暫しの撮影の後、下宝珠に向けて登る。
昨年、村上先輩50年祭の時、
70歳を超す河合先輩とこの道を登った時、
ついて行けずバテたことを思い出しながらゆっくり登る。
息が切れそうになった中腹まで来たとき時、
彼女が「ハナイカダ・花筏」を発見してくれた。
これも素人には発見出来ない代物です。
上手く名付けたものです。
葉を小舟にし、葉の主脈上に小さな薄緑の花を付けています。
秋になると7〜9ミリの実が熟し食べられるのだそうです。


ハナイカダ
「ハナイカダ・花筏」
葉の真ん中から小さい花が咲いています。
不思議な花です。



このあたりまで登ると、見事なブナ林となって来ます。
一抱えほどのブナの大木が倒れ、
朽ち果てた木に「ヒラタケ」が群生していました。
持ち帰ってみそ汁に入れたら美味しいだろうな、
なんて考えていたら、10数人のシルバートレッカー集団が
登って来て、そのチャンスを失ってしまった。

ようやく、下宝珠尾根の稜線に到着して大休憩、
パンを1つお腹に詰め込んだ。
休憩中、彼女から、食べれる植物の講義。
「コシアブラ」は、天麩羅が最高!
最近は「ウド」より人気がある。
この実は美味しいなどなど・・・、
色々と食べられるものが沢山あるようです。


コシアブラ
今人気の「コシアブラ」。



矢藤益美氏
同行させてもらった米子市のプロ・カメラマン矢藤益美氏。


ここでまた、仲間が2人増えました。
大阪から来られた熟年夫婦です。
松原市に住み、金剛山をウォーキングして
楽しんで居られる由。大山は初めてで、
ルート不案内の様子。
花を散策して適当な所から同じルートを引き返すとおっしゃる。
我々も宝珠尾根の花の散策をして、
砂滑りを下降する予定
「同行したら」と勧める。
特に今日は「花の専門家が同行している、
こんなチャンスは、めったにないですよ」と、
自分の事のように勧めてあげ、
パーティーは5名となった。


中宝珠に向けて登る。
このあたりのブナ林は素晴らしい。
何百年の月日を重ねて形成されたのであろう。
ブナ林を透かして大山北壁も見え隠れする。
縦走路には「オオカニコウモリ」、
「マイズルソウ」、「イワカガミ」などもあるが、
に花は終わっている。尾根の東、
三鈷峰への谷には、色々な樹木が見える。
点々と白い花を付けた樹木が固まっている所がある、
多分「ヤマボウシ」の大木だろう。


ブナ林

三鈷峰
上・ブナ林
下・三鈷峰


オオカニコウモリ
葉の形が蟹とコウモリに似ているので「オオカニコウモリ」
言われてみれば似ているかも


ヤマボウシ
今が盛りの「ヤマボウシ」


また、「ナナカマド」も花を付けていました。
私が山岳部員だった頃は、
キャンプで枯れ木を燃やして炊事したものです。
先輩から「ナナカマド」は、7回燃やしても、
燃え尽きないので、たき火に使うなと
教えられたものですが、現在の山岳部員は、
全てブタン・ガスコンロまたは
灯油バーナーを使うので、
そんなノウハウを知る由もなかろう。


ナナカマド

ナナカマドの花
「ナナカマド」の大木と花


次へ>>

<<戻る

<<HOME