プロの矢藤益美氏が、
縦走路の脇の草花を次々と解説してくれます。
彼女が教えてくれる花は、
我々素人が気付かないものばかりです。
「アカモノ・赤物」もその一つです。
下草の縁にそっと咲いています。
顎の部分が赤く「スズラン」を小型にしたような白い花です。
葉が光っている「イワカガミ・岩鏡」と同じ場所で見つけました。


アカモノ
「アカモノ・赤物」
花が終わると赤い実がなる。
「小さいけれどりんごの味がしておいしい!」(矢藤氏)とのこと
ジャムや果実酒にもできるそうです。



大半の「イワカガミ」は、
花が終わって残念と思っていましたが、
やっと見つけました。


イワカガミ
「イワカガミ」
上宝珠付近に咲いていました。


葉が丸くて光沢あるのを鏡になぞらえて命名したのでしょうか。
岩場に花の終えた「オキナグサ」も見つけて下さいました。


オキナグサ
「オキナグサ」
花は終り、名前の由来となった
灰白色の羽毛が密生している



マイヅルソウ
これは「マイヅルソウ」


ダイセンクワガタ
「ダイセンクワガタ」
虫のクワガタではなく、花の名前です。



サンカヨウ
「サンカヨウ」
谷沿いの静かなところに咲いていました。



タニウツギ
「タニウツギ」もピンクの花を咲かせています。


花の探索を楽しみながら、
やっと中宝珠に到着、ここで昼食。
ここまで来ると右は荒々しい北壁、
左は三鈷峰、天気もよく風が適当にあり、
大山の景観を満喫出来ます。

中宝珠からの道は、所々に崩壊ヶ所があり、
北面の登りは、結構急傾斜であったりして
久しぶりの山登りの感じがした。
やっとこさで上宝珠に着いたが既に2時を廻ってしまった。
ユートピア小屋、そして振り子沢までは
1時間以上かかるだろう。
矢藤益美氏の撮影目的「ノミネチドリ」も、
ここの近辺で撮影出来るとのこと。
今日は、ここまでと決定した。


上宝珠
崩壊箇所にはロープが固定されている。

矢藤、上野、大阪の奥さんは「ノミネチドリ」の撮影。
私と大阪の旦那さんは、
景観を堪能しながらの一服、これが、また実に楽しい。
ここから大屏風岩がよく見える。
大学3年の秋、利光君と2人岡山大学山岳部として初めて
この岩壁に挑戦した。登攀時間6時間程度と考えていたが、
中央カンテで行き詰まり、
カンテ直下で日没となってしまった。
50センチ四方の岩場で2人が夜を過ごすことになった。
岩に3本のハーケンをたたき込み、
2人並んで座り込み身体をロープで固定して夜を過ごした。
幸い天気は良く、日本海のイカ釣り船の光が
綺麗だったことを思い出す。



元谷から見上げる大屏風岩と中ノ沢(右)


ノビネチドリ
「ノビネチドリ」
目立つきれいな花だけに、
盗掘されることもよくあるという。


下山ルートは砂滑り。
私は40数年振りだが、上野君、大阪のご夫婦は初体験。
まず、私が降りてみる。
雨が少なかったため落石はほとんどなく、
砂滑りの状況は非常によい。
それから矢藤氏が付き添って、
3人の初心者に降りて貰った。
この真砂沢の両岸は「ヤマウド」、「イタドリ」、
「コゴミ」など山菜の宝庫だ。
今晩の晩酌のつまみにしようと、
少々頂いてザックに詰め込む。


砂滑り
砂すべり下降ルート。
軽快に下っていく。
元谷小屋まで1時間ほどで到着してしまう。



後は、坦々と下るのみ。
元谷の道路の端で、何処にでもある「ミヤコグサ・都草」に出会った。
ようやく「大山の花」撮影紀行も終了したように実感した。


ミヤコグサ

ミヤコグサ
「ミヤコグサ・都草」


上杉旅館前の駐車場で、
偶然な出会いパーティーの記念撮影をして、お別れしました。
矢藤益美さん、今日は一杯一杯花の情報有り難う御座いました。
また、プロカメラマンの神髄を見せて頂きました。
大阪のご夫婦、楽しい花・撮影紀行になりました。
また、どこかでお会いすることが出来ますよう、
元気で歩きましょう。(参照図書:山渓「ポケット図鑑」)


<<戻る

<<HOME