晩秋の大山紀行 -後編-


一服して修理計画を話し合う。一番は椅子です。
クギが外れ紐で縛ってある状況、特に壁側は、
最初から設計が悪く、座るとテーブルの下になってしまう。
作間君が椅子の長さを測り、持参した木材を
電気丸鋸で切断、大森が取り付けていく。
途中で買ってきた冷たい弁当で昼飯。



釘が抜けひもで縛ってある。


修理前の椅子の状況、壁側は低すぎて使い勝手が悪い。


修理の見通しが付き掛けた午後1時30分頃、
携帯電話が掛かってきた。上野君からだ。
三の沢は1000mあたりから積雪があり、
深いところでは50センチを超す。
沢を詰めて鎗尾根上を進むも視界が悪く、
風は下から雪を巻き上げて吹く。
ピナクルを越すには相当の危険を覚悟しなければならない。
今回は著名なピナクル(1500m程度と思われる)で
撤退と決定して下山する旨の連絡だった。
万一を考えて上野君はアイゼンを用意していた。
川西君はアイゼンを用意して無かろうと、
出発の時、私が用意した武田先輩から
借りたアイゼンを持って行くよう云ったが持って行かなかった。
何はともあれ安全であることが嬉しい、
山はどこへも行かない、また挑戦すればいい。
2時30分三の沢・文殊堂まで迎えに行った。
下山してきた2人は元気だが雪のため膝から下はずぶ濡れ、
車に暖房を入れ登攀の模様を聞きながら大山寺へ向かう。
桝水原では9合目まで視界がある。
真っ赤な実を付けたナナカマドも美しい。
写真撮影のため休憩。



枡水高原での記念撮影


真っ赤な実を付けたナナカマドの木


3時30分頃大山ヒュッテに着いた。
川西君に夕飯の調理を頼み、
作間、上野、大森で修理を続行、
4時30分頃修理は完了した。
手前みそだが立派に仕上がった。



低すぎたイスをテーブルの高さにあわせて
かさ上げした。



修理完了した椅子。
壁側をかさ上げし通路側と同じ高さに揃え快適に座れる。



5時半頃から用意したすき焼き鍋を囲んで宴会。
焼酎を傾けながらの昔の山登りの話は楽しい。
来年予定しているエベレスト・トレッキングで
川西君がリーダーを務める予定であるがネパールは未経験。
上野、作間、大森はネパール経験者、
あれこれアドバイスが飛び交う。
私が年長者として人生訓を垂れる場面では
作間君と激論となってしまったが、
そこは山岳部で生死をロープで繋ぎ合った仲間、
翌日にはけろりと仲直り出来る。

23日7時頃起き出して朝飯、
せめて元谷まで登って北壁を眺めようと、4人で散策に行く。
元谷では残雪があるものの、
北壁は9合目まで視界があった。
北壁の各登攀ルートを指さして、
かっての登攀の話に花が咲いた。
私は、6月上野君のサポートで
「大山花紀行」としゃれ込んで宝珠尾根を登った。
丁度米子在住のプロカメラマン矢藤女史と一緒になり
大山の花のコーチ、写真の撮り方を教わった。
その時撮影した花たちも11月のシーズンには枯れ果て、
やっと少しだけ痕跡を撮影することが出来た。



マムシグサの赤い実


オオカニコオモリの羽根の付いた種子。

10頃時大山ヒュッテに戻り、小屋内を清掃し、
カギを上杉の親父さんに返し、大山を後にした。
溝口で「とっとり花回廊」に寄り道して、
岡山に帰って来たのは3時前、最初に上野君を
アパート近くで降ろし「頑張れよ」と声を掛けて別れた。
30日には故郷へ向かうとのことだ。
岡山駅で作間君を「ご苦労様」との声で降ろし、
川西君の家の近くで降ろして、今回の大山紀行は終了した。

若手で現役山岳部を3年間に渡って
面倒見てくれた上野哲男君が岡山にいなくなることは寂しいが、
彼の新しい人生の出発と考えて祝福してやろう。
有り難う!

記:大森武生(山岳会事務局)


<<前編へ
<<HOME