を越え、
1年生の夏合宿・剱岳真砂沢固定合宿が終了し、
3方面に別れて縦走した。
私は国定氏がリーダーの立山から
黒部川・平の渡(現在はダムの底)を渡り、
針ノ木岳、鹿島槍岳、五竜岳、白馬岳を縦走した。
当時の装備は重く40Kgを越えていたと思う。
1年生と同じ重量を担いで指揮し無事縦走を完走した。
氏は整形外科医でもあり、
私の長女(股関節脱臼)の診療でも
大変お世話になった。思い出は尽きない。
ご冥福をお祈りします。合掌!


4.石原武美(農学40)氏のこと
石原君は、2年間フィジー諸島にJICA協力隊員として赴任し、
今年5月帰国しました。帰国メールを転載します。
「2年間の滞在中には先輩方々から励ましや近況のメールをいただき、離れていても心落ちすることなく元気に任務を遂行することができました。本当にありがとうございました。 フィジーではJICAのヴォランティアの一環で行刑局の農場運営の指導・アドヴァイスをしてきました。刺激的で毎日が目新しく大変良い経験ができました。」


5.山崎裕晶氏のこと
山崎裕晶(法文62)君は、子供達がもっと自然に親しむよう、
そしてワイルドな生活から多くを学ばせるため、
NPO法人「自然体験支援センター」を立ち上げ、
夏休みと冬休みに「アドベンチャースクール」を開き
子供達と活動しています。
今年の夏も10日間大山、富士山の登山パーティー、
四万十川の川下りパーティーに別れて活動しているとのことです。
8月25日大山ヒュッテで同宿しましたが、
少人数とはいえ10日間1人親元を離れ
自然体験をする子供達を見て頼もしく思えた。



大山ヒュッテの前で子供たち


上野君がインストラクターとして参加


6.山岳部のこと
山岳部は現在4名です。
韓国留学生の主将・金鎮英(環境理工学部3年)、
多田絵里子(経済学部4年)、中国留学生・全麗蘭(文学部1年)、
この8月頼もしい新人・古川裕隆(農学部1年)が入部しました。
小さい頃から両親につれられて山登りしていたようです。
川西(38法文)君が新人部員獲得に
努力してくれましたが、もう一息です。



新入部員・古川祐隆


7.国体のこと
「晴れの国おかやま」第60回国民体育大会が、
岡山で開催されます。
夏季大会は9月9日から、
山岳競技は秋期大会10月23、24、25日です。
山岳会からも河合、武田、徳田、大森、
田中、上野がボランティアとして参画しています。
成功を願っています。


8.17年度・山岳会費を願いします。
会費未納の方には振込用紙を同封させて頂きました。
よろしく御願いします。

<<前編へ
<<HOME