21年ぶりのネパール・トレッキング


(ポカラ〜プーンヒル)

河合 卯平


家の廊下にプーンヒルからダウラギリ、ニルギリ、
アンナプルナさらにマチヤプチヤレを写したパノラマ写真がある。
その写真にニルギリを背にした若い自分が立っている。
いつも眺めていたが、まさかもう一度そこを訪れることになるとは思わなかった。
夢のような話だが、実現した。
いま、年老いたが元気な自分の写真姿をそこに並べている。

21年前ニルギリを背景に



2001年10月3日


これは、絶対に無理な夢のまた夢だが、
50歳で登頂したキリマンジャロのギルマンズポイントに立ってみたいものと思っている。
高度が、5685bなので、このときの顔写真は、
10年後の姿を表しているといわれたから、
あまりいまと変わらないかも知れない。


2001年9月28日(金)
21年前、空港で、出迎えの案内人に
香りの強いマリーゴールドとポインセチアで作った首飾りをかけていただき歓迎される。
空港を出て、澄みきった空の下、異国のもつ空気の匂いに触れる。
どの国も体臭のような独特の匂いをもっているように思いますが、
この国の匂いは、はっきりとわかりました。
すぐに慣れてわからなりましたが、
技術・機械文明の国がもつ共通の匂いではありませんでした。


この度、カトマンドゥ空港に降りたって、まず驚いたのは、雑踏と喧騒でした。
あの独特の匂いは、どこに消えたのか。
手にもった荷物をもぎ取るようして運ばせてほしいという子供たち、
120キロを越す登山用ロープを空港備え付けのワゴンで運んでいると
頼みもしないのに押すまねをして、1ルピーを要求する。
町にでると、猛スピードでけたたましいクラクションをならしながら走る自動車に出会い、
道路の横断は危険で、まさに命がけと言いたい。
この国では、やられ損だという。
出発前の説明会でカトマンドウでは、
マスクがあったほうがよいという話を耳にしたとき
あの独特の匂いのせいかと、
それならその国の人に失礼だと思っていましたが、
それは違っていました。 
21年前とちがって自動車の出す排気ガスと砂ぼこりを防ぐために必要なので、
アドバイスをしてくださったのだとわかりました。


日本大使館を表敬訪問
2002年、岡山大学山岳会は、ダウラギリ1峰に無酸素で挑む予定。
小嶋大使、横山書記官お二人が、
1時間以上親切に登頂成功の支援についてお話してくださいました。
登山行動が実施されるダウラギリ1峰付近の地域の政情について、
情報をお願いしたところ、これについては書記官は、
大使に答えを回され、大使から回答をいただきました。
「ネパール・14県・73郡中、ネパ〜ル共産党毛沢東主義派(Maoist)が、
警察署を襲って警官を殺害して暴力事件などをおこしているのは、
4郡であり、この派も、近く政府と話し合いをもつ予定だ」
大使は書記官に
「しっかり調査して、より安全な登山ルートがあれば、山岳会に報せてほしい。」
と指示されました。
(大使は、まもなく日本に栄転される。)

※ ネパール共産党毛沢東主義者(Maoist)→立憲君主制打倒を主張
7月19日朝日新聞
7月17日ネパール西部にあるアルガカンチ(ダウラギリ山群ミャグティ郡の南)郡で警察署を襲撃
10月朝日新聞・・・政府と話し合い予定


2001年9月29日(土) カトマンドゥ〜ポカラ〜チャンドラコットへ
今日は、やや車が少ない。この国では、土曜日が休日なのだ。(大国インドを意識してネパールはインドと同じことをしたくないらしい)

インド
休日:日曜日
新年(暦はヴクラム):3月中旬
日本との時差:3時間30分

ネパール
休日:土曜日
新年:4月中旬
日本との時差:3時間15分


−−−−21年前
チヤンドラコットに着く
1980年12月28日
ここは、標高1550mで四国石鎚山の麓の集落を思い立たせる。
この集落のはずれの水道端からのアンナプルナ、マチャプチャレの眺めは素晴らしい。
暮れゆく山々を眺めつつ日本人とカナダの青年二人と歓談する。
疲れた友も来て良かったと。
-Berg heil-


チャンドラコットの朝    1980年12月29日
昨日の疲れ(ポカラから歩いた)
晩酌に飲んだチャン(ネパールの地酒、コップ1杯10円)のおかげでぐっすり眠れた。
4時過ぎ目を覚まし小用を足す。
月明かりで戸外は明るく、日本の秋の風情だ。
静かだ。空気が澄んでいるのか、月光が美しい。
・・・うつらうつらして朝を迎える。
朝の大事業は排泄だ。
暗いうちに起きてあちらこちら歩いて良い場所を探す。
・・・とにかく今日は部落はずれの上から見えない段々畑の石垣のすぐ下。
素速くすませて立ち上がる。
・・・ああ今日も済んだ。爽快だ。
ふと見上げると夜明け前のマチャプチャレ、アンナプルナが美しい。
7時前が山々のモルゲンロートだ。
陽が昇って山々の頂が明るさを増す頃、東の山間から西の山に美しい光の筋が見える。
上部は明るく、そのしたの谷の部分はまだ暗い。
今日我々4人は、この谷をさかのぼってウレリに向かう。
ー−−−−


以上の21年前の思いを抱いてチヤンドラコツトを訪ねた。
活気がなく、さびしい感じ。
自動車道の開通で、かってのジョムソン街道の重要な宿場集落で、
行き交う人馬で賑わった面影はない。
夜になると、まわりの集落には電気がつくが、ここにはない。
ナヤプールを経由する自動車道が、ここから南に望まれ、
朝早くというより一晩中、けたたましいクラクションがここまで響き、
静かな日本の秋の風情などまったく感じられなかった。

7時前に菩提樹のある水道端にいってみたが、
そこには小屋があり、立ち入ることはできなかった。
あの美しいモルゲンロートが上部から下部に移りゆく姿ももう見えなかった。
ただ、朝の大事業だった排泄行為は、トイレが設置され、
安心してできるようになっていた。
ただ排泄後、ふと見上げてもアンナプルナもマチヤプチヤレも見えない。

かって宿泊した茶屋(ロツジ)の女主人と話した。
前の経営者からロツジを譲り受けたが交通路の変化で経営は無理だ。
父のグルカ兵の年金や、本人のオーストラリアヘの出稼ぎで購入したとのこと。
下手な英語で会話したが、十分意は通じた。
お互いに会話の英語を誉めあった。
フィリピン製のビール1本120ルピー(190円)。



21年前のメニュー。



2000年12月のメニュー。


2001年9月30日(日) チヤンドラコツトからガンドルンヘ
古い仏具などを注文していたチベツタンが約束どおり朝早くやってきた。
昨日、ここで露店を開いた彼らは、1人100ルピーの場所代を払っていた。
熱心に商売せねばならないのだと同情したい気持ちになる。
彼らにとっては、ネパールは、中国軍に追われて避難してきた異国なのだ。
Sweet(キャンディー)があったらほしいという。
大の男がと思ったら、可愛いい子供にやるんだという。
いじらしくなって、朝食のサンドウィッチを与えた。

今日は、日曜日なのだが、登校する生徒に出会う。
日曜は休日ではない。
ガンドルンに近づくころ、石畳の立派な道路で
日本の高校生かと間違いそうな服装の素敵な女学生に会う。





この地域は、日当たりがよく、農地も地味豊かそうで、
畦にも枝豆が植えてあって、土地利用が進み、
生活が豊かだと判断できた。
牛の世話をしていた可愛い少年が、道端に出てきて、
手のひらではなく、手の甲をさしだしてきた。
キャンディーや1ルピーをほしがるのではないなと思ってよくみると、
割合深い切り傷があり、痛みを訴えているのだ。
すぐには気が付かなかった。
薬などポーターに運んでもらっていて持ち合わせがなく、
カットバンでの治療となったが、坊やはうれしそうだった。

今日のテント地は、すぐ眼前にアンナプルナサウス、
アンナプルナ1峰、ヒウンチェリがあり、すばらしい眺望の地だ。
近くの集落と谷には電気がついており、ここにもすぐ電気がつくらしい。
電柱がたっており、おそくまで電線を取り付ける工事が行われていた。
ゆっくりと坂道を歩いたが、やや暑く今日は疲れた。



吊り橋とグルカ兵




今回、トレッキングしている間でも、
3〜4カ所立派な吊り橋を渡ったと思う。
この橋のたもとに金属板がはめ込まれて英語で
ネパールのイギリス・グルカ、カトゥーリー農業援助協会の寄贈と書かれている。


−−−−引用文
昭和19年3月23日 インパール南方
天明とともに北方から敵砲火は熾烈となりかつ右方から自動小銃を乱射して殺到する
グルカ兵部隊の逆襲を受け、乱戦に陥った。
この戦闘で・・・29名の戦死者を出し攻撃はついに頓挫した。


3月24日 第6中隊長以下多くの将兵を失った大隊は、
インパール街道以西に後退し・・・・・・(インパール作戦 磯部卓男 丸の内出版 P56)
私たちは、急流もあったが、遮二無二濁流の中を進撃した。
進出地点の前方の山の上で尖兵のグルカ兵と対峙することとなった。
「そらぁえらかったな。」
「グルカ兵は勇敢で死ぬことを屁とも思ってなかったよ。」
「ネパールあたりの山岳民族かなんかで、
日本兵と同じ体格で同じような顔をしていた。尖兵としても勇敢だった。」
「ビルマ平地でも、グルカ兵は一番先に前進してきたぞ。」
「そうだ、グルカ兵が第一線、第二線インド兵、
その後にイギリス軍が指揮をとっていた。」
(インパールの十字架 米良至剛 旺史社 P232)
−−−−


上の文は、インパール作戦でグルカ兵と戦火を交えた日本兵の書いたもので、
よくイギリスの傭兵として勇敢であったことが表されている。
戦後、占領軍として、つばの広い帽子を斜めにかぶり、
腰にククリという山刀をもって岡山にも進駐してきたことがある。
かれらの送金が貧しいネパール経済を支えるのに重要な役割を果たした。
10年勤務すれば、年金がつくが、イギリス兵との差別は大きく、
年金も給与も10分1ぐらいといわれている。
それでも、ネパールでは、豊かな老後が送れ、
退役のゲルカ兵団体は、釣り橋などを寄贈できる。
香港返還後、イギリス雇用のグルカ兵は激減し、3400人。
その後、インド政府が10万人以上を雇用している。


※ネパ〜ル王国軍
志願制による正規の国軍。グルカ兵は、イギリスの傭兵。
正規軍は、現在国連のPKO(平和維持軍)部隊として旧ユーゴ、アフガニスタンで活躍。
インドとパキスタンは、カシミール地方をめぐって紛争しており、
もしネパール正規軍がPKO部隊として、
ここに国連から派遣されれば、
インド軍には前線にグルカ兵が配置されており、
ネパ〜ル人同士が戦火を交えることもありうる。
ネパール国民は、ネパール軍人がイギリスやインドの傭兵になるよりも
国連のために働くことを強く望んでいる。


シェルパとグルカ兵
共通点
1.上官やサーブに忠実
2.指揮官やリーダーにはなれない。
3.勇敢
4.素朴、快活。


2001年10月1日(月) ガンドルン〜タダパニへ
今日は4時間ぐらいの歩行で楽だった。
アンナブルナを間近かに見ながら歩く。
天気も素晴らしく、快適なトレツキングとなった。


登山道に落ちたゴミを拾う
樹林帯に入って、気付いたのだが、
トレツカーが落としたけばけばしい黄色と赤色で彩色した
菓子類の袋や汗の匂い取りのための液体をいれた小さな袋が目につくようになった。
※ 汗の匂い取りを使用するのは、外国人だけではなかろうか。


最初は、まだゴミも少なく、わたし1人でも十分、間に合って
手に持ったビニールの買い物袋がいっぱいになることはなかった。
集落にロツジがあれば、「RubbishBin」と書いた石油罐の「ゴミ入れ」がおいてある。
休憩で、ロツジに着くとサーダーが、ビニール袋を、私から取ってシェルパに渡す。
彼等は、ゴミを罐に捨て、袋を洗って返してくれる。
彼等は自分では拾わないが、この協力には感謝する。
つぎの日、タダパニからゴラバニの樹林帯のきつい登りで出会った下りの外国人が、
「Are you collecting Rubbish?」
「Yes」「very good」と言ってくれた。
70歳になったわたしですが、外国の山中で、
まったく知らない通りがかりの外国人に誉められて嬉しかった。
死ぬまで忘れられないことばとしたい。
ゴラバニから自動車道のナヤプールまで、ゴミ拾いは続けたが、
多数とは言えないが、ネパールの人、白人たちも協力しくれた。
ジョムソン街道に入ってからゴミは急増。
頑張ったか、お手あげだった。
どうして21年前にくらべてこんなにゴミが街道にあふれたのか。
ビニール製のゴミ袋は、長い間放置されたため、
ポロポロになったものも多い。
誰も拾わない。ゴミ1つない街道には、人は捨てない。
ゴミが散乱している街道には、平気でゴミを捨てる。
トレッキングの登山道もこうなってしまったのか。
上を見れば世界に誇れる美しいヒマラヤの山々、
下は世界最貧の生活水準と道にあふれるゴミ、
どう考えて、どうすればよいのか。





※ 世界最貧の生活程度1人当たりの収入(世界国勢図会 2001より)
ネパールは、アジアで最低の210ドル。
(統計の提出のない北朝鮮、イラクアフガニスタン、ビルマなどを除く)
カンボジア260ドル。
イエメン280ドル、
ラオス320ドル。


ゆっくり歩いてタダパニに着く。
夕食の後、私がキリマンジャロ登頂について話す。
激しい雨がテントをたたき、気温も下がり、早々に各自のテントへ。
まもなく、雨も上がり、いつものように居酒屋に行く。
電気はないが、大きな土で作った竈(かまど)=くどがあり、
燃える薪がやわらかい暖を送ってくれ
適当な明るさのなかロキシーも身体にまわって心地よい。
楽しい笑談がつづく。至福の時である。
(ロキシー コップ1杯 32円=20ルピー)


「失われる森林資源」
ヒマラヤにおける砂漠化の進行(山本真弓 ネパールの暮らしと政治 P173)
死亡率の低下と
高い出生率
家畜の糞肥料を燃料化
人口の爆発的増加 土地の不毛化
燃料として蒔需要増大
耕地(棚田)拡大
家畜の増加(牧草地拡大)



耕地放棄
大規模な森林破壊   → 蒔の減少 土地浸食活発化
土地からの流出量拡大
バングラディッシュ・ビハール州での洪水被害の拡大

上の図のように 人口の増加だけが、
薪を必要として森林を破壊しているのではない。
ほかにも原因があるという。


1.外国人観光客が消費する。我がパーティーの燃料は全て灯油を使用した。
2.政治家が、タライ地域の森林を伐採してインドに売ったのではないか。
3.人工の増加もネパール人の増加ではなく、
政治家がインド人に市民権を売って私腹を肥やしたからではないか。
(1951年825万人→1981年1500万人と30年間に約2倍増加)
4. 森林を国有にした結果、自分たちの森だという思いがなくなり、
森林に対して無責任となり、盗伐が増えたのではないか。


2001年10月2日(火)  タダパニ〜ゴラパニへ
ダダパニから下り、また登る。
きつい登りで、パーティーの先頭と最後尾がずいぶん離れる。
清らかな流れもある樹林帯を行く。
小さな水力発電所があり、また名も知らない美しい花もあり、
また巨木もあり、目を楽しませてくれる。
途中、谷間からウレリの集落が遠望出来た。
21年前に宿泊したところだ。
あの3階建てのホテルは、あるかしら。
いよいよ山が深くなり、石畳の上に小さな山蛭を発見。
よく見ると、立ち上がって移動している。
気持ち悪し。
デオラリ峠で昼食。


デオラリ峠のロッジでの出来事
天気がわるく、雨模様。
すこし衣服が滞れて、乾燥させるため、薪ストーブの上に吊っていた。
何を思ったのか、ネパ〜ルの人が、
衣服の汗の匂いを嗅いで回った。
西洋人のもあり、日本人のもあった。
日本人の衣服を臭いだとき、うれしそうに「A sian」といったのを耳にした。
なんと解釈したらよいのか。
西洋人ばかりを何日も案内して、その体臭にあきあきしていたとき、
自分と同じ体臭を日本人の衣服に感じたと。
もう1つ。西洋人と同じ態度でネパールで行動し、
ネパール人に接する日本人だが、
体臭は、自分と同じアジア人ではないかと。


天気ならアンナブルナ山系を愛でつつ、ゆっくり尾根筋の縦走ができたのに、残念。
幸い雨の心配はない。下って、ゴラバニ着。
途中、谷から石材を切りだしているのを見る。
シェルパに尋ねてみると、山の木は国有で、伐採するとき許可と税金が必要だが、
石は税金なし、無料だそうだ。


21年前のゴラバニ峠の姿がどうしても浮かばない。
こんなにロツジがあったかしら、
確か峠の南側にロツジがあったように思う。


2001年10月3日(水) プーンヒル登頂からヒレヘ
朝早く起きる。プーンヒルに登る。
21年前は、真昼登頂した。あの時は、人がいなかった。
モルゲンロートの山々を見る。
景色は、すばらしいの一語に尽きる。
時々、雲が峰峰にかかるが、また峰峰は顔をだしてくれる。
 ニルギリをバックに前と同じ位置で写真を写そうとやってみたが、
人が多くてなかなか写せない。
満足いく写真がとれたかしら。
朝食は、山々を眺めながら。
70年生きて、一番ぜいたくな、すばらしい食事だった。
しかも、皆さんの配慮でダウラギリ1峰を正面に見える席でいただくことが出来た。


ウレリで、21年前宿泊した3階建てのホテルを見る。なつかしい。
アメリカ人夫婦と同席となり、アメリカ憲法の武器携帯の自由について、
なぜかと質問したのを思い出す。
当時は電気もなく、夜の明かりは菜種油で皿に芯を置いた物だった。
現在では、この街道沿いに電柱が立っており、電気を送っている。



ウレリの集落遠望。
ジョムン街道には電柱も設置されている。



ウレリからの急坂(3280段の石段。と言っても日本のように一段一段は高くない)を下って、
グルカ協会寄贈のりつぱな釣り橋を2つ渡って
ティルケデュンガ、さらにヒレヘと着く。


夜、さようならパ〜テイ
隊長として、いままで隊長らしいことをして来なかったので、
せめて今晩は、あいさつを英語でしたい思い、
大体の骨子は考えていたが、原稿までは作ってはいなかった。
これがいけなかったのだろう。いざ、本番となったとき、
つい日本語でスピ〜チをしてしまった。
感謝のことばは、サーダー、シェルパ、ポーター、コック、キチンボーイにわからねば意味がない。サーダーが、英語になおしてくれたが、
その時には、「乾杯」の音頭があり、
おそらく私の話した、彼らへの「感謝」は、伝わらなかったと思う。


ここにそのスピ〜チを記録しておきたい。
Speech for Thanks
Thank you for your kindness, endeavour and loyalty.
While we were sleeping, you were watching us and protected us from danger and robbers.
I am now 70 years old. For 70 year this morning I enjoyed the most delicious breakfast at Gorapani. Around the white graceful high,mountains(Annapurna,Dhauragiri,Machhpuchhre etc ) I could eat your heartful meal. I could spend the happinesttime. Thanks to your help, we are all healthy and fine.
I must say Farewell tomorrow , I have visited Nepal before. 21 year ago. I am old.
But I want to visit Nepal to see Dhauragiri 1 once more.
(Surely Okayama University alpine Socity can climb it without Oxygen next year)
・・・ I like Nepal very much ・・・


シェルパ 4人との会話 ヘレの居酒屋にて
なごやかな「さよならパーティー」が終わって、テントに帰ったが眠られない。
隣のテントの實村さんから、声がかかり、居酒屋へ。
明るい電灯のもと、真新しい日本の日立製の冷蔵庫を前にして、
私たちはロキシーを、彼ら4人はコーラを飲みながら談笑した。
その間約一時間と少し。
4人は、地方から出てきて、
今カトマンドゥのレンタルハウスで生活している。
3人は既婚、1人は未婚。20才から30才。


1.たまたま、壁に掛かっているカレンダーが話題になった。
☆ ネパール暦の起年が、BC57年。今年は2058年。
彼らは、西暦2001年と比べて、ネパールの方が古いと誇らしげにいう。
しかし、何を基準にして決めたかはについては説明がなかった。
現在のネパール王朝の祖先が、
ネパール中部のゴルカの地に「天孫降臨」があったという神話があるそうなので、
日本と同じように現王朝の一代が即位したかもしれない。
☆ 日本の天皇暦(皇紀)2661年。何を基準に定められたか説明した。
日本のほうが、古いと聞いてがっかりしたようだ。
☆ 休日が、日曜日でなく、土曜日であること。
このカレンダーを20ルピー(32円)で買い求めた。

2.貧しい環境の中、子供達の瞳は、きらきら輝き、
シェルパのみんなは、全て快活なのはなぜか。
☆ 「なぜ貧しいのか」が話の中心になった
農業中心の国で、国民の9割を占める農民が貧しいことに原因がある。
年貢が、問題になる。
質問/収穫量のどのくらい支払うのか。と尋ねた。
不正確な質問で(小作人Tenantは、収穫量のどのくらいを地主Landownerに支払うのか。)
と尋ねるべきだった。
答え/米で半分(rice half)。この答えは、4人が一斉に答えたと思う。

質問/誰に
答え/国王に(これは、間違いで地主が正しい)。

☆ 1964年に実施された土地改革は、全く不徹底だった。
土地の分配
地主の土地である一定以上は、国家が買い上げ、小作に安く売る予定だった。
これを知った地主たちは、土地の名義を親類縁者にして買い上げを逃れ、
小作に与える土地が少なくなってしまった。
・・・小作は、土地がもらえなかった。
(小作料)
田畑で作られる全ての作物(米、麦、トウモロコシなど)の上限50%。
(彼らの答えの rice half は、これに当たる)


日本
1911年 自作農55% 小作農45%
1949年 自作農87% 小作農13%

ネパール
1961年
水田 自作農65% 小作農35%
畑 自作農83% 小作農17%

→小作に土地を与えることが
貧困の解消になるだろう。


☆ 1994年議会第1党になった共産党は、
内閣を作り、熱心に土地改革に取り組んだが、
少数内閣で短命。改革は実現せず。
共産党政府は、土地を持たない「スクムバシー」に土地を与えると公約。
方針として、大地主の土地を手放させ、
その資本を他の部門に投資させ、国の工業化を進めようと計画。


国民は、どんな政策を持つ政党を国会に送っているのか。
質問/君たちらは、選挙に行って投票したか。
答え/18才以上の男女には選挙権があり、投票した。
質問/どんな政党が任期があるのか。
答え/コングレス(Congress)ネパール国民会議派がよい。
(我々は知識不足でCongressは、国会と思っていて通じなかった)
質問/共産党はどうか。
答え/暴力(Violence)はいやだ。(共産党マルクス・レーニン派と共産党民主派を混同しているようだった)


☆ 新国王について
質問/新国王をどう思う
答え/政治的な経験(Political experience)がないので不安だ。
(どうも、前の国王がよいと思っているらしい)


次に示した、今までのネパールの政治を経験し、
1990年憲法を発布した前ビレンドラ国王に信頼をよせているのだと思う。
しかし、1991年の選挙で見ると、
首都カトマンドゥでは、国王廃止の動向が見える。


ネパール国民の「国王」観 = 政治の移り変わり
1951年 国王の政治が復活(王政復古)、ラナ家による専制政治が終わる。
国王のもと、混迷の政党政治が続いた。

1960年マヘンドラ国王が、クーデター
王国親政=バンチャヤット
1政党の禁止
2間接選挙

1972年マハンドラ国王死去
3中央―国会は、間接選挙 ビレンドラ国王即位
4地方―知事、郡長は、国王の任命

1980年国王親政=バンチャーヤットの是非を問う国民投票。
支持する54.8%、
支持しない45.2%、
カトマンドゥ地区は支持しないが大半を占めた。

1990年 1989年インドとの通商条約破棄、
インド経由の物資が輸入できなくなり、物価高騰、とくに灯油が不足。
物価騰貴、物資不足→民衆の生活不安→政党(コングレス党と共産党など左翼政党)が指導。
→民衆が街頭デモが続く。

1990年 4月ビレンドラ国王の声明
(1)国王親政=パンチャーヤットの廃止
(2)議会制民主主義の実現

1990年 11月 新憲法が発布
(1)人民主権
3条 ネパールの主権は、人民にある。(人民主権)
27条 陛下は、ネパールの国とネパール国民の統合の象徴である。

※日本と天皇制とよく似ているが、ネパール国王は、大きな権限を持っている。
1上院議員10名を任命、重要な法案の提出権、法案裁可権など・・・
2行政権は、国王と内閣にある。
3首相の任命(国会の多数派が組閣出来ない場合)
4国王は、国軍の最高指揮権をもち、自らの判断で非常事態宣言出来る。

(2)人権の保障→死刑廃止など日本の憲法より進んでいる点もある。
○ 宗教の自由/ヒンドゥー教が国教(国王はヒンドゥー教徒)
○ 言論の自由
○ 法の前の平等―貧しい小作の子供が、教育等平等に受けられるか。


立憲君主制(国王)の将来 
首都カトマンドゥは、国王廃止の傾向が強く、
選挙でもはっきり共和制を主張する左翼政党を多く、国会に送っており、
この国の将来を示しているように思える。




参考文献
『ネパール』石井溥他/河出書房新社
『ネパールを知るための60章』日本ネパール協会/明石書店
『ネパール』地球の歩き方/ダイヤモンドビック社
『ネパールの社会構造と政治経済』西沢憲一郎/勁草書房
『ネパールの人の暮らしと政治』山本真弓/中央新書
『ネパール』平尾和雄/ダイヤモンド社



<<戻る

<<HOME