アルペン通信

発行:岡山大学山岳会・会長 徳田耕一/事務局・大森武生、江口真二


猛暑が続きましたが、会員諸兄お元気のことと拝察申し上げます。
さて、2004年度企画として「岡山大学・大山山の家50年祭」を
企画しましたところ、23名の参加者が集いました。

創部の先輩達が南光河原から石を拾い集め建設した
「大山・山の家」も歴史を重ね半世紀が経過しましたが、
今でも当時のままの姿でブナ林の中に佇んでいます。

内部は電気が灯り、水道が引かれ、石油ストーブが設置されており、
現代の山小屋として十分活用できます
(寝具は無いので、宿泊者は寝袋を持参する必要があります、
宿泊料400円、事前に学生課に申込の必要あり、カギは上杉旅館)。
夏の避暑には快適な環境です。

今回の参加メンバーは、河合卯平(28法文)、武田昌策(29教育)、川上順三郎(31教育)、
中務友芳(31教育)、島田哲士(32法文)、徳田耕一(32教育)、酒本孝之(32法文)、
三宅英彦(33教育)、藤原一道(36法文)、国定寛之(37医学)、湯本泰弘(37医学)、
大森武生(37農学)、平田潤一郎(38医学)、川西哲夫(38法文)、香川弘昭(39農学)、
作間順三(39法文)、藤田信(39工学)、大内基靖(41工学)、功野勝(46工学)、
上野哲男(12法学)、柳珍相(工学部4年/主将)、多田絵里子(経済部3年)、
金鎮英(環境理工学部2年)の23名でした。

平成16年8月21日午後、メンバーは誘い合って車でヒュッテに順次集合。
当日4時まで公開講座のあった山岳部顧問香川氏、
午後まで仕事の平田、湯本氏が宴会開始直後に到着頂きました。
早い到着の現役によりヒュッテ内の清掃、
今回準備係りを担当して頂いた中務、島田氏が食料を持って到着。
家ではデンとして炊事などしないであろう諸氏も、昔取った杵柄でしょうか、
焼肉パーティーの夕食の準備は瞬く間に出来上がりました。

時間の余裕が出来たので、有志が河合氏の案内で
下宝珠尾根から三鉾峰を眺め、中ノ原スキー場を散策しました。
予定の午後5時、徳田耕一会長の開会宣言、
続いて前会長の武田昌策氏の乾杯の音頭で宴会はスタートしました。

アルコールが回り出すと昔話に花が咲き、
現代世相評論も飛び出し賑やかです。
情けないと言いましょうか、現役山岳部員は3名です。
それも柳君(工学部4年/主将)、金君(環境理工学部2年)2名は
韓国からの留学生、日本人は経済学部3年の多田絵里子君だけです。
現役の自己紹介に諸先輩も嘆きの声が上がります。

今回予選会などでもお目にかからない川上順三郎氏が参加頂き、
星の郷美星町での生活をご披露して頂きました。

岡山大学山岳会は、ネパールヒマラヤに初登頂3座を開拓し、
世界に14座しか存在しない8000m峰の1つガッシャーブルムT峰(8068m)に
新ルートを開いております。宴たけなわ、1990年ガッシャーブルムT峰遠征記録を放映。
山小屋に最新ハイテク機器を持ち込み、プロジェクターの大型画面、
パソコンで編集した山陽放送が編集放映したVTRを写しだし感慨にふけりました。
そして2000年から実施しているネパールヒマラヤでの旅、
20003年度ランタン・トレッキング(河合、武田、平田、定金、作間、上野、学生3名参加)の
スライドを上映しヒマラヤを楽しみました。

準備段階から「食い物は適当でよいが、酒だけは十分に!」との
注文に応じて準備しておきましたが、9時のお開きには大半底をついていました。
OBの宿泊はほとんどが上杉旅館。
上杉旅館に行ってから更に宴会、旅館のビールが無くなって、
親父さんが買い出しに行ったとのことです。

今回の「大山ヒュッテ50年祭」の企画に当たり、
ヒュッテの管理をしてくれている上杉旅館の陶山氏に対して感謝状を
贈呈しようとの発案があり、山岳部顧問・香川氏が大学に掛け合い
「学長名の感謝状と記念品」を用意してくれました。
山岳会からは島田氏が丹誠込めて栽培した「岡山の桃」を贈呈し、
ご夫婦に喜んで頂きました。

翌22日4時起床、5時出発、
有志12名で大山登山。夏道は整備が進んでいますがが、
木道の階段に閉口しながら9時に頂上に到着。
11時下山しました。

12時全員で二の沢の村上安之先輩の碑に参拝、
神田利夫氏作詞の追悼歌を歌い、
岡山大学山岳部々歌を高らかに合唱した。
二の沢で来年にも大山での再会を約して解散しました。

今回の企画に対して岡田和夫(29医学)から金一封がありました。
ありがとう御座いました。
雨続きの天候でしたが、期間中のみ雨の心配はありませんでした。



大山ヒュッテ(我々山岳部では、こう呼ぶ)は、昔ながらの姿でブナ林の中にひっそりと佇んでいる。


前会長武田氏の音頭で乾杯!


あちらのテーブル、こちらのテーブルでは学生時代にかえり、笑談が盛り上がる。


昔大型ストーブの上の鉄製の物干し台、大黒柱は黒光りして、現在も健在です。


ハイテク機材を持ち込んで遠征記録、ランタン・トレッキングのスライドを鑑賞。


会員諸氏、それぞれ孫も居る相応の年格好になられ、それでも学生時代の面影も残っている。


上杉旅館での感謝状贈呈
前列(中務、武田、島田、徳田、主人、河合、奥さん、湯本)
後列(川上、国定、川西、功野、藤原)

        

午前5時夏道から登る。6合目まで来るとブナ林は消え、
北壁が見えてくる。頂上直下より剣が峰を望む、縦走路は荒れ登山禁止。


(左)下宝珠尾根から三鉾峰を望む。
(右)前日、村上安之氏の碑を掃除する山岳部員と上野君。


前列(酒本、上野、香川、徳田、武田、作間、中務)
中列(多田、酒本奥さん、国定、島田、湯本)
後列(金、柳、大森、川上、河合、平田、藤田、川西、藤原、)




<<HOME