登山活動の開始TBCからC3へ 
”下の氷河を通過し、ホワイトピークへ 後編”



C1から 朝日に輝くダウラギリX峰

3月22日
C1を設営し、石原、黒田が入る。
午後からふりはじめた雪は夜になってもやまない。
せっかく計画通りのC1建設までとりもどすことができたのに
明日からの行動がきにかかる。


3月23日
朝おきると雪でテントがうまっており
なお雪はふりつづく。各テントとも停滞とする。


3月25日
朝晴れていたので天気の回復かと
C1の石原、黒田がBCにくだり始める。
BCからもサポートに向かった。
ロックバンド上までくだってきた2人は
胸までのラッセルとビシィという
雪崩の産声でC1に引き返す。


3月26日
一時的なモンスーンも終わり
久しぶりの好天となる。ロックバンドには
大量の積雪があり表層雪崩は確実だ。
C1の石原、黒田は雪崩に対処して、
アンザレインで岩と雪の接線部分をくだる。
BCからはトランシーバーで誘導する。
黒田が接線部分に足をつっこんだ瞬間
「ドーン」というにぶい音、彼の足もとの雪は
板状にづり落ちている。
最初はスローモーションでやがて雪煙をあげ
雲のようにもくもくとスピードをあげて
まわりの雪をさそいこんで
下のわれわれを目がけて音もなく迫ってくる。
雪煙につつまれ何も見えない。雪煙がおさまり
上を見ると黄色の二つのかたまりが
もとの斜面にへばりついていた。
急いでトランシーバーで呼ぶ。
「今日、雪を落としていないと明日このルートが通れないぞ」
元気な声がかえってきた。


BC下部の岩壁雪崩


3月30日
C1の山崎、青木、平塚がC2までルート工作を行う。
C1からのルートはホワイトピークの支尾根が
徐々に傾斜を増していく広い雪の尾根である。
C2付近は急な斜面でテント場がなく、
テント場づくりが必要である。


C1の朝


4月3日
C2のテント場の雪棚の側壁をスノーバーで補強し
C2を設営、山崎、青木、盛岡、テンバ、アン・プタが入った。


C2(5,900m)は急斜面につくられた。


4月5日
C2の石原隊はホワイトピーク(6,400m)
直下までルート工作を行う。


4月7日
好天が続いているのにC2以上のルートがのびない。
明日からのルート工作のため平塚、川口、市川
ロブソン、テンバがC2入りをする。


4月9日
朝晴れていたが雲行きが悪く停滞とする。
C1のテントは入り口が南側にあるため、
出入りの際、雪がテントに舞いこんでくる。
シェルパの故郷の話、帰りのキャラバンの話し等で
憂うつな沈殿日もほのぼのとした希望がわいてくる。


4月12日
C2よりのルート工作隊はついにホワイトピークに達した。
細い雪稜が行きづまったところから
雪稜の左側の雪壁をトラバース気味に
ホワイトピークへ達する。


ホワイトピークの稜線は厳しい



<<登山記録へ戻る
<<HOME