C3からC4そして頂上へ 〜後編〜



7,000m付近を行く


5月1日
C4では午前2時起床、出発の準備をする。
他のテントでも同時刻に起床、
それぞれの行動準備にとりかかった。

午前5時、アタック隊、サポート隊がC4を出発する。
C3以下の各テントからも、上部テントにむけての
サポート行動を起こす。
トランシーバーは全局、電池を入れかえ、
カイロをつけてスタンバイにした。
C1のドクターはどんな事故にも
対応できるよう医療器具を整える。
頂上のルートのよく見えるC2が
連絡本部となり、山崎がこれにあたる。
36人の全員の目が、心がアタック隊の行動に集中した。
午前8時、アタック隊はザイルフィックス地点を通過、
いよいよ道の頂上へ向けて、
一歩一歩ゆっくりであるが、確実に踏み出していった。

12時丁度
「頂上についた、これ以上高いところは見当たらない。
T峰も低く見える」
という森岡のとぎれとぎれであるが
元気な声が全テントのトランシーバーを振動させた。
泣き声とも歓声ともつかぬドーという声が
各テントからひびき、一時混信状態となる。
楳木隊長の音頭でバンザイを三唱する。

1975年5月1日正午であった。
岡山大学の旗が未踏峰ダウラギリX峰7,618mの
頂上にしっかりと立てられ、
チベット川の風にパタパタと音をたててはためいた。


頂上(7,618m)で国王夫妻の写真を手にシェルパの勇姿


頂上隊員は写真をとり、
岡山大学山岳会の先輩が眠る大山二の沢の石、
ネパール国王夫妻の写真を頂上にうめて
午後1時くだりにかかる。

2時サポート隊と合流した。
サポート隊は昨日のルート工作終了地点から
さらに7,500mまでフィックスをのばす。
あと100mで頂上だが、時間、体力から判断して
アタック隊と共にくだることにする。
そして午後5時、C4にふらふらになったアタック隊、
サポート隊が、夢遊病者のような足どりで帰ってきた。
C3から迎えにきた隊員とだき合って泣いた。
無事C4帰還の報に再び各テントは
興奮のうずがまき、手をとり合って涙した。

隊員の体力の限界、天候のくずれの心配等により
第2次登頂はとりやめることにする。


頂上(7,618m)より


5月2日
C4撤収、テント、酸素ボンベをおろす。


5月3日
C3、C2を撤収して全員C1に入る。
南風が強く、吹雪となり、雪だるまになってC1に入った。


5月4日
C1を撤収、全員BCに集結した。
BCの隊長、リエゾンオフィサー、功野、コックのダヌーが
心づくしの歓迎をしてくれる。
みんな楽しそうに集会テントで話し合い、
笑い合い、写真をとったり、ヒゲをそったり
一番平和な一時をすごす。
夜は盛大な酒宴を催し、
とっておきのナポレオンをぬいた。
夜おそくまで、4,900mのツオーラポン氷河上の
BCは歌声、笑声がつづいた。
集会用テントの中では隊員、シェルパが
入り乱れてシェルパダンスがくりかえされた。


5月7日
シェルパ達はもう1日BCにとどまり、
隊員は全員TBCにくだることにする。
2ヶ月すごしたX報の見えるこの地に名残を惜しみ
一歩一歩かみしめるようにくだっていった。

くだる毎に空気の密度が増し、
肺の中に入ってくるのがはっきりわかる。
空気がおいしい。荒れた「下の氷河」をトラバースし
TBCが見おろしできる岩に腰をおろす。
岩壁帯には雪はまったく消え、
茶色の草原上に黄色いTBCのテントが見える。
吹く風はいまだ冷たいが、草のかおり、
土のかおりをのせた風が首筋をなで
あまりのなつかしさに身震いする。
長いきびしい厳冬の世界から、
あと一歩で生気に満ちた世界に入ることができる。
水もとうとうと流れている。
まだ花は咲かず、緑も浅いが、春の息ぶきの満ちた
TBCのキッチンルームで2ヶ月ぶりにお茶をのむ。
この夜、ネパール放送がわれわれの成功を
全世界に伝えるニュースをキャッチした。


TBC(3,700m)付近からダウラギリX峰



5月10日
サーダーが今日は隊員は休んでくれ
シェルパだけで荷物回収をするからといってくれ、
それにあまえることにした。
洗たくをしたり、頭を洗ったり、近くを散歩したりして
ゆっくりとすごす。

夕方、ポーター集めに行ったテンバが
息せきって帰ってきた。
そのあとをポーターたちが続々到着、
たちたちまちのうちにTBCあたりは
騒々しく活気づく。
ポーター集めにまだ時間がかかると思っていたが
テンバは5日間で集めてきたのだ。
彼は上部で調子をくずし、
そのとりもどしをしたいとの意向が
彼の行動の中にありありとうかがうことができる。
ポーターが集まった以上、
出発しなければならない。
明日出発ということであわてて
荷物の整理を行う。






<<登山記録へ戻る
<<HOME