<<HOME
ブータン旅行・トレッキング(その3)   
期間 : 2007年5月5日〜5月20日

石原武美



トレッキング後記、思いつくままに

1)
ビザ取得日数が2週間だったので、
最も代表的なチョモラリBCへの
往復7日間のコースを選択した。
峠越や雪道や氷河に直接接する事はできなかったが、
大変静かで、自然を満喫できることができた。

2)
トレッキング中は幾組かの
グループとすれ違ったが
キャンプ地では京都で学んだ
アメリカ青年一人の一隊のみで、
BCまで相前後して行った。

3)
我々の荷物及び事前に調達された食料、
燃料、装備等すべてはポーターではなく、
馬で馬草も含めて運搬される。
ネパールのような出発時の喧騒さはない。


我々の荷を運ぶ荷馬隊


4)
行程上において店や集落が少なく、
行きかう人々と挨拶を交わす程度で
ブータン人の生活に接することが比較的少なかった。

5)
日本人妻を持つガイドは
日本語が流暢で、物知り、
我々に対してのサー ビスには努めていたが、
登山経験は無いので、
歩くペースや高山病対策には
余り感心を示さなかった。

6)
60歳前後の私達は片道50kmを
3日間かけて歩くのに少し不安を感じたので、
保険に加入したつもりで馬一頭を雇う事にした。
この国では乗馬はあまり一般的でないようだが
事前に依頼すれば調達可能だ。
1日500Nu(1500円)程度。
ただし調教は充分でないのか、
馬そのものは仲間意識が強いため
荷馬隊より先行しようとすると、
何度も立ち止まって先へ進もうとしない。
荷馬隊が追い越して先に行ってしまうと
追いつこうとしていきり立つので
振り落とされないよう注意しなければならなかった。
もちろん馬引き(料理のアシスタントが兼務)は
常時手綱を放さないで付き添っていてくれたが・・・。

7)
馬は一日の仕事が終わると
キャンプサイトで放牧され、
明け方にはミネ ラルと穀物につられて戻ってくるが、
中には脱走する馬がいる。
その度に馬方が探し回るため、
荷馬隊の出発が大幅に遅れ、
欲しい物がタイミングよく届かないことがあった。

8)
トレッキング中ミネラルウォーター(750ミリリットル)が
適時支給 され、不足すればガイドが
持参していて直ぐに用立てしてくれたので、
大きな水筒を持つ必要もなく、
軽装で行動できた。

9)
トレッキング中の食事は
シェフが日本人の嗜好を心得ていて、
ブータン料理ではあるが、
食べ易く味付けされ、
豪華なものであった。
(一般的にはトウガラシやチーズを多用するため我々には食べにくい。) 


昼食の弁当    


10) 
宿泊はすべてテント泊り。
大きさは2人用。
要望すれば1人でも利用可。
トイレはキャンプ地の隅に小さな穴を掘り、
長細いテントで覆ってくれる。


宿泊地のテント


11) 
朝目覚めると洗面器を持ってきて
湯を注いでくれるので 
洗顔ができ、ありがたかった。
そしてミルクティーまたはコーヒーを飲んで朝食を待つ。

12) 
雨季に入るのではないかと心配したが
幸いにも核心部では晴れ上がり、   
ブータンヒマラヤの高峰に
接する事ができたことは大変幸運だった。
(同行の気象専門家のM氏から
事前情報をもらいお墨付きをもらっていたのに、
失礼を省みず。)

タンタンカ近くの往路ですれ違った
一組の日本人トレッカーは 
チョモラリを一度も見ることが
できなかったとこぼしていた。


チョモラリ主峰とU峰



13) 
ブルーポピーの花弁の色が
濃いのや淡いのは、個体差ではなく、
環境条件の差で生じる事が後ほど調べて分かった。


ピンク色のブルーポピー



濃紺色のブルーポピー


終わりに当たって
私達夫婦は旅行やトレッキングを
希望した通りに無事済ませることができた。
同行してくれたブータン在住のO、M両氏共々と
一緒にトレッキングを楽しむことができたことや
多くのブータンスタッフ・関係者の協力に対して感謝を申し上げたい。
そして計画段階から各種の手続きや
受け入れを快く引き受けてもらい、
更に滞在期間中において
何かとお世話をしていただいたO夫妻にも謝意を表したい。   



<<ブータン 旅行・トレッキング(その2)
<<HOME