<<HOME
ブータン 旅行・トレッキング (その2)
期間:2007年5月5日〜5月20日

石原 武美

5月10日 (ティンプー・・>パロ・・>タクツアン僧院・・>パロ)
早朝ツアー会社のマイクロバスで
首都ティンプー(標高2400m)のホテルを出発。
ガイドと同行のO夫妻とその友人のM氏も合流して
一路パロ(標高2300)へ、約2時間のドライブ。

ティーブレイクの後トレッキングの足慣らしに
タクツアン僧院(標高3000m、高度差600m)へ向かう。
登り始めたら天候が徐々に回復して、
岸壁にへばりつく僧院が雲間から見えてきた。
急登1時間半で第一展望台に着く。
そこからしばらく登って下った第二展望台から
谷を隔てて見る僧院はまさに圧巻であった。
さらに岸壁沿いの階段を下って滝の下から
一気に登った所が僧院で下の駐車場から正味2時間半要した。
ブータンのチベット仏教の聖地、
許可証を提示し内部の見事な仏像や
仏画の説明を受け、参拝した。


第1展望台からのタクツアン僧院

帰りにキチュ・ラカンと言う古い寺院に寄って
一流と言われるホテルに入る。
ドツォー(焼け石でお湯にした風呂)に浸かり、
足慣らしとしてはハードだった労を癒した。


5月11日 (ドゥゲ・ゾン・・>17km・・>シャナ・・>キャンプ地)
約7時間 1時間弱のドライブで
キャラバンの出発地ドゥゲ・ゾンに着く。
廃墟のような ゾンを眼前に、
店がある集落の広場には、
既に馬13頭と馬方1名にアシスタント1名、シェフ1名に
そのアシスタント2名が待機していた。

O氏の奥さんは前々からの膝の故障のためここで引き返し、
我々4名のトレッカーはガイドを伴って出発した。
河沿いの畑の中の車道を一時間あまり歩く。
時々雨も降ってきて、雨季が近づいている気配が感じられた。
幾つかの集落や小学校を過ぎて
大きな吊橋を渡ると道は狭くなり、
ぬかるみも多く歩きづらくなってきた。
松林や良く手入れされた麦やジャガイモ畑と
まれにソバ畑があり、キャラバン中に
(家の形と人々の服装を除けば)
日本の農村や山麓を歩いているような錯覚に度々陥った。
どの農家も極彩色の外壁を持つ2階建ての
大きな家でとても裕福そうである。
途中の農家の家で昼食を摂ることになり、
梯子伝いに2階へ上がり、
料理アシスタントが持参した弁当を食べる。
2階が主な生活の場らしく仏間、居間、台所を見せてもらった。
半世紀前の日本の農家を思い出させるものだった。

河も両岸狭まり、山道になってきた頃、
はるか前方に大きな集落が見えてきた。
この間が長く、やっとの思いでチェックポストのあるシャナにたどり着いた。
数軒の店と民家、吊橋の対岸には軍隊の駐屯地、
その家族も含めると300人は居るそうだ。
一軒の店に入って紅茶とビスケットをご馳走になる。
チェックポストで許可証を確認された後更に1時間ほど歩いて、
松林を切り開いたキャンプ地(標高2800m)に着いた。


5月12日(シャナ・・>19km・・>タンタンカ)9時間  
渓谷沿いの大木の樹林帯の道を、
アップダウンを何度も繰り返しながら登って行く。
岩混じりの道になると
多くの馬の蹄によって土はえぐり取られて、
窪みは水溜りになるため、
飛び石伝いの連続を余儀なくされ、
大変難儀して歩いた。
しかし高度が上がるにつれて、
オレンジ、黄、白、ピンクの小振りなシャクナゲの花や
黄、ブルー、ピンクの桜草の花々が
いたるどころで見られるようになってきた。 
それらを楽しみながらひたすら歩いた。
途中から雨が降り出し、
昼食の弁当をゆっくり摂ることはできなかった。

この日からは保険のつもり(体力温存のため)で
特別に雇った乗馬用の馬に時々交代で乗ることにした。
初めての経験だったが
体重移動にポイントがある事が分かった。
特に急な上り下りは落馬の危険があるため
降りて歩くことを奨められた。

今回のトレッキング中で一番長い工程をややへばり気味になって
タンタンカ(標高3500m)キャンプ地へ4時前に着いた。


タンタンカから仰ぐ夕暮れのチョモラリ

キャンプ地の近くでは幸運にも
7月にしか見ることが出来ないと言われていた
ブルーポピーの花をガイドが見つけてくれた。
急いでそちらへ行くと潅木と岩の間に
淡いブルーの花びらに鮮やか黄色のおしべのある花だった。
全部で10株ほどになるが、
良く見るとブルーでもピンク系、濃紺系と
色の違う花があることが分かった。
咲いた時間差なのか、株の個体差なのか・・・。
また夕方には今まで一度も姿を見せなかった
チョモラリの雄峰(7314m)を仰ぎ見ることができ 
感動的だった。


タンタンカのブルーポピー


5月13日(タンタンカ・・>14km・・>チョモラリBC)約6時間   
空が白みかけた頃からテントを這い出し、
朝日に映え刻々と変わるチョモラリの頂上を
寒さまで忘れて見入っていた。

出発後しばらくして樹林帯を抜けると
渓谷は開け、牧歌的な道に代わってきた。
ヤクがいたるところで草を食み、
姫アヤメの群生が色添えをしてくれた。
昨日の乗馬はアップダウンが多くて、
道に張り出した岩や木に
膝を当てはしないかと緊張を強いられたが、
今日は景色をゆっくりと眺めながら
鞍にまたがることができた。
数名のインド軍駐屯地と数軒の民家を
過ぎた辺りから時々霰が降り出した。
チョモラリBC(標高4000m)に着く頃には雨になった。

今日の工程は短くて午後2時前には着いたので
着替えをして、スケッチをと思い、
荷物の到着を待つが一向に来る様子がない。
次第に温度も下がってきて震えて待つこと数時間、
周囲の山々が晴れ渡る夕方に荷馬の一行が着いた。
タンタンカで馬4頭が脱走したので、
見つけるまでに時間がかかったと・・・。
チョモラリが間近にくっきりと見えてきたので、
腹も立たなかった。

その夜は気温がマイナス3℃まで下がった。
寒さを我慢しながら高山病予防のためと、
排尿に何度もテントの外に出たが、
満点の星空を仰ぐこともでき至福の夜を過ごせた。


BCからのチョモラリ主峰(正)


5月14日(チョモラリBC・・>6km・・ツォ・ブ・・>BC)約3時間半  
朝食前にチョモラリの懐の氷河をめがけて
ヤクの踏み跡を登ること約1時間。
氷河に達するにはもう30分余りの
岩場混じりのルートを越えていかなくてはならないので、
朝日に輝くチョモラリを眼前にして、
登頂するならこのコースが容易かと
思いをめぐらせて、引き返した。

屋外に用意されたテーブルで朝食を済ませて、
対岸のツォ・ブ(氷河湖)に向かう。
丸木橋を渡りジグザグ道を登るにつれて、
ピラミッド型のジチュダケ(標高6809m)が
背後に頭角を現わしてきた。
この急登が終ると
その先は開けた谷でヤクの放牧地だった。
ここまで約1時間。
ソーラパネルを有する一軒の
パオ風の小屋には誰もいなかった。
両岸は頂に雪を有する1,000m近い岸壁、
ヤクが所々に草を食み、
マーモットが駆け出しては巣穴に跳び込み、
足元には可憐な各種高山植物のある別天地だった。
この4000mの高地を更にゆっくり登ること1時間で
最終目的地のツォ・ブ(標高4300m)に着いた。
湖上にはタルチョー(経文の旗)がはためき、
雲間の光で湖面はブルーやグリーンにも変化した。
湖にはパロから持ってきて
放流した虹鱒が居るらしく、
釣り禁止の大きな看板があった。

背後には登ってきた谷間と、
その対岸の岩山の後ろに
チョモラリ主峰、チョモラリU峰
そしてジチュダケの峰峯を望む事ができた。
誰も高山病に悩まされる事もなく、
昼食のサンドイッチをほおばる。
帰りは1時間半ほどの下りであったが
見る間にBCに着いてしまった。


ツォ・ボからチョモラリ、チョモラリU峰、ジチュダケ


5月16日(チョモラリBC・・>タンタンカ・・>樹林帯のキャンプ地)  
朝がた見えたチョモラリは
雲で見え隠れし始めた。
帰路を下っていくと、
たった2日間経っただけなのに
違う花が咲き始めていた。
各所で蕾をつけたブルーポピーも
容易に見られるようになった。
もう高峰はすっかり雲の中で
望むこともできなかった。
タンタンカの手前でブルーポピーの花を再度鑑賞し、
往きのキャンプサイトで早めの昼食を摂る。
ここから1時間半ほど下った渓谷沿いの
樹林帯の小さな空き地(標高3500m)にテントを設営する。
このキャンプ地は余りにも狭くて馬と同居だ。
排泄物とその臭いに閉口しながらテントに落ち着く。
しばらくぶりに高地では
縁のなかったひどい雨が降り始めた。

5月17日(キャンプ地・・・>シャナ)  
昨日の雨で一層ぬかるんだ渓谷沿いの道を
飛び石伝いにひたすら歩く。
途中チベットからの交易路と合流するが、
道は相変わらず悪くて歩きにくい。
楽しみは時々横切って行く鳥や蝶
そして樹木や草の花等々。

シャナに近づくにつれ暑くなり、
高度が低くなったことを感じだした。
チェックポストのある村の外れの
空き家の庭先にテントを張る。
子供たちが遊ぶ民家の裏庭の水場を
使わせてもらい久しぶりに身体を拭いた。

5月18日(シャナ・・・>ドゥゲ・ゾン・・・>パロ)  
馬数頭がまた逃げ出したようだが
かまわず先に出発する。
道が広くなり歩き易くなって、
2時間ほど経った頃にガイドと
乗馬用の馬が追いついてきた、
がいつもと様子が違っていた。
昨日まで乗馬していた馬をも逃げ出してしまい、
荷駄用馬へ急遽鞍を取り付けて
乗馬用に仕立てたことが分かった。
やや小振りな馬で歩くスピードは遅いが、
立ち止まる頻度が少なく、
それなりに役立った。

キャラバン出発地のドゥゲ・ゾンには昼頃着いた。
荷馬の一行が併せて来る様子もないので、
昼食を摂って、ドゥゲ・ゾンへ見学に行く。
廃墟になりかかったゾンは、
現在は修復中で、その城壁の上に登ると
周囲は一望でき、眼下は一面の棚田だった。
晴れた日にはチョモラリが遠望できるそうだ。

2時間ほど遅れて我々の荷物が馬に運ばれてきた。
結局4頭を見つけることができなかったようだ。
馬方はその内帰って来ると言いつつもしょげ返っていた。

迎えに来たマイクロバスに乗って、
パロの一流ホテルをチェックインしようとしたら、
予約ができていないとうそぶく。
発つ前にデポした荷物と洗濯を
依頼しておいた衣類
(スイカの時と同様フロントの横にそのまま1週間放置されていた)
を引き取って別の小ぢんまりとしたホテルに入った。
ここでティンプーに帰るO氏とM氏、ガイドに別れを告げた。  

5月19日
パロ・ゾンと国立博物館を見学し、
パロの街中で国技の弓試合を見たり、
ショッピングしたりしてゆっくり過ごした。 

夕方には計らずO夫妻がわざわざティンプーから
自家用車で別れの挨拶に来てくれた。 
ブータンビールでトレッキングが無事終わったことに乾杯し、
これまで何かとお世話になったことへ感謝しながら 
そば粉料理を楽しんだ。         

3回は トレッキング後記・・思いつくままに・・を


<<ブータン 旅行・トレッキング (その1)
ブータン 旅行・トレッキング(その3)>>
<<HOME