<<HOME
<<戻る
ヒマラヤ・トレッキングを終えて
岡山大学山岳会 芦立 紘一


学生時代ヒマラヤなんぞ
いけるようになるとは思ってもいなかった。
勤めを終えて暇ができたし、
今ならある程度軍資金もあった。
何をしようかと思っていたところに
ヒマラヤ・トレッキングの情報を得て
すぐ飛びついてしまった。
しかし最近トレーニングはしていないし不安であった。
でも説明を聞きに行って見ると
大変失礼ではあるが、
私が一番に脱落するとは思えなかった。
友達も誘い、気を強くして参加を決意した。
ある程度期間があったので、
いろいろトレーニングをし、
ダイエットもして準備をしてきた。
結果的にダイエットはあまり成功しなかったが、
普段よりは歩いたりして
運動を始めたので妻も機嫌がよかった。
でも妻にしてみればそれくらいのトレーニングで
ヒマラヤにいけるのかと思っているらしく、
時々はっぱをかけられた。
準備は不十分ながらその日がやってきた。

10月24日  タイ、バンコクへ
関西空港を出発しタイ(バンコク)での宿泊で
外国へきたなと思った。

10月25日 カトマンズでの初日
カトマンズでは予想もつかない経験をした。
まず空港を出てホテル行きのバスに
乗るまでのことであるが、
例によって大きな荷物をカートに積んで、
待っているバスのところへ行くと、
ホテルの業者らしき人々が
我々の荷物をバスにつむ作業をしていた。
私のカートからも荷物を降ろしてくれた人がいた。
とたんに「百円」とチップを要求された。
勝手に荷物を降ろしただけなのにと
納得がいかなかったが、
言葉は通じないし、
名札をかけた公的なお兄さんも
あちらの味方についたので、
面倒くさくなって要求に応じた。
でも財布の中を見ると
タイの硬貨が一枚20バーツ(百円に似ている)しかなく、
それをくれてやったら変な顔をしていたが
あきらめたようであった。
結果的にチップを値切ったのである。



カトマンズ繁華街のニューロード
人と車と物売りでごった返していた。



カトマンズに早くついた。
今日は時間があるので町へ散策へ出かけた。
タクシーに乗ったのだけれど、
タクシーというより日本の廃車にされた軽四並の車に、
定員はあまり気にせずに
つめこまれた感じであった。
車でごったがえす町を
かなりのスピードで縫うように走った。
思わずどころではなく、
常に両足は車のどこかを踏みつけ衝突に備えていた。
料金も交渉しだいで決まるのだから、
うっかりすれば大損をするかもしれなかったが、
我々は初めてだったので
運転手の言いなりに支払った。
運転手はとてもうれしそうに
「有難う、今夜はおいしいものをたべます」
と片言の日本語で言っていた。
それにしても、この交通状況で
よく事故が起きないものだと思うと同時に、
私はとてもこの町では運転できないと思った。
一寸のことですぐクラクションがなるし、
その音が今でも聞こえてくるようだ。
タクシーを降りて歩き始めたとたん
大勢の物売りが、
「あれを買え〜、これを買え〜」と迫ってきた。
その数の多さと勢いに圧倒されそうであった。
できるだけ目をあわさいないように
仲間の後ろを歩いていたのだけれど、
群れでいえば後ろから狙われた感じで、
私は笛を売るおじさんにつかまってしまった。
「NO, いらない、いらない、NO」を何度も繰り返したのだが
一向にあきらめる様子はなく、
それどころか、どこまでもついてきた。
私は町の見学に来たのに
ぜんぜん覚えていないというより
見ることができなかった。
とうとう根負けして1000円という笛を
250円で買ってしまった。
横笛なので私にはまったくおもちゃにもならないが、
装飾はよいので飾り物にしようかとそのときは思った。
それにしても彼は一生懸命だったのか、
私が買いそうな顔をしていたのか
今でもわからないが、
生きるために懸命に働いているのだと思った。
値段の交渉をしているとき
彼の顔を見たが片目はつぶれているし、
苦労が顔に出ていて
まともに彼を見ることができなかった。
大勢の小さい子供も
一生懸命物を売っている姿を見て
かわいそうな気もしたし、
日本の子供にも何かを伝えたい気がした。

10月26日 早朝飛行機でルクラヘ  
カトマンズからルクラ行きの国内線は、
すきま風が入るのではないかと思うほどおんぼろで、
窓は傷だらけで飛行機からの写真は
傷越しの景色であった。
でも操縦席のすぐ後ろの席は、
客室・操縦席の境がないので、
操縦士の様子が丸見えで
会話も聞こえるようでものめずらしかった。
ルクラ空港は滑走路も上り坂になっており、
さすが山岳飛行場だと感心した。
飛行場に降り立ち、
まず見えたヒマラヤ山群は6000メートル級だというのに、
首をうえに持ち上げなければ
頂上が見えないほど高い。
日本では普通にしておけば頂上まで
視野に入るのでさすがと思った。



トレッキングがスタートして最初に出会ったクスムカングール


ルクラで隊を整え、後は歩くだけである。
高山病を心配してツアーリーダーの志小田さんが
ゆっくりゆっくり歩いてくれて、
バテル心配はないと思った。
ある人が万歩計が動かないといっていたが、
そのくらい静かにゆっくり歩いても、
何日もすればだんだんと
ボディブロウが効いてくる気がした。
余裕もだんだんなくなってき、
その上空気が薄くなってきたのか、
歩いている途中一回でも
呼吸のリズムが狂うとその後は、
ハアーハアーと何度か
大息をしないと回復しなくなった。
写真を撮ったときも一瞬息を止めるので、
その後は水中に長くもぐっていて
空中に出たときのように激しく
呼吸をしないと回復しないのである。
まるで空気中で溺れているような気分であった。
高度が上がるにつれて決して
無理はできなくなっていった。
そのような中で道中救われたのは
子供たちが人家の割には多くいて
「こんにちは、さようなら」
と日本語で声をかけてくれることである。
鼻水をたらしていた我々の子供時代(5、60年前)のような
風貌の彼らの目的(物貰い)はわかっているけど
うれしいことであった。
きたきりすずめという言葉を思い出しだし実感した。

10月27日 ナムチェヘ
夕方遅くナムチェへ着いた。
今日は長い長い1日であり、
ノックアウト寸前でもあった。

10月28日 高度順応日 散策  
ホテルでゆっくりでき
昨日の疲れも取れた気がした。
ホテルと言えども1部屋にベッドが2つあるだけの
山小屋ぐらいのものである。
トイレも水洗であるが、
水洗といえば聞こえがよいが、
何のことはない
バケツに汲んである水をひしゃくで流す方法、
いわゆる手動式水洗と言えるのではと思った。
場所によってトイレの方法がちがうので
慣れるまで苦労した。



ナムチェで宿泊したサクラロッジ


今でもわからないことがある。
それは大便をした後に紙で拭くのだけれど
その紙は別の箱に入れるようになっていたことだ。
たぶんその紙が乾けば焚きつけになるので
そのためかなーと思い、
私もならったが変な気分であった。
トレッキングルートでの農家トイレまたは公衆トイレ?が
道中にあるのだけれど
これは我々が昔使っていたものより以前のものであり、
物質の循環という面では考えさせられた。
つまりトイレには落ち葉がたくさん集めてあって、
用をたすと木の葉をかけておく。
しばらくするとそれらは立派な有機肥料となり
トイレの周りの畑に使われるという ものである。
従ってお客様にどんどん使っていただきたい雰囲気であった。
江戸時代、下肥が高く売れたという話を思い出し、
時代はまるで逆になっていると感じた。
水洗便所はエネルギーの無駄遣いであると思ったが、
もう後にはもどらないであろう。
それにしても不思議とハエがいなかった。

10月29日、30日、タンボチェ 
この頃から腹調子がおかしくなってきた。
高山病対策の薬(ダイアモックス)は飲む必要があるし、
夜中の度々のトイレ(1時間おきぐらい)にも苦労した。
その上、下痢も発生したので
たまったものではなかった。
勿論食欲もなくなり、
ご馳走がいっぱい出たが受け付けなかった。
アルパインの方には本当に気を使って頂き、
ほとんど毎食、和食を提供して頂き
ありがたかったのに残念でした。
食べられないのだけれど、
こんなものがここでどうして食べられるのか
不思議でたまらなかった。
日本から持ってきたと聞いて、
食料の加工も大いに勉強する必要があると実感した。



タンボチェの手前でカンテガ(6783m)を望む



タンボチェでの展望、左からエベレスト、ローチェ


11月3日 2時半起床 3:30出発でカラパタールへ
暗闇をただ黙々と人の後をついていく。
天候は曇りそして雪と寒くなった。
最後のカラパタールへの登りは
山的には何でもないのだけれどきつかった。
スピードは出せなかった。
残念ながら目的のエべレストは見えず、
ベースキャンプあたりの氷河を見て納得した。
下山して写真を買い、
晴れたらこんなに見えるんだと尋ねる人には説明している。
帰りは各自の力にあわせ下る一方である。
トレッキングの起点ルクラヘ近づくにつれ
だんだんと山々は高くなり、
ついには首を上に向けなければ頂上は見えなくなった。
やはりエベレストの山々は高いなー。
最後に、隊の最後をいつも見てくれた鹿田さん、
本人も苦しかったであろうに、
本当に有り難う御座いました。



カトマンズで購入したカレンダー(カラパタールからの撮影)
左エベレスト、右ヌプチェ


<<戻る
<<HOME