<<HOME
ダウラギリ眺望・ティハール参観とセリキサニ 校との交流
2011年10月23日(日)-11月3日(木) 12日間
岡山大学山岳会 (郵船トラベル/COSMOトレック)

はじめに

2008 年秋、定金司郎、田中源三郎氏らは
ダウラギリ眺望のためダラパニ高原を訪れた。
そして、宿泊地の中学校で生徒達が早朝から学び、
礼儀正しい姿勢で挨拶してくれたのに感銘して、
電気の来る 2 年後にパソコンを寄贈すると、ポーデル先生に約束した。

当初の予定に反して電気が来てなかったので、
2010 年秋、パソコン、プリンターに加えて、
電源としてソーラーパネル、鉛蓄電池も支援した。
訪問した時、村人達は村の入り口から学校まで楽隊の先導で大歓迎してくれた。
参加者はダウラギリ V 峰登攀隊長の定金氏、
医師の湯本泰弘氏、登頂隊員の森岡政明氏に加えて、
和田喜徳氏らの山岳会員達と山岳部員 1 名、中学生 2 名の計 10 名で、
10 日間の旅であった。快晴のダウラギリ連峰を眺めながらダラパニ高原を歩いて
ファリアガオンの中学校の庭にもテント泊をした。  

地元の学校の先生や子供達の喜びに応えるために、今年も事業を継続した。
徳田会長夫妻、一村氏、野上氏の山岳会員と一般参加の女性 2 名の 7 名が参加し、
昨年より 2 日多い旅はヒンヅー教の祭り、ティハ-ル参観とタトパニ温泉泊を加えた。


1 セリキサニ中学校へプロジェクターとスクリーンを寄贈

今年は Shree Kisani セリキサニ中学校へプロジェクターとスクリーンを贈った。
定金さんの希望で、将来、学校の生徒達に授業をするための備品である。
昨年度寄贈したパソコンには湯本氏の発案でパワーポイントのソフトが入れてあるので、
今年は持参したプロジェクターで昨年のトレッキングの記録を映写して、
先生、子供、参加者達に観てもらった。
昨年持参したパソコンはデスクトップ型なので
今後、それぞれの教室で授業をするにはノート型パソコンが便利だろう。

昨年セリキサニ校の 20 名の子供達が描いてくれた山の絵の返礼として、
定金さんが神島外小学校の1-2年生に
描いてもらった海、船、魚等を描いた絵を持っていった。
村人の歓迎ぶりは昨年以上で、
稲刈り最中にも関わらず多くの村人が参加してくれた。
昨年、踊ってくれた子供達も大きくなっていた。
昨年の旅で妻と知り合い文通している子供や、
インターネットで交信している子供達とも
それぞれのメッセージや贈り物を交換した。
さらに、これらの家族や知り合いとも交流の輪が広がった。


パソコン室でプロジェクターによる昨年の旅の報告



送別式の後、楽隊が村はずれまで送ってくれた


2 ティハールで村人と踊る

ティハールはダサインと並ぶヒンヅー教の祭りの一つである。
例年トレッキングは二つの祭りをさけた日程を組むが、
村人との交流を深めるために祭りへの参加を申し出て、快諾された。
村人が各家庭から持ち寄るように、
我々も奉賀金を捧げて村人と一緒に踊った。
今年は天候の都合で稲刈り中であったが、
この祭りのために各地から親類が帰って来ており、
楽しいひとときを過ごす様子を拝見できた。

EU からの援助で、学校には2ヶ月前の 8 月に、
村の家庭には半額負担で1月前に、ソーラーパネルが設置されていた。
昨年はローソーク灯りで夕食を食べたが、
今年は朝食時にも蛍光灯を消し忘れるくらいだった。
対岸の村の灯りは見えたが、
ダラパニ村の夜の灯りまだ使われてないらしく、
夜空の星は美しく輝いていた。  

日本でも秋祭りは村をあげての行事であったが、
近頃は若者がいなくて祭りの運営も大変だそうである。
テレビの楽しみとは違った、歌って踊るのが自然に出てくる生活も懐かしい。


ダウラギリ連峰の見える寺院の庭で踊りを奉納


山岳会員も学校前の家での踊りの輪に加わる


3 ファリアガオンの中学校へパソコン一式を贈る

ダラパニ高原は標高2000 m 足らずのところにあり、
ダラパニからダウラギリ連峰を眺めながら楽しく歩ける。
1日コースでは、廻りの山に遮られて雪山連峰は見えなくなるファリアガオンに
泊まらないといけない。昨年も同じコースを辿り、校庭のテントに1泊した。

翌朝、学校の先生達から想定外の送迎を受け、
「我が校にも是非支援をお願いします」と頼まれていた。  

一宿一飯の恩義に応えて、今回パソコン一式とその他学用品などを贈った。
ファリアガオンのDhan Pangdy ダンパンディ中学校の Rim 校長先生は
ダラパニの隣の Takam に在住で、学校まで1 時間半の道のりを毎日通っている。
この村は近くの川に発電所があるので、
夜も裸電球の下で踊りの歓迎を受けた。
もちろん我々も踊りの輪に加わった。
夜の歓迎会の司会をしてくれたDhuba Bahadur Bhandari さんは
物理の先生だそうだが、多才で、司会、踊りなどで歓待してくれた。
さらに、学校の近くに住んでおり、翌朝、道沿いの家から顔を出して、
おいしいトマトをごちそうしてくれた。

途中の Sibang 村にある高等学校からは 25 台必要と言われていたが、
この企画は単なる物品の援助ではないので応えられないと伝えてある。


Rim 校 長 先 生 に パ ソ コ ン を 渡 す 徳 田 会 長


贈り物を手にした先生方と村人


4 ネット中継局の電力増強を支援  

今回の支援には、Myagdi Khola 流域のネット中継局の電力増強が加った。
ネット配信を運営している Kul Bahadur Sherpunja 氏は
事業開設に対してマグサイサイ賞を受賞している。
この企画は、昨年来お世話になっている Beni 在住の
ソーシアルワーカー、Lalit Thapa さんの助言によるもので、
電力増強により流域一帯の多くの人達との交信が可能になった。
ダラパニのセリキサニ校との交信が途絶えていたのは、
梅雨時の日照不足かと思っていたが、
Bim にある中継局の電力不足も原因であった。  

Bim はダラパニの対岸に位置し、ダルバンから左岸を遡行して
ダウラギリ I 峰あるいはより奥への道中にある村である。
Beni は Myagdi Khola が Kali Gandaki Nadi に合流する街道筋の大きな街で
パソコンの調達を始めネット事情も良好である。
Darbang は凸凹道ながら自動車ネパールでの最終地で、
TV も自由に観る事が出来、村の校長を長年務めた人は
BBC,CNN などの番組も毎日欠かさず、
アメリカ在住の子供ともインターネットで結ばれているそうだ。
インターネットはカトマンヅでも理由は良くわからないが
「明日まで交信不能と言われる」事もあった。


ラリットさん(右)の助言で中継局の Kul 氏(左) のネット事業支援


Bim にある中継局のアンテナ(Kul 氏提供)


5 ベラバリの丘での祈りとタトパニ温泉での入浴

我々の旅の目的の一つに、物故者にも
ヒマラヤの景色を眺めながら安らかに眠ってほしいという願いがある。
これはネパールの人たちの自然や神への態度とも
共通するものであると思っている。
2008 年以来、ここを訪れる毎にダウラギリ V 峰が
正面に見えるベラバリの丘にある磐座の祠に祈りを捧げている。
あたりは牛や羊が自由に放牧されていて、
大きな樹と刺のある灌木が残っている広々としている。
山が見えない時も心は天に通じた気分にしてくれる。

前年に比べて 2 日多い日程で、
追加したのはティハール祭りの参観と
温泉への入浴である。
昨年 Beni の電気屋さんから、次回は是非知らせてくれたら、
「近くの名所を案内し、温泉宿を予約するから」と言われていたので計画した。
火山の無いネパールで温泉とは不思議な気もするが、
地熱が湧き出ていて温水;Tatopani と呼ばれる地名は幾つかある。
公衆浴場は時間限定で、大きなプールの真ん中に
ロープを張って男女の間を仕切ってある。
入浴は、女性はもちろん男性も長めの下着着用が義務つけられている。
野外の蛇口だけがある別のところで体を洗う事が出来る。
男女混浴という噂を聞いていろいろ想像を膨らませる事も可能だが、
健康的な交流の場所である。

近くの村出身の若者がカトマンヅから休暇を利用して
温泉につかりに来たと行っていたので、
利用者は事情を良く知ったものに限定されるようである。
温度は高めで湯浴後は清々しい気分になり、
ガイド達との最後の夜を、コック手作りのケーキとビールで旅の終了を祝った。


ダウラギリ眺望がすばらしいベラバリの丘に物故者の霊を祈る


Beni 近くの Myagdi Khola 沿いの Tatopani の温泉で疲れを癒した


これから

2008 年の定金さんらの旅から継続している事業は
年を追う毎に膨らみ、地元との交流も深まっている。
昨年会って話しただけの生徒や村人との会話も発展して、
住んでいる家や、家族の様子、将来の夢などについても知る事が出来た。
また、このルートをたどる外国のトレッカーとも会話が弾んだ。
スロバキアからの登山隊や、イギリス、アメリカの友人同士のパーティなどである。
French Pass 5360 m を超え、Thapa Peak(Dumpus Peak) 6012 m を
目指すトレッキング隊もあり、ツクチェ登山を目指したフランス隊からは、
「天候は晴れだが、風が強くて登頂は出来なかったと」、
帰国後にメールで連絡してくれた。
会話の始めに 1975 年に岡山大学隊が Dhaulagiri V 初登頂した事、
地元の学校にパソコンなど教育支援をしている事を話すと、会話に熱がこもった。
このルートがそれなりに世界の人達に好まれており、
有名ルートを旅する人達とは異なる話ができたのも楽しい思い出である。
今年の参加者は年金世代だったが、
今後は、昨年のように若者が参加するような事業継続を切望している。



<<HOME