<<HOME
「出会い、付き合い」を学ぶ人生
岡山大学山岳会 会長 徳田耕一

戦中戦後の小中学生の頃、裏の山が
備前富士(芥子山)だったので毎日山で遊んでいました。
そんな私が1954年岡山大学山岳部に入り、
第六高等学校から来られた医学部の村上・岡田先輩とも出会うことができました。
4年生には武田・吉岡先輩が、3年生に名木田・中務・三好先輩、
2年生には山脇・生咲先輩と出会うことができました。
われわれ1年生に8名の同級生ができました。

そして、学部は教育学部中学校教員養成課程理科専攻に入学でき、
高校で学ばなかった地学教室でお世話になりました。
ここでは大江教授・逸見助教授・光野講師との出会いがありました。                 

春の新人歓迎合宿の大山で自然の美しさと厳しさに接した。
夏合宿(穂高岳・涸澤)では日本のアルプスと出会えた。
しかし、8月22日大山二の沢での村上先輩の遭難と出会う。
先輩は合宿のとき山への熱い思いを話され、
部室にはヒマラヤのカンチエンジュンガ(8586m、世界第3位)
登頂記録の本を持参され、ヒマラヤへの熱い思いも語られていました。

ようやく学生から中学校の教師になれ、
1年生と同じ気持ちで出会った生徒の一人に
岡山県知事石井正弘君もいた。
以来38年間奉職することができました。

1975年岡大初のヒマラヤ遠征では岡大山岳会事務局として
資金集めに備前焼窯元を訪問し作品を寄付して頂きました。

1976年には文部省の教員海外長期研修に
障害児教育のグループで参加させてもらった。
11月10日から1ヶ月アメリカとスペイン、イタリヤ、ドイツベルリン、
デンマーク、フランス、イギリスと視てアラスカ経由で帰国した。
飛行機からではあったがロッキー山脈、ヨーロッパアルプス、
アラスカやマッキンレーの山々、
ユーコン川など見ることができました。

1980年暮れから1981年正月地学教室の恩師逸見先生・沼野先生と
教室の卒業生を中心にネパールヒマラヤの岩石と鉱物の採集にでかけた。
この旅が初めてネパールに出会ったときで、
首都カトマンズ近くのカカ二の丘から見た高い山々に
朝日がさして来る姿は忘れられない。
この旅の計画・企画してくれたのはダウラギリX峰遠征隊・登攀隊長の
定金司郎君(地学教室卒業)と同じく遠征隊員だった山崎源三郎君でした。
在ネパール日本大使館やネパール観光局への表敬訪問を終えて、
カトマンズから約8時間かけてポカラまでバスで移動した。
途中度々検問所で止められたことを思い出す。

当時、ポカラからヤンザ、ノーダラ、ビレッタテイ(4泊5日)と
歩いて往復した場所は、現在では、車道が開通していて、
今回の旅では2時間ほどで通過した。

2000年から岡大山岳会のネパール事業がスタートした。
毎年ヒマラヤトレッキングの旅を企画し、
元気な中高年市民トレッカーの方々を
「ヒマラヤの未知なる生活体験の旅」へご案内しました。
2002年の企画は、
春にネパールの国花「シャクナゲ・現地名ラリーグラス」を見に行く
トレッキングであり参加した。
これはポカラからノーダラのさきまで車で行き
アンナプルナ街道を通りゴラパニ峠からプーンヒル(3194m)に登り
ダウラギリ山群に出会えた。
石楠花は大木で10メートル以上の高い木で
山全体に映えている。だから山が赤く染まって見えるのです。



2002年トレッキング、デオラリ峠でのシャクナゲと同行者達。

2010年、ダウラギリ5峰の初登頂遠征より35年が経過し
35周年の記念事業として、
我々の栄光に協力してくれた村々の人達への感謝のお返しと、
ネパールとの交流拠点作りにと
元遠征隊員らが中心となって遠征ルート上のセリキサニ校(小中学)へ
教育支援としてパソコン関係機器を贈った。
まだ現地には電源がなかったので
太陽光パネルとバッテリーも支援した。

2011年度、昨年の支援補強策として、
映像プロジェクター一式と
インターネット中継局の電力安定化のためのソーラーパネルを支援した。
定金司郎君は個人的にスクリーンをセリキサニ校に寄付した。
そして、昨年セリキサニ校より奥の村・ファリアガオンの学校にも
パソコン支援の要請を受けていたので、それも届けた。



ファリアガオン校の校長先生にパソコン一式を贈呈する。



この旅での最奥の地、ベラバリの丘。
小さな石の祠に山岳会員から預かってきた遺品を納めた。


2010年は、香川君夫婦が中学生2人、
それに新しく入部した現役山岳部員(工学部4回生)も
参加してのトレッキングでした。
長年間このようにネパールと付き合っているので、
ネパールにはコネクション、
特にヒマラヤのガイド達(シェルパ達)が出来ています。
この旅でもサーダー(ガイドの親分)は
ダウラギリ初登頂者森岡君と頂上に立ったペンパ・チエリンの娘婿がガイドしてくれた。
彼は、8000メートル峰の登頂者でもあり、
独学で日本語など数カ国語を話すなど、
マネジメントもすぐれていた。
これも「出会い付き合い」でありがたいことだ。


サーダー(ガイドの親分)のカイラ君

また、支援品は現地調達した。
ベニの町の電気屋さんやセリキサニ校の近く出身の
ソーシャルワーカーのラリットさんにも会いお世話になった。

この旅は、現地と香川君がインターネットで連絡を取り合い企画し、
特にヒンドゥー教最大のお祭り「ティハール祭」の期間に合わせており、
昨年同様の村人の大歓迎を受けた。
また、お祭りの会場にも招待されて
学校運営の資金集め(村人が神に感謝してお供え)の様子もみえた。



ヒンドゥ−教の祭り・ティハール。村の広場でお供えの前で踊る子供達。


校長先生やパソコンを扱う先生、
窓口となっている英語担当の先生も生徒のためによく働いていた。
良い先生ばかりでした。

私にとって最も大きい出会いはダルバンの宿(二階の寝室でトイレは一階)
年を取ると視力も衰えトイレも近くなっていることを自覚しながらも
油断して階段(急な1段が30センチ)で踏み外して
コンクリーの側壁へ右肩を思い切りぶつけて頭から滑り落ちた。
幸い頭や足には怪我はなかった、メガネも無事だった。
しかし、明日からが山歩きが始まるので不安だった。
肩の痛みとは4ヶ月たった今もお付き合いをしています。

ネパールには日本の江戸時代のような事
(米つくり・脱穀・籾摺り・精米)から素朴な暮らしが現実にあると思います。

世間(世界)は広いようで狭い。
どんなに物質的に豊かな社会に発展しても、
「ありがとう」、「ごめんなさい」、をお互いに交わし合う社会であってほしいものです。



セリキサニ校を去る朝、振り返るとダウラギリ連峰が輝いていた。

<<HOME