〜後編〜

2月21日
夕食後はじめてのシェルパ、
隊員の正式の顔合わせをし、
ささやかな主演を催す。自己紹介をする。
シェルパたちははずかしそうにまるで
小学生が先生の前で話をするようであった。
サムデンがきて、シェルパたちは
今日非常に幸福である、しばらく歌をうたったり、
シェルパダンスをさせてくれという。
隊員も混じって夜おそくまで歌とおどりが続いた。


シェルパダンスをおどると仲間意識ができる


2月27日
ポカラよりはミャグディコーラの右岸沿いに、
いくつかの支尾根をこえながら進む。
森林も豊富になり、日本の山によく似ている。
途中2ヶ所程小さなカルカがあり小屋がけして
生活している人があった。
コーナポン谷の出合は広々とした平坦な森林で
上高地によく似ている気持ちのよいところである。
樹々の間からは雪のついた山の斜面が見えてくる。
ドバンである。長野県稜山岳会の碑に黙とうをささげる。
くもり空も夜になると晴れあがり、
ぐんぐん冷え込んできた。
ポーターたちは寒いだろう。


2月28日
起きると霜が一面降っていた。
ポーターは一夜をどう過ごしたのだろうか。
つれてきたニワトリが寒そうに時の声をひびかせる。

女のポーターの荷物の米が少なくなっていることで
コックたちが嫌疑をかけている。
泣きながら弁明しているが・・・・・・真相は?
このポーターはここから去っていった。

ミャグディコーラをさかのぼるにつれ、
T峰はますます高く見上げるような感じになってくる。
都岳連隊を追いこし、しばらくすると雪渓が出てきた。
ポーターははだしである。
1峰側の斜面がやや平らになった木立の
中にテントを張る。靴がなく、ズボンがなく、
食料のないポーターは帰るという。
しかたがなかった。
山崎、サムデンが日当を払いはじめるが
なかなかはかどらず日も暮れかかってきたため
何名かは明朝にもちこした。
ポーターは対岸の雪の少ないところで
たき火をして夜を明かしていた。


ダウラX峰が望まれる。


雪の上を裸足のポーターは進む




<<登山記録へ戻る
<<HOME