<<HOME

アンナプルナ・ダウラギリ・パノラマ・トレッキング 11日間 2001/2002


「はじめに」:2001年トレッキングより

ダウラギリ1峰遠征隊/事務局  大森 武生

岡山大学山岳会は、過去数回の海外遠征を成し遂げて来ました。
1975年ダウラギリ5峰(7618m)、
1979年ガネッシュ2峰(7150m)、
1986年トリプラ・ヒウンチュリ(6563m)に初登頂、
1990年ガッシャブルム1峰(8068m)西稜に新ルートを開拓

世界の登山史にも名を連ねて来ました。
しかし、最近の10数年間、若手会員の減少に伴い、活動が低迷しておりましたが、
2000年遠征の機運が盛り上がり、「ダウラギリ1峰遠征2002」の実行の運びになりました。
過去遠征をやらせていただき、多くの会員に支援いただいた自分として、
お礼返しの意味もあり遠征事務局を担当することになりました。
遠征には、多額の資金を必要とします。
そのうち資材空輸費用を出来るだけ削減する方法して企画されたのが
「遠征隊隊荷空輸支援トレッキング」です。
2000年12月からスタートし、
今回第3回目を無事終え、カトマンズに約200Kgの隊荷を空輸しました。
また、トレッキングに参加される多くの方々は戦後の日本振興のため、
自分を捨て懸命に働き通された方々です。
物質的に豊かになった現代、
この旅を通して「心の豊かさ」を感じて頂ければとの願いも込めての企画でもあります。
ただ旅するだけでなく「旅での思い」を広くお伝えしたいと思います。



「編集後記」:2002年トレッキングより

岡山大学山岳会・遠征隊事務局 大森 武生

第3回目(2001年10月)トレッキングは、
アメリカ同時テロ直後でしたが、「アフガンからは距離がある」と気にもしませんでした。

第4回目(2002年2月)のトレッキング募集時期から、ネパールの政情が不安定になり、
マオイストによる政府機関襲撃事件が頻繁に報道されるようになりました。
参加希望者も激減しました。

第5回目(出発予定は4月3日)出発直前に、
カトマンドゥ中心にゼネストが宣言され(現実には実施されなかった)出発日が2転、3転、
ようやく4月7日に出発しました。

4月13日NHKが「ネパール・カトマンドゥで、マオイストによる爆弾テロが発生し、
40人以上の死傷者発生」との報道に仰天しました。
その翌日14日インストラクター鹿田氏から
「トレッキングは無事に終了、ポカラのホテルに入った」
とのFAXが届き安堵しました。
そして17日関西空港に帰着したとの電話で、ほっとしたのです。

参加者から電話頂いた様子では、
トレッキングの状況は、支援のシェルパに支えられ、
「神秘で、新しい生活体験」に満足頂いた旅であったことが、
トレッキングの企画者として、せめてもの救いです。

5回のトレッキングで参加者は38名、隊荷は約300Kgが、カトマスドゥに集積しました。
しかし、この努力も、現役学生も参加する遠征隊の派遣が、延期の決定となりました。
ネパールの政情が安定し、
ヒマラヤを愛する世界の人々と現地の人々との交流が安心して出来る状態になることを、
切望してやみません。



「トレッキング隊報告」

2001年
『21年ぶりのネパールトレッキング』(執筆者:河合卯平)
『ダウラギリトレッキング日記』(執筆者:平田潤一郎)
『ヒマラヤで見た幻夢』(執筆者:定金司郎)

2002年
『20年ぶりのネパールを訪ねて』(執筆者:徳田耕一)
『私のヒマラヤ山麓の旅』(執筆者:作間順三)


<<HOME