C3からC4そして頂上へ 〜前編〜



C2よりU峰、V峰が朝日に輝く。


4月15日
猛烈な吹雪である。
ドーンドーンとテントにぶつかる風で
つぶされるのではないかと思われる。
全テントは停滞とする。
C2の状況は1時間おきにC1と連絡をとる。
午後1時の交信で、C2に雪崩の
危険を感じたという連絡が入る。
すぐC2にくだるよう指示し、
C1から定金、市川、サムデン、
ロウ・シェルパ4人が迎えにいく。

C2ではあせるシェルパが2人が
単独で先に出発してしまった。
これを追って山崎、森岡、ツェリン、アン・プタが
その2人をつかまえようとして出発する。
ところが無断で出た2人のシェルパは
後発した石原らのパーティと出会ったのであるが
それを追った山崎パーティがルートを失ってしまった。
好天であればC1〜C2のルートは
一望できる広い雪の斜面である。
赤旗は30mおきにつけてあるが、
1つ先の赤旗を確認するためには
しばらく立ちどまらなくてはならない。
すぐ前を行く者の姿が見えないこともある。

山崎等がいなくなったことを知ったサムデンは、
すぐ隊員、シェルパをザイルに結び、
赤旗を基点に横隊をつくって吹雪の中をくだる。
必死で叫ぶ声も吹雪にかき消され、
口もとにつららがさがる。
とても見つかるような状況ではなかったが
ほんの3〜5秒間であったろうか、
空にポカッと明るい穴ができ、
視界がスーと広がった。
この時ツオーラポン氷河の源頭へ
下ってる4人を見つけたのである。
再び視界はとざされ猛吹雪が続いた。

こうしてシェルパの果敢な行動により
危機を脱することができ、
全員C1に集結することができた。



ホワイトピーク(6,400m)からX峰(7,618m)


4月18日
久しぶりの落ちついた快晴を迎える。
今までの天気の統計から、天候が安定すると
だいたい2週間はつづくことがわかった。
この間に南東尾根にルートを進め登頂の
チャンスをつかみたいということから、
一応4月29日か30日を登頂日と
決めて全力を投入することにする。
これからは好天がつづくかぎり
定期的な休養日を設けない。


4月20日
ホワイトピークから、ナイフリッジを経て
南東尾根が急上昇する手前6,400m地点に
C3を設営し、山崎、森岡、黒田、テンパ、ロプソンが入る。


C3(6,400m)に着いてもロープははなせない


4月24日
C3からは山崎、森岡、黒田が
C4に向けて最後のルート工作を行う。
午後1時に昨日のデポ地点をこえて
1ピッチ進む。3時についにC4予定地に到着した。
平坦な比較的広々とした雪上である。
高度計は7,050mを示した。


C4(7,050m)地点


4月25日
C4の高度が7,050m、あと頂上まで600mだ。
C4から十分頂上が往復できるのではないか。
一応C4からC5予定地点までルート工作をした後
C5を設けるかどうかを決定することにする。


4月30日
C4からルート工作に行った石原、黒田、
ツェリンはついに最難関のナイフリッジのピークを越えた。
そこからは雪の斜面が3つの起伏を経て
頂上につづいている。
これ以上のルート工作の必要はない。
C4から8時間で頂上に達することができるだろうと判断、
その由をC3の登はん隊長に伝える。
都はん隊長はC4の全員の体調を聞いた後
サーダーと相談、C4から直接頂上を往復できること
休養をとり、好調の森岡が今日C4入りしたこと、
13日間つづいた好天は明日1日はもつだろうということ、
C4の隊員、シェルパの体調が悪くないことにより
午後5時の交信で明日アタック態勢に入ることを
全テントに指示した。
アタック隊員は森岡、ツェリン、サポート隊に石原
黒田、それに8mm撮影をかねた小倉を決定した。
そして明日の行動について細々とした注意を与える。


C4(7,050m地点)最終キャンプ地





<<登山記録へ戻る
<<HOME