<<HOME
ブータン 旅行・トレッキング (その1)  
期間:2007年5月5日〜5月20日

石原 武美  


市場経済から距離を置き、
国民総幸福論を唱え、
地球環境に優しい生活をするブータンは
今世界から最も注目されている国である。
私は40年前の大阪府立大学教授中尾佐助氏の
講演「照葉樹林文化」を聞いたのが発端で、
日本の原風景、日本のルーツかと言われ、
そしてヒマラヤの未踏峰が
最も多く残っているこの秘境へは
一度は行ってみたいと思っていた。  

元フィジー・ボランティア仲間のO夫妻が
ブータンへ再度ボランティアとして赴任したことが
私の行動を移すきっかけになった。
年明けにO夫妻へ
「トレッキングに行きたいが・・」
と問い合わせたら、
スポンサーシップ(呼び寄せ)制度が
利用できるかもしれないとの返事だった。
その制度を利用させてもらい
メールとファックスのやり取りで、
ビザの取得、航空券の取得を経て、
トレッキングや観光等の許可取得に約1ヶ月を要した。    

関空を発ちバンコクにて1泊、
翌朝未明にドウク・エアーに乗り込む。
コルカタ(カルカッタ)経由で左窓から
エベレスト山群を見てしばらくして、
谷を目指して急降下、
翼が両岸壁に当たらないかと
心配しながら谷筋に沿ってしばらく飛行、
ぱっと開けたらパロ空港だった。
独特な形状、極彩色の建物を目の当たりにし、
日差しは強いが高原地のようなさわやかな風が
ブータンの第一印象だった。  

来春 新国王の戴冠式に備えて
首都ティンプーへの幹線道路は拡幅工事中で、
舗装道路は途切れがちである。
この崖っ縁の幹線道路は
ネパーリーの出稼ぎ労働者の
手によって工事が進められている。  
首都ティンプーは意外と小奇麗で
埃っぽさや喧騒もない
落ち着いた谷あいの町と言う感じだった。
また街周辺の畑や家の庭先には
リンゴや杏がたくさん植えられていて、
桃源郷と言われる所以である。    



@ 展望台から首都ティンプーを眺める

O夫妻の自家用車で街を見下ろす展望台は
タルチョーがはためいていた。
タシチョ・ゾン(政務と宗教の中枢拠点)、
伝統工芸技術院、マーケット等を案内してもらい
首都の見所を楽しんだ。
翌日は東方55kmの
旧冬の首都プナカへドライブする。
チェックポストではプナカへの
通行許可書提出が求められた。
途中ドチュ・ラ(3150m)と言う峠で
ブータン最高峰(ガンガプンズム7560m)の
遠望を期待したが生憎の曇り空で霞んでいて、
はっきりと確認できなかった。
また石楠花林の花はほとんど終わっていて
ちょっとがっかりだった。
プナカに近づくにつれて標高が低くなり、
暑さも一段と増してきた。
段々畑の先、紫の花(ジャカランタ)の上に
プナカ・ゾンが浮かんでいる様は幻想的だった。
ゾンを見学後 初々しい県の女性職員
(O氏の知り合い)二人が出迎えてくれた。
隣町ワンデュの街道沿いの古びれた町並みと
ゾンをも見てティンプーへ戻った。  



A ジャカランタが咲くプナカゾン(O夫妻と県庁女性職員)


ソバを麺にして食する国は日本、
中国、韓国とブータンだけである。
O夫妻がソバに興味を持つ私たちのために
そば料理を予約して、
何度もホテルへ連絡してくれたが
フロントの対応が外出中と言う返事で、
やむなくキャンセルされてしまった。
後で聞いたらその時は
ホテルにいた時間であったので
大変残念な思いだった。
それから外出後にフロントで
メッセージは無かったかと聞くと、
無いと言う返事だった。
夜になってO氏から電話があって
スイカを届けておいたが
食べたかと言われた。
急いでフロントへ行ってスイカは? 
フロントのスタッフは無いと言うし、
捜せと言うと前任者に電話を入れたりしてあたふたして、
とどのつまりフロントの隅においてあって・・・。
これもブータンの一端かとあきれてしまった。  


B ドチュラから5,000m級の山々
(この右奥がブータンの最高峰方面)




C 伝統技術院で手織り技術を学ぶ生徒たち

4日間首都ティンプーに滞在して
いよいよ明日トレッキングに出発。
次回へ。  

ブータン 旅行・トレッキング (その2)>>
<<HOME