<<戻る
<<HOME
未だヒマラヤへ行った事が無い方へ
(フラフラになって帰ってきて)

岡山大学山学会:藤田 信



昨秋OUACヒマラヤトレッキングに参加して、
エベレストを眺めに行ってきました。
ヒマラヤのスケールの大きなこと、
口では言い表せない程凄い!さすがです。
「岩と氷の世界」の迫力を久方ぶりに堪能しました。
残念ながら、日本の山、
特に私がよく登る八ヶ岳(スケールが小さい)や
南アルプス(樹林が多い)では到底味わえない迫力です。



写真―1 聳えるカンテガ(6,783m)
ルクラ村のすぐ後ろにこんなに大きな山々がそそり立っている


ずっと昔の若い頃、
日本の登りたい山がまだまだ沢山あったころ、
ヒマラヤなんて剣〜穂高の縦走のようなもの、
わざわざ遠くまで出かけなくてもと考えていましたが、
これは大きな間違いでした。
ヒマラヤへ初めて行って見て良くわかりました。
「岩と氷の世界」、これこそが、ヒマラヤのヒマラヤたる所以です。
そしてヒマラヤと北アルプスとでは、
当り前の事ですが山のスケールと高度がまるっきり違い、
これが考えている以上に大変に困難な事でした。
試しに比較してみると、

<剣→穂高 : ルクラ→カラタパール比較>
剣→穂高室堂平2,450m→剣2,998m→
立山→薬師→奥穂3,190m
ルクラ2.810m → 
カラタパール5.540m
距 離(約km) 51 48
高度差(m) 740 2.730
累積登高高度(約m) 3.990 3.600

こうして比べてみると、
剣→穂高の方が距離もやや長く、
累積登高高度も大きいです。
しかし山の大きさが全く違うのです。

西鎌尾根の左俣岳直下(約2,600m)から眺める
槍ヶ岳(3,180m、写真―2)と、
ルクラ→カラタパールの中間・タンポチェ村(3,860m)から
眺めるローチェ(8,516m、写真―3) とはほぼ同じ大きさに見えます。
仰角がほぼ同じです。
しかし西鎌尾根(左俣岳直下)→ 槍ヶ岳の
直線距離は僅かに2 .5kmです。
タンポチェ村→ローチェ間は約20kmもあり、
これは五色ケ原から遥か遠くに槍ヶ岳を望むのと同じ距離です。
五色からの槍に較べ、ローチェの何と大きく雄大なことか!
ヒマラヤの山々のスケールが如何に大きいか、
こうして較べると良く判ります。



写真―2西鎌尾根(左俣岳直下)からの槍ヶ岳

そして最大の違いは、高度です。
室堂(2,450m)〜奥穂(3,190m)の単純平均高度は2,820m。
それに比べルクラ(2,840m)〜カラタパール(5,545m)のそれは4,193m。
この平均高度の差1,373mが最大の困難事なのです。



タンボチェ僧院(3870m)から、左からエベレスト、ローチェ


 
写真―3 タンポチェ村から望むローチェ(8516m)

先ずは誰でもが心配するのは高山病。
しかし今回のトレッキングでは殆んどの人が罹りませんでした。
それはツアーリーダーの強い指導の賜物です。
極めてゆっくり登る事、呼吸は深呼吸で行うこと、
大量の水を飲む事、3,000mを越えたら飲酒厳禁
そして食べる酸素等の補助薬品。
これらを皆が一所懸命に守ったおかげで、
大事に至ることはありませんでした。

次は高度から来る食欲不振、
私はこれに参りました。
料理は日本食で味付けも上手で
とても美味く食べられるのです。
4,000m位までは快調でしたが、
これを過ぎた辺りから食欲が落ち、
辛くなって来ました。
もう少し長く滞在すれば順応出来るそうですが、
短期間のトレッキングではそれも叶わず、
私の場合体重60kgが47kgまで痩せて体力が落ち、
急性上気道炎(肺炎の手前)を併発して、もうフラフラでした。
年齢が若いとこれほどこたえる事はないそうで、
老化した体の衰え、これが一番口惜しい思いでした。
其れなりにトレーニングを積んでいたのですが、
未だ足らなかったのか、それとも歳なのか?

5,000mでこの有様です。
かってのダウラギリX峰やガネッシュ・ヒマールU峰、
トリプラ・ヒウンチュリそしてガッシャーブルムT峰等
7〜8,000mに達っせんとする高峰に
遠征された岡大山学会の遠征メンバーの方々、
特に先輩諸兄の驚異的な体力と
それを支えた強靭な精神力に
今更ながら畏敬する次第です。
 
ヒマラヤトレッキング、未だ行ったことのない貴君達、
出来るだけ(1歳でも2歳でも)若いうちに
行ったほうが愉しめますよ。
私は66歳になったばかりで行ったのですが、
「もう5〜6歳若かったらなア・・・。」
とつくづく思いました。情けなかったのです。

私の其れなりのトレーニングは、
@片足3kgづつの錘を付けて毎朝夕1時間づつのウオーキング
(大型犬の散歩を兼ねて)、2年間
A5kg担いで毎日階段2,000段の昇り降り
(最初は1,000段から始めた。  2,000段で高さは約340m)
B10kg担いで毎週1回は高度差500m以上の山登り
(主に奥多摩の山々)
これを真面目に一所懸命やったのですが、足らなかったのです。

出発の半年前に聞いていたのですが、
還暦を過ぎて8,000m級を試みる人達は
もっとハードなトレーニングをやっているようです。
“家の中でも外出しても、3〜4年前から
常に30〜40kg担いでいる。”

“ウオーキングマシンで15°の傾斜、速度5km/hrを15kg担いで、
1日2時間以上を2年間は続ける。”
などだそうです。

「エベレストに登る訳ではないから、そこまでやる事もない。」
と多寡をくくったのが大間違いでした。
私がやっていたトレーニングでは、
まだまだ不十分だった訳です。
再度行くときは更に歳を取るのだし、
もっと十分なトレーニングをやろうと思います。
 
フラフラになって帰ってきましたが、
時が経つにつれ“精一杯やった。
”“己に負けなっかた。”との思いが強くなり、
満足感が湧いています。
済みません、トレッキングなのですが
如何しても昔鍛えられた岡大山岳部魂・アルピニズム“
危険と困難とを峻別し、困難には飽くまでも挑戦する。”
の思考になってしまいます。

帰国して4ケ月余り、体重もあと2〜3kgまで戻り、
今年の(日本の)山行に備えて
軽くトレーニングを始めました。
歳なので、トレーニングしないと八ヶ岳でもしんどいのです。

“あの壮大なスケールのヒマラヤを、光り輝く山々をもう一度・・・”
と思いながら・・・。   


写真―4 金色に輝くドルジェラクバ(中、6,988m)、
ナガルコットから




写真―5 夕日に雪煙を上げるランタンリルン(7,234m)、
ナガルコットから



<<戻る
<<HOME