岡山大学山岳会「大山・村上祭」
平成24年事業、報告



24.8.26.2の沢・モニュメント前にて
前列左から那須(39医)中務(31教)大森(37農・事務局)香川(39農)
後列左から武田(29教)川西(38法)和田(36理)森岡(48医・ダウラX初登頂)定金(36教・ダウラX登攀隊長)河合(28教)香川婦人。



二の沢、村上モニュメント(碑の後にはダウラギリX峰の頂上の石が埋められている)。



昨年5月に無くなった、長年ヒュッテの管理などで世話になった上杉旅館の親爺の墓参。大山阿弥陀堂の墓地に代々の高僧と並んで眠っていました。



S44年3月上宝珠沢で雪崩にて遭難した元山岳部員・森本光明氏(兵庫県出身)の弟ご夫妻から遭難現場を訪れたいとの希望が寄せられ、今年度の事業に組み込み現場を訪れ、ケルンを積み鎮魂した。


<<HOME