キャラバン隊の出発 〜前編〜



2月16日
朝食をしている頃より、
ポーターが集まりはじめ、
荷物のまわりに群れをなして座っている。
ポーターナンバーとパッケイジナンバーが
あわなくて混乱する。


ポーター出発前の荷物のふりわけ風景

ギャルチェン、サムデン、山崎が大奮闘をする。
最後の一群(43名)がなかなか腰をあげない。
その中の数人の目つきのするどい男がきて
ここまでバスでやってきたからバス賃をくれという。
要求をのむことにして、その一団が
出発がし終えたのは13時30分であった。

タクシーでポカラのはずれまで行く。
マディコーラの段丘をのりこえのりこえして
ギザンにつく。河岸段丘上の大木の
点散する草原上のキャンップ地からは、
アンナプルナ南峰、マチャプチャレが
夕日に照らされて美しい。
村の有力者がきて、各登山隊が
この村に少しでも金を出してくれれば、
立派な学校が立つのにという。


ガンダギ国立公園(ポカラ)


ポカラに集う隊員


2月17日
鳥の声が満ち、すがすがしい朝をむかえる。
朝食はオムレツである。
荷物の中、木の下、部落の家、
あるいは昨夜のポカラまで帰ったのか、
昨日通った川原の道から
ポーターたちが集まってきた。
はやばやと自分の荷物をかついで
出発している者もある。
ヤンザは細長い、木々の豊富な
段丘上にできた部落である。
土の家、石の家、ブタがあちこち、
牛を追う者、水牛が汚い水の中を這っている。
段丘がきれ、河原におりる。
大木の下で休んでいると2人の男が
バイオリンみたいな楽器を
私たちの前でひいてくれる。
一曲終わったあと金をくれという。
頬をはられたようないやな気持ちにさせられた。
ロバに鈴をつけた行商が
ガラガラと通りすぎていった。


タラパニ村の風景


隊荷30kgの上に子供をのせて運ぶ女性のポーター


ノーダラ峠から下って来たチベッタンの商隊


2月19日
ギザンの段丘をくだるとドビコーラのつり橋があり
通行料をとられる。橋を渡った田んぼで
ポーターが動かなくなった。
先行する都岳連隊は18Rsになったから
我々も同じにせよとのストライキである。
クスマのチェックポストでそれを確かめ
都岳連隊と同じにすることでその場を解決する。
都岳連隊にも手紙を送り確かめることにした。


2月20日
カリガンダキとミャグディコーラが
合流したところがベニである。
この地方の要地として、かなり大きな街となっている。
街外れの大きな木のある草地の
キャンプ地は物見高い人々でいっぱいだ。
特にドクターのまわりには病気を
持った人が診察の順番を待っている。
ドルジの通訳で症状をきき、
手当てをするドクターは今日も忙しそうである。

メールが都岳連隊の手紙を持って帰ってきた。
岡大隊が値上げしたというポーターのストライキで
やむなく値上げをしたということであった。
巧妙なポーターの策略にひっかかってしまった。


湯本ドクターの活躍



<<登山記録へ戻る
<<HOME