<<HOME 
岡山大学山岳会 「大山・村上祭」報告
事務局・大森武生、上野哲男

会員・諸兄 お元気でお過ごしのことと拝察します。
さて、19年度、「大山・村上祭」を過日実施致しました。
その報告をさせて頂きます。

期日
平成19年8月24日(金)、25日(土)、26日(日)

参加者
河合、武田、中務、徳田、定金、川西、那須、香川、森岡、上野、
大森、以上11名。 なお岡田氏(29医、東京)から、お供えと多額の寄付金が寄せられました。

概 要
8月24日(金)卒業後2年間現役の面倒を見てくれ、
現在郷里へ帰って、司法書士資格試験を挑戦中の
上野君(H15、法学、石川県加賀市)が試験が終了し、
発表を待つだけとはるばる石川県加賀市から参加してくれた。    
(9月26日筆記試験合格しました。)
香川山岳部顧問、上野、大森3人で、
準備も方も含めて1日前から出発する。
蒜山でハーブ園でゆっくりし、
町営のそば屋で昼食を頂き大山へ向かった。
天気は快晴、前日雨があったとかで、
緑が目にしみるようです。
蒜山−大山道路を快適に上る。
途中、大山展望台で休憩、烏が山、大山南壁が見事であった。
大山到着は2時過ぎ、上杉旅館で
ヒュッテのカギをもらい大量の食料などを
ヒュッテに荷揚げする、
高齢者には結構しんどい作業です。
ヒュッテはこの夏我々が初めてとのことであったが、
この夏晴天続きのため、
室内にカビもなく快適なものだった。
ただ上杉旅館の駐車場がヒュッテまでの道は
通る人もなく、草刈りに1時間以上かかった。           


−石造りのヒュッテは、50年を経過しても堂々とブナ林の中に建っている−     

8月25日(土)
今日の午後が参加者の集合日。
香川、上野は宝珠尾根からユートピア方面散策
(この項目については上野の報告を読んでください)。
大森は午前中大山寺散策、
午後ヒユッテの掃除、今晩の宴会の準備。
10時頃定金氏到着、
上野達を追いかけて三鉾峰方面散策。     
2時頃には、武田、川西到着、
その後森岡、河合、徳田、
那須親子が到着して、参加予定者が揃う。     

徳田会長の挨拶と乾杯の音頭で宴会が始まる。
現役山岳部は2名とも不参加、
今後山岳部が存続して行くか、
香川山岳部顧問を中心に議論されるが妙案無し。
これだけのメンバーが集まると
創部時代の山登りから、
先鋭的、厳冬期奥大日岳尾根登攀、
積雪期「剱岳北方稜線−黒部川−槍ガ岳縦走、
それから海外遠征と話は弾む。     



思い出の次は−山の歌です−     
この夏の「村上祭」のみ歌われる歌
「村上安之氏 追悼歌」です。
この歌は、作詞神田利男(30法文)、
6高の寮歌の旋律に乗せた物だそうです。
現在では空で歌えるのは、神田、中務氏ぐらいのものです。
この機会に歌える人を伝承しておく必要があろう。     
思い出を語り、山の歌を歌い、
飲みかつ食べて夜は更けていった。     
ヒュッテに泊まる者、上杉旅館に泊まる者、そぞろに解散した。     

8月26日(日)     
昨晩上杉旅館宿泊の河合氏が夜中、急性腎盂炎が発症し、
幸い泌尿器科の専門医森岡氏の手配で、
国立米子病院で緊急処置で事なきを得る。

午前5時大山登頂組が頂上に向け出発、
昨晩、急性腎盂炎を発症した河合氏も
元気に出発したのには驚かされた。
今日は大山で「夏祭りイベント」があり
多くの登山者が登っている。
高齢者?組は、9時頃から大山寺付近を散策。
「夏祭りイベント」の行事「僧兵太鼓」の演奏を楽しんだ。
石川県からの上野君は、今日の行事に参加することなく帰ってもらう。
11時頃下山してヒュッテで昼食。
最後の掃除、片付け中、
1階の畳が波打っているため、畳を上げてみた。
座板が腐ってボロボロ、大至急補修の必要があるようです。
香川顧問に大学当局との交渉をお願いし、
万一にはこの秋山岳会で補修することを確認した。



12時、上杉旅館の老夫妻に送られて
2の沢・村上安之氏祈念碑に向けて出発。
前々日墓掃除が出来ているので
徳田会長の読経で全員線香を手向けお参りした。
参列者の写真撮影をし、
岡山大学山岳部・部歌を大声で歌って散会した。    


なお、岡田氏の希望により、
河合、武田、神田、中務の4名が、
9月24日福山の村上家のお墓をお参りしました。





初めての大山縦走
登山者:香川弘昭、上野哲男
報告者:上野哲男

8月25日(土)
大山に一日早く入った香川先生、上野の2名で
剣が峰から弥山までの縦走をしました。
途中登山道の崩落により、危険な箇所がありましたが、
風がなく、天気もよかったため、無事縦走することができました。
以下簡単な登山報告をします。

午前8時ごろ大山ヒュッテ出発、宝珠尾根を登る。
登山者数名と出会うが、静かな登山を楽しみました。
大山北壁の大屏風岩を眺めながら、
大森先輩の屏風岩登はんの話を思い返しました。
“ロープで体を固定してのビバーグ、
そこから見るイカ釣り漁船の明かりがきれいだったことなど”
当時と現在の屏風岩は鳥取沖地震の崩落のため、
大きく違うとは思いましたが、
登っているときの様子を想像して、
大屏風岩を眺めました。





ユートピア小屋には昼前に到着し、休憩。
まずは剣が峰までということで、登山を開始。
振り子沢を左手に見ながら、快適な登山でしたが、
内心、僕は、行けても剣が峰までで、
そこから引返そうと思っていました。
しかし、剣が峰に到着してしまえば、先は弥山までです。
途中にらくだの背といわれる崩落箇所を過ぎれば、
縦走できるかもしれないということで
もう少し先までいってみることにしました。
らくだの背には一応、ロープが10mほど ありましたが、
できるだけ体重をロープにかけないようにして、
バランスをとりながら、通過しました。
この箇所を通過するまでは、
体の疲れも忘れるぐらい集中していました。

弥山に着いたのは2時ごろだったとおもいます。
香川先生と握手、記念撮影をすまして、
足早に夏山登山道を下山しました。
6合目非難小屋を少し下ったところから、
元谷へ下り大山ヒュッテに戻ったのは 4時ごろになりました。

今回の登山は香川先生との初めての登山で、
僕は司法書士試験の勉強で
(9月26日筆記試験合格しました。)
ほぼ1年ぶりの登山でバテてしまい、
香川先生の健脚には脱帽しました。
現在の山岳部の衰退をどうすることもできず
岡山を離れ2年がたちますが、
OB先輩の方々には暖かく接していただき、
ありがとうございます。



<<HOME