晩秋の大山紀行 −前編− 

期日:2005.11.22.〜23.
参加者:大森武生(S37農学部)
川西哲夫(S38法文学部)
作間順三(S39法文学部)
上野哲男(H15法学部)


晩秋の大山ヒュッテ前にて


1.計画の発端
一番若い山岳会員・上野哲男君が家庭の都合により
石川県の故郷に帰ることになった。
彼は、幻のダウラギリT峰遠征のメンバーであり、
計画がネパールの政情不安で中止となり、
卒業した翌年(2003年)現役山岳部3人を引き連れて
ネパールヒマラヤ、ランタン山群ヤラピーク5520mを登った。
その後岡山市立里山センター所長・武部秀夫氏
(大阪市立大学山岳会員)と2人で
ランタン谷最奥に聳えるランシサ・リ(6310m)に挑戦、
惜しくも250mを残して敗退した。
そして2003年のトレッキング隊のフォローをし、
高山病に苦しむ武田、作間先輩の面倒を見てくれた。
そして単独でアンナプルナ山群を一周するなど、
都合3ケ月あまりネパールに滞在した。
帰国後、アルバイトをしながら法科大学院に挑戦していたが、
今回家庭の都合で帰郷することになった。
我々の山の登りのフィールド大山で
最後の思い出作りをするため、
大山の最難関縦走ルート・鎗尾根に挑戦する計画をたてた。
このルートはザイルパートナーを必要とし、
川西君が協力してくれることになった。
このルートを登るには10月が最適であるのだが、
今年は岡山国体山岳競技が、10月下旬に開催され、
彼も運営役員として動員されたため、
紅葉のシーズンを外れてしまい11月22日となってしまった。


2.大山ヒュッテの修理
今年、8月の山岳会行事で大山ヒュッテに集まった際、
誰彼と無く「少し手を入れて、修理しなければ・・・」と話が出た。
特に独力でログハウスを建設した経験者作間君が
具体案を披露してくれた。
大山ヒュッテは、我々山岳会員にとっては
山岳部活動のスタート地点であり、多くの思い出がある。
現在では学生がほとんど活用することがない。
今年度も山岳会員・山崎裕晶君(S62法文学部)が
NPO法人自然体験支援センターを設立し、
小中学生対象に自然体験セミナーで1回、
山岳会員の大山行事の都合2回だけだとの状況なのです。
創部メンバーが南光河原の石を拾い集めて建設し、
多くの山岳部員を育てた大山ヒュッテを
このまま朽ちさせるには忍びない。
事務局としてチャンスあればと考えていました。


3.計画の実行
11月21日山口県から作間君、
帰郷間近な上野君が我が家に集結、
上野、大森で食料の買い出し、
作間君にヒュッテ修理の準備をして貰う。
木材は山岳部顧問香川教授が理学部を
改修した際の廃材を保存しておいてくれ、
分買うこともない。
作間君がペーパーを掛けるなどして準備、
道具は電気丸鋸、電池ドライバーなど
我が家にある道具を作間君が取りそろえた。
夜は、3人で昔の山登りの話で盛り上がり焼酎が進んだ。
11月22日6時起床、6時20分車で我が家を出発、
古京町で川西君を拾った。天気は雨の心配はないももの、
高気圧の張り出しが遅れ、上天気とは云えないが、
回復傾向を期待して、岡山インターから山陽道−岡山道−
中国道−米子道を経て、蒜山で高速道路を下りるも
雲が低くたれ込め山は見えない。
新しく出来ている大山道を進み
8時30分三の沢・文殊堂に着いた。



登攀スタート地点の三の沢・文殊堂

川西、上野両名は登攀準備をして、三の沢を登って行った。
「無理するなよ」と見送った。
作間、大森は、ヒュッテ修理に大山寺へ向かう。
9時20分上杉旅館前の駐車場に車を止め、
上杉の親父さんからヒュッテのカギを貰う。
荷物は食料、修理用木材、修理道具と結構ある。
若い作間君が5往復、大森が3往復して
荷物の担ぎ上げが完了したのは10時30分結構疲れた。





用意した材木を担ぎ上げる大森(上)、作間(下)。



後編へ>>
<<HOME