大山ヒュッテ改修 記録
<<HOME


2007.11.25.
報告/岡山大学山岳会事務局・大森武生


概要
2007年8月、村上祭でヒュッテに集った際、
ヒュッテ1階の床板が波打って居ることに気づき、
畳を上げ検査したところ、
床板はボロボロ、根下もかなり破損していることが判明した。


50年を経過しても、基本はびくともせず、ブナ林に堂々と立っているヒュッテ。



1階床板、根下が破損、至急改修を必要とすることが判明した。

大至急改修を必要とするため、
山岳部顧問教官・香川君に大学当局と相談して貰った。
結論として、大学当局/(学務部学生支援課)が、
改修資材を購入、大山までの輸送、
駐車場からヒュッテまでの荷揚げを担当、
山岳会が改修工事を担当する計画になった。


大学担当課による資材調達、輸送、荷揚げ
10月26日
木梨学務部長、島田学生支援課長、
学生支援課担当・東氏、他2名、
山岳部顧問・香川教授は、
トラックにヒュッテ改修資材を積み、
ライトバンに4名が乗り、
大学を7時20分に出発。
山岳会から中務(31年教育卒)、
大森(37年農卒/事務局)も7時半岡山を出発。
昨夜来の雨の天気で山は見えない。
10時大川寺、上杉旅館前駐車場に到着し合流した。
この頃から雨が上がった。
大学関係者6名で大山橋駐車場から改修資材の荷揚げ。
中務、大森は持参した改修工具を荷揚げする。


改修資材荷揚げに参加頂いた木梨学務部長、
学生支援課4名、山岳会3名。


資材荷揚げは約1時間ほどで完了。
早速畳を上げ、ボロボロの床板、腐った根下を撤去し
荷揚げした角材で補強する。
学生支援課東氏はプロの大工をも
ビックリする腕前で作業は急ピッチで進む。上
杉旅館の親父をご足労して防腐剤を購入して、
しっかりと防砂処理も行った。


根下の補強作業。


根下に防腐剤の塗布


一部仕上がった床板

昼食を含み、10時から5時間、
午後3時までに改修作業見通しが付いた。
11月、山岳会で改修作業の続行、
廃材の処理、トイレの改修、内外の清掃、
ゴミの処理を行うこととした。


山岳会による改修工事
工事日を11月19、20日と計画し、
岡山近辺在住山岳会会員に呼びかけた。
11月19日倉敷から中務(31教育卒)、
定金(36教育卒)、田中源(42法文卒)が定金車で、
岡山から河合(28法文卒)、徳田会長(32教育卒)、
大森事務局(37農卒)が徳田車で10時出発する。
好天が続いた秋でしたが18日夜から山陰は雪となり、
朝には高速道路は冬用タイヤ装着情報が出るなどの天気でした。

12時蒜山で落ち合う。
山は昨夜の雪で白銀、
山裾は紅葉がまだ残っており、
そのコントラストを楽しみながら休暇村で昼食。
定金車は四駆のスタットレスタイヤのため
蒜山−大山道を、徳田車はノーマルタイヤのため
再度米子道を溝口まで行き大川寺へ。
大川寺到着は13時、
上杉旅館の親父夫婦が雪を心配して迎えてくれた。
しばらく定金車を待つが、
到着しないのでヒユッテへ上がり改修工事を始めた。
定金チームは15時になって漸く到着。
蒜山の昼食場所にカメラを忘れ、
蒜山−大山を2往復したとのこと。
全員揃ったので改修工事は急ピッチで進む。


角材で根下を施工、柄も十分に設置、防腐剤を塗布する。


最近は大工道具が発達しているため、
玄人に負けない改修工事が行えた。



床板を張る定金氏。


床板が仕上がり、畳をセットして出来上がり、
畳と上敷きを綺麗に拭き込んだ。



改修工事メンバー
(左から田中、定金、中務、河合、徳田会長、撮影:大森)



流しの横の食器棚にも化粧合板を 貼り付けた。


トイレのドアも永年のあかを拭き取り、防腐剤を塗布。


左側トイレは夜間緊急用として ポータブルトイレを設置。


右側のトイレは閉鎖し、灯油の保管庫とした。


外のゴミ置き場も整理して、蓋を設置した。

改修工事はあらかた11月19日終了した。
11月20日。破損した床板材、ヒュッテ2階に何十年も前から
貯まっていたであろうゴミを処理する。
燃えるゴミはすべて焼却処分、金物、石、
陶器などはハンマーで小さくして穴を掘って埋める。
建設されて53年ぶり、完全リニューアルが出来上がった。

これだけの施設は、もう作ることは出来まい。
学生達の利用が少ないのが残念です。
大学当局と話し合って、
旺盛に活動している市民トレッカーの大学OBにも
活用できるようにしたらと考えています。

11月20日午後13時、すべての作業を完了し、
最後に残ったゴミをもって上杉旅館に引き上げた。
最後に行ったストーブの燃焼試験が
不調に終わったことを上杉の親父に報告した。
親父曰く、ストーブは大川寺ガソリンスタンドから購入したものであり、
検査し修理する手配を確約してくれた。

おわり。

付則/トイレ入り口に設置した「トイレ使用規定」。
トイレ使用についての お願い
ヒュッテ内のトイレは、夜間緊急トイレとして使用下さい。
通常には、大山橋駐車場トイレ、
上杉旅館前駐車場トイレを使用して下さい。
夜間緊急トイレの使用規定
1. ヒユッテに到着したら、便器に水と消臭液を入れて使う準備をして下さい。
2. トイレを使用したら、ヒュッテ出発前に、外に穴を掘り、汚物を埋めて下さい。
3. トイレは、次の方が使用することを考えて清潔に整備しておいて下さい。

岡山大学山岳会・事務局(ヒュッテ管理ボランティア)


<<HOME