アルペン通信

発行:岡山大学山岳会・会長 徳田耕一/事務局・大森武生、江口真二


岡山大学山岳会 16年度総会 報告

平成17年2月13日
事務局 大森武生


岡山大学山岳会16年度総会、予餞会が、
平成17年2月13日日曜日
「ピュアリティまきび」で開催されました。

参加者は、小西、河合、神田、武田、
川上、島田、徳田、三宅(英)、
和田、国定、湯本、平田、大森、
川西、三宅(博)、山本(浩)、香川、
作間、西本、藤田、青野、大内、
田中、横尾、片山、上野、以上山岳会、
そして、前山岳部顧問楳木栄一氏も
九州久留米から駆けつけて頂きました。


現役山岳部は、柳主将、多田、金の全員3名です。
参加予定の中務氏は日程をお忘れなのか
顔を見られなかったのは寂しく思いました。

総会は別紙資料の内容で、
徳田会長によって進められた。
今回特別事業として、
川上順三郎氏のお孫さん「莉奈ちゃん支援」を
呼びかけましたところ、送金分235.000円、
会場で約4万円、西本伸君が特別な
関係を有する「スリランカ復興支援」には、
送金分162.000円、会場で約8万円の
募金が集まりました。

スリランカ復興支援への募金活動
川上順三郎氏からは「莉奈ちゃん」の現状と
今後の予定と感謝の挨拶があり、
西本伸氏からは、スリランカとの関わり、
津波の被害の現状、NPO復興支援の状況が報告された。

川上氏が壇上にて
徳田会長の判断で山岳会として両者に、
金5万円の支援金を贈ることと致しました。

予餞会は、主将柳珍相君が
4年間の山岳部を卒業(工学部は卒業出来ず/
山岳部の伝統?)し、山岳会へ入会致しました。
卒部を記念して後輩から記念品として
登攀用具が贈られた。

後輩から記念品を受け取るユウ

山岳部の新しい主将として、
金鎮英君(環境理工学部3年/
韓国留学生)が就任し、
多田絵里子君(経済学部4年)と2人の現状で、
香川顧問の指導の元、
部員獲得を目指すことになりました。
山岳会も岡山在住の会員で部員獲得、
活動支援に全力を上げる予定です。

山岳会の活動は、今年、
第60回「晴れの国おかやま国体」が行われ、
元会長武田氏が山岳競技実行副委員長でもあり、
出来るだけのボランティアを行う予定です。ご協力下さい。

事業計画にも記載しましたように、
山岳部生活のスタートである
「大山ヒュッテ」を基地とした、
山歩きを年間3回程度企画し、ご案内する予定です。
出来るだけご参加下さい。



以上簡単に、ご報告致します。

岡山大学山岳部・部歌(wmv 1.64MB)
−恒例の総会の最後に歌う部歌を映像でご覧になれます。



<<HOME