<<戻る
<<HOME
2006・地球を歩く。「ネパール・ヒマラヤ」
井下 義人

2003年ランタン谷トレッキングでは
高山病と言う難病にかかり苦い経験をした。
機会があれば再度挑戦したいとチャンスを待っていた。  
いよいよその日が来た。
カトマンズからルクラまで飛行機でひとっび。
頼んでいたマイポーターに荷物を預け
最小減の荷物を持ってナムチェ、
タンボチェ、と素晴しい景観を堪能できたのはよかったが、
ナムチェあたりから下痢が始まり
タンボチェではピークとなり又かと不安がよぎった。
頭痛、吐き気、といったもろもろの症状はなし、
少量だが食事も食べられた。
私にとって最終コースのタンボチェの裏の
小ピーク4200mにも周りの景色を楽しみながら
登頂することができました。                                    ありがとうございました。                                      


頂上はもうすぐ(4200m) タルチョが見えて来た。



登頂(4200m)シェルパと


エベレスト街道を行く
井下 好恵 

2回目のネパール。 
ルクラからタンボチェまでエベレスト、ローツェ、
アマダフラムの素晴しい山容を眺めながらの
8日間のトレッキングでした。
ルクラ飛行場へ着くと同時に
動悸と頭痛を感じましたが、
しばらくすると収まったのでほっとしました。
わくわく、どきどきのエベレスト街道でしたが
ゴミの多いのには驚きました。
超スローペースがよかったのか、
薬のおかげなのか頭痛もなく
楽しく歩くことができました。  
タンボチェでは星空がとても美しく、
手を伸ばせば届きそうなくらい近くに見えました。
大森さんが準備してくれていた星座のコピーも
寒さで落ち着いて見る余裕がありませんでした。
高度順応のトレーニングの為の
小ピーク登頂では雪の感触も味わい、
凍っている恐怖の下りでは
ツアリーダーのサポートで
無事に下山することが出来ました。


10月30日、誉美、井下夫婦、大森で下山する。
前日の夕食にコックがお別れケーキを作ってくれた。  


10月31日 カラパタール登頂隊の出発を見送ってから
私たち4人とバイジャラさん、シェルパ1人、
プライベートポーターのミグマの7人は
ナムチェへと向かって下る。
大森さんの案で今日はホテル・エベレストビューを経てナムチェへ、
11月2日はカトマンズ泊をナガルコット泊に予定を変更した。  
サーナサでうどんの昼食後、
馬の大森さんより一足先に出発する。
ホテルへの道は今までと違いゴミもなく
道幅も広く整備されすぎていると言っても言い過ぎではないと思いました。
クムジュンの村を巡りホテルへの少し急な上りの所で
大森さん達が追いついた。
ホテルのテラスでコーヒータイムをゆったりと楽しむ。
少し雲がかかっているエベレストを眺めながらの至福の一時でした。


ホテル・エベレストビュー2階のテラスで
お茶の一時を過ごす。
天気が良ければ、
真正面にエベレストが望まれる。

まるで山全体が公園のように整備された中を通り抜けて、
タンボチェへ登った道をずっと下に見ながら
平坦な道をしばらく歩く。
軍の施設とナムチェバザールが見渡せる所で一休みする。
ここからの下りが急斜面でとても滑りやすく、
足もとに注意し、周りの風景も見ながら
へッピリ腰でゆっくり下る。
軍の施設の入り口でヘリコプターの解体作業をしばらく見る。
技術者は皆白人のようでした。
夕食はおかゆと大森さん手作りの梅干、卵焼きなど。 
あまり食欲がないので梅干がおいしかった。  

11月1日、薄曇 カラパタール登頂隊に追いついて
同行するシェルパと別れてルクラへと出発する
バイジャラさんからあまり離れないで
一緒に行動するようにと注意を受けていたが
だんだんと離れてくる。
誉美さんは速い。
私は後ろが気になりながらもマイペース。
大森さんと夫はずっと後ろ。
でもサガルマータ国立公園管理事務所では
休憩をとり一緒に手続きをしてもらう。
学校帰りの子供達に出会ったり、
軍人さんに追い抜かれたり、
馬の大森さんに追い越され
16時40分ルクラ着。
久しぶりのビールがおいしかった。

翌日ルクラからカトマンズへ。
バイジャラさんの自宅でコーヒーをご馳走になってからナガルコットへ向かう。
途中学用品のプレゼントに立ち寄った学校で
「あなたは日本人ですか?」
「名前は?」
と日本語で話しかけてきた女の子がいました。
「from tokyo」など英語でもはなしかけてきましたが、
残念ながら私は単語を並べただけの返事しか出来ませんでした。  

朝日夕日がとても美しいナガルコットと聞いていましたが、
残念ながら雲が少し邪魔をしてしまいました。
朝日は一瞬ですが真っ赤な顔を見せてくれました。
段々畑には菜の花やピンクのそばの花が咲いていました。



昔ながらの街並みが残る
世界遺産のバクタブル・パタンも訪ねました。
ほとんどが建築当時のままなので痛みが激しく、
旧王宮・寺院などこれからの保存には
かなりの課題があると思いました。  

次回は、体力と機会があれば
アンナプルナ山群をこの目で見たいと思っています。


私の最高到達地点、小ピーク(4200m)登頂。




シャンボチェの丘の松林の中にある、 
ホテル・エべレストビュー、玄関にて。


<<戻る
<<HOME