「大山の花」撮影紀行


2005.6.18.
大森武生、上野哲男
今年2月1日にオープンした電子町内会「なかい」
「花ウオッチング」を担当するようになって、
急激に植物に対する関心が高まりました。
つくづく考えてみますと
人間が生きて行く根源は、植物です。
肉、魚など動物性タンパク質も、
植物を餌として成長しているのですから、
根源は植物なのです。
その植物繁殖のスタートが「花」なのです。

毎日近所をウォーキングする時も必ずカメラ持参、
雑草から園芸植物何でも撮影します。
その後が大変です。
写真とその花の名前を同定することは、
かなりの知識を必要とします。
最初は「花」の名前の知っているものから撮影し、
HPのコンテンツとしました。
コンテンツも、今日現在で200カットを越えました。
そろそろ趣味の「山歩き(山登を卒業した)」に
領域を拡大したいと考え、
山岳会の後輩上野君に依頼して
「大山の花」撮影紀行を企画して貰いました。
目標は、大山で一番花の豊富な「振り子沢」です。

上野君と2人、朝6時岡山を車で出発。
岡山インターから山陽自動車道−岡山道−中国道−米子道を経由し、
溝口インターから大山寺へ。
赤松地区を過ぎると、4車線工事が行われており、
両側に「ヤマボウシ」が植えられて、今が満開でした。
8時20分大山寺に到着した。
上杉旅館のおやじに頼んで、
旅館前の駐車場に車を止める。 
身支度を調え8時30分スタート、
ゆっくり参道を登る。
大山寺奥の院・鐘楼の脇に白い穂状の白い花、
多分「ショウマ」の仲間だろうと検討をつけ、撮影する。


サラシナショウマ
鐘楼脇の池の緑に「サラシナショウマ・晒菜升麻」が咲いていた。


奥の院を抜け、大神山神社に到着、
今日の安全を2人で祈願する。
神社の西、トイレの側に樹齢1000年を
越えそうな杉の大木に「アジサイ」風な白い花が
巻き付いているのを発見し撮影。
ここで、30歳前後と思われる女性と出会う。
彼女も花の撮影に来たとのこと。
暫しの立ち話。
米子市在住のプロカメラマン・矢藤益美氏。
上宝珠尾根に咲く「ノミネチドリ」(私は名前も初めて)を
撮影する目的だという。
大山には年間10数回撮影登山し、
大山寺橋の袂の土産物店で画廊を開いている
ことなどお聞きした。今回は、7月20日から
「とっとり花回廊」で写真展をする、
その為の撮影行だとのこと。
我々のコースと合致するので、
同行と花のコーチを御願いしたところ、
快く引き受けて頂く。


ツルアジサイ
樹齢1000年を越える杉の大木に絡まって咲く「ツルアジサイ」


元谷に向けて出発。
とたんに「フタリシズカ」よと、指さす。
なるほど「フタリシズカ」が群生している。
葉の付け根から2本ないし3本の花序を出して小さな花を付けている。


フタリシズカ
「フタリシズカ」


私が岡山で撮影し、HPに掲載したのが5月4日。
標高800mの大山寺では1ケ月半以上の差があるようです。
今日持参した「山渓:ポケット図鑑・夏の花編」は役立ちそうにない、
「春の花編」を持参すべきだったようです。

元谷への道から別れ、下宝珠へ向かう。
ここからが彼女の真骨頂です。
この辺には、大山特有の「ラン」があるはずと、盛んに探す。
まず、見つけたのは「ギンリョウソウ・銀竜草」
真っ白い透き通るようなキノコでないか。
草丈6〜7センチで、スズランの花の形に似た花を1ケ付けています。
薄暗い林の腐葉土に生育する腐生植物で、
別名「ユウレイタケ」(彼女は「オバケタケ」と呼んでいた)とも
呼ばれるのだそうです。


ギンリョウソウ
「ギンリョウソウ・銀竜草」
別名「ユウレイタケ」(「オバケタケ」)



次に、待望のランの仲間(名前を書き留めたメモを
無くしてしまって、不詳)を発見、
下草の中に1株小さな白い花を付けていました。
素人の我々にとっては、
教えられてやっと気づく花です。
さすがプロです。
大山の気候が作り出す自然の特徴をよく把握して、
その自然が作り出す植物、1つ1つの個性を、
自分の撮影技術で表現する。
これがプロ写真家なのだとつくづく感心させられました。
我々素人は、ほとんどデジタルカメラ、
それもほとんどオートに設定して撮影してますから、
上手く写ればもうけものです。
彼女は、衣服の汚れるのもいとわず這い蹲っての撮影です。
カメラも1200万画素のデジタルカメラと
フィルム銀塩カメラのダブル撮影です。
機材だけでも結構な重量だろうと感心してしまいます。


コケイラン

コケイラン
名前不詳のランの仲間(コケイラン?)。
接写はいずれも彼女が接写レンズを
デジカメの前に添えてもらって
撮影したものです。



次へ>>

<<HOME