登山活動の開始TBCからC3へ 
”下の氷河を通過し、ホワイトピークへ 前編”

3月2日
冷えびえとした朝である。
つれてきた山羊が雪の上をウロウロしている。
T峰の頂は雪煙をまきあげ、4,000mの高度さのある黒い
西壁にドウドウと音を響かせている。
それでもT峰をのりこえた太陽が
やっと射す8時頃には暖かくなってきた。


TBC(3,700m)では荷物の整理に忙しい

昨日DC(デポキャンプ)までのルート工作に
行った先発隊によると、「下の氷河」の
トラバースは雪崩の危険があるとのことで、
今日は定金、サムデン、石原、アン・プタが
DCまでのルート偵察に行く。


3月4日
TBC(仮のベースキャンプ)の上手に石を積み
長いポールをたて、日章旗、ネパール国旗、大学旗をたてた。
そのポールからキッチンテントのポールまで
長いロープをかけ、それに赤、青、黄等の
小旗がとりつけられた。この下を通って
山に入れば安全であるということだ。
午後はシェルパ族の儀式にのっとり
安全祈願の式典を催す。
国王夫妻の写真をかざり、ヒノキの生木をいぶしながら
サーダーの長いじゅもんが続く。
そして隊長、リエゾンオフィサー、登はん隊長、
サーダーのスピーチのあと、
小麦粉を互いにかけ合い、体にぬり合いして、
これからの安全を心より祈った。


TBC(3,700m)に集結した隊員シェルパ総員66名


3月5日
DCまでは、結局昨年通った「下の氷河」を
トラバースするルートを使うことにする。
この氷河には、岩壁帯の上にかかる
ツオーラポン氷河の末端がアイスフォールとなり、
それが崩落、落下するため雪崩の危険が多い。
トラバースするには細心の注意をはらい
氷河の下部を通ることにした。


氷河のトラバース(4,000m地点)、雪崩を避けて急いでわたる


3月8日
「下の氷河」をトラバースし終え、
岩棚を一つあがったところにDCを設営する。


3月9日
DCの5人はBC(ベースキャンプ)にむけてルート工作を行う。
DC以上の岩棚は完全に雪におおわれ、
ダイレクトにアイスフォール下まで登る。
崩壊の少ない部分を選んでザイルフィックスをして、
ツオーラポン氷河上にあがる。
氷河上は雪が多く、クレッパスに注意しながらラッセルをし
昨年のBC(4,800m)に達し、フィックスザイルを1本デポした。


3月11日
定金、山崎、溝畑、サムデン、アン・プタ、ロプソンは
DCよりアイスフォールまでのルートを修正する。
昨年のBC「地点」をさらに通りこしX峰のよく見える
広々とした氷河上4,900m地点をBCと決定した。


BC(4,900m)より、
ホワイトピーク(6,400m)からダウラX峰の稜線



アイスフォール帯の荷上げ。(4,500m地点)


3月14日
BCを設営し、石原、青木、ツェリン、テンバが入る。


3月15日
3日つづきの好天である。だいぶ春らしくなってきた。
BCから石原、市川、ツェリン、テンバがC1を往復する。


3月17日
定金、サムデン、山崎、ツェリン、テンバがC1に行き、
C1の位置を決定する。予定地点より
100m上部の5,400m地点で、
ロックバンドをのりこえるとホワイトピークよりの
支尾根が平たんになる広々した雪原状のところである。
BCも雪がふりつづく。気温は高い。


C1よりホワイトピークを望む


<<登山記録へ戻る
<<HOME