<<HOME 
岡山大学山岳会 「大山・村上祭」報告
事務局・大森武生、大内基晴

会員・諸兄 お元気でお過ごしのことと拝察します。
さて、21年度、「大山・村上祭」を過日実施致しました。
その報告をさせて頂きます。

開催日時:2009年8月22日(土)、23日(日)

8月21日大森(37農)、大内(41工)で買い出しメニューは大内君。
彼はビジネスを退職し悠々自適の生活ですが
「玉野ミネルバ山の会」の代表、岡山県山岳連盟の役員として
年間10数回の山登り現役です。

8月22日、岡山を10時に大森(37農)、香川(39農)、石原武(40農)
大内(41工)が、食料他を山積みにして大内君の車で先発する。
天気は快晴ですがすがしい。
蒜山で名物の蒜山蕎麦で昼食し、
道の駅で野菜を仕入れて大山道を行く。


大山道、鬼面台より南壁を望む(烏ケ山が美しい)

我々の現役時代の山行に花が咲く。
蒜山3座の山登り、蒜山から大山へのウォークなどなどが懐かしい。
快晴の大山南壁が素晴らしく、
特に烏ケ山が見る角度で変化して楽しい。
二の沢で慰霊碑の草刈り、
慰霊碑には最近誰かが参拝したらしく新しい花が供えてあった。


大山、二の沢から見た南壁


桝水原から見た、大山西面

大川寺到着2時、上杉旅館前に駐車、ヒュッテの鍵を貰う。
主人は80歳を超えたそうだが、
耳が多少聞こえにくい他は至って元気、
奥さんの「八重ちゃん」は、これまた元気いっぱいです。
ここからヒュッテまでのボッカが大変ですが、
今回参加者の最年少(といっても60うん歳)が
3人いるので2往復してくれました。
ヒュッテはあまり使ってないようですが、
カビもなくきれい。それでも一通り掃除をする。

午後3時過ぎ、第2陣、河合(28教)、武田(29教)、
徳田(32教)、和田(36理)が到着。
天気が良いので、大山北壁を眺めるため豪円山を散策、
素晴らしい眺めでした。



夕闇が迫る頃、中務(31教)、那須(39医)、
定金(36教)が相次いで到着、 
これで予定参加者11名が勢揃い、晩餐会を始める。

大内君の作ったメニューは、
豪快に野菜を放り込む「しゃぶしゃぶ鍋」、
アルコールはビール、日本酒(河合さん専用)、
焼酎、ウィスキー、ワインと豊富です。
それでもメンバーは高齢化したのでしょう
以前に比べると消費量が少なくなって来ました。
まだまだ、口の方は達者です。
昔の山行の逸話、これからの山登り提案などなど・・・。
そして現在の政治批判、現在の若者批判、
何かと生活提案などなど・・・。
メンバーは一人一人がその時代を精一杯生きてきましたから、
思いは一杯です。

宴は終了して、河合、武田、徳田、定金は上杉旅館へ。
7名はヒュッテ泊まり、久しぶりのシュラフでも
すぐ眠りに落ちて行きました。

8月23日4時起床、まずまずの天気。
昨夜決定した宝珠尾根から三鉾峰を目指す河合、中務、徳田、
定金、那須、香川、石原武、7名は5時半に出発した。
ロートル組、武田、和田、大森、大内4名は元谷を散策する。
丁度12時三鉾峰組も無事下山、ヒュッテで昼食を摂り、撤収。


ヒュッテ前の集合写真、前列左から大森、徳田、定金、香川、武田、中列は和田、後列左から河合、大内、、石原武、那須、中務。

ヒュッテ周辺のゴミの処理をして撤収。
上杉旅館の夫婦にあいさつし二の沢へ。
いつもの事ながら徳田会長の読経で慰霊祭が始まる。
花を手向け、酒ビールを供える。
全員で神田さんの創った「村上安之氏・追悼歌」を歌い、
部歌で締めくくった。

昨年は、定金、田中、森岡ダウラギリ5峰メンバーと香川氏が
ネパールを訪れ、ネパール隊員ペンバチェリンと旧交を温め、
今年10月には大森、香川がランタンヒマールを旅する。
個人が簡単にヒマラヤを楽しむ時代が訪れました。
村上先輩は1950年代に
「ヒマラヤへの夢」を語った文章を
部報に書き残しておられる。
この遺志1975のダウラギリ5峰、1979年のガネッシャ2峰、
1986年トリプラ・ヒウンチュリ峰の初登頂、
そして8000峰14座の1ツ、ガッシャブルムT峰の
新ルート開拓へと夢を開いたのでしょう。
有り難う御座いました。

9月22日、河合、神田、武田、中務、徳田の5氏で
村上先輩の墓参がなされました。(この墓参の写真はありません)。

そして、大山・村上祭に関して岡田先輩から
多額の寄付を頂きました、有り難うございました。

記−2009.09.25.大森武生



慰霊碑での集合写真
前列左から那須、武田、徳田、大内。
後列左から大森、和田、中務、石原武、香川、定金、河合。


<<HOME