<<戻る
<<HOME
「カラパタ−ル.トレッキング」に参加して
佐藤 佳宏 


今回カラパタ−ル.トレッキングに参加させていただき、
貴重な体験が出来たことを感謝したいと思います。  
今年1月頃から左足が不調で、
はたして参加できるか不安でした。
催行日まで余裕があるので、
それまでには北アルプスなどトレーニング山行で
なおそうと何回も計画しました。
しかし、天候不順で立山に一回行ったのみで、
不安をかかえながら出発日を迎えてしまった。  
リタイアして今年で10年、
その間日本百名山に挑戦しながら
年1回外国の山旅をしてきました。
その第一回目1998年3月に
世界最高峰のエベレストを見たくて
タンボチェまでのトレッキングに参加しました。
間近に見えるタムセルク、アマ.ダブラムなど
初めてのヒマラヤの大展望に感激、
またエベレスト街道沿いの集落、人々の生活等を見て
カルチャ−ショックを受けたことを記憶しています。

8年ぶりに見るエベレスト街道、タンボチェまでは、
当時と比べ日本人、外人トレッカ−とも格段に増えていて、
特にナムチエまでは、正にエベレスト街道の
名に恥じない感じでした。

行きかう地元の人、トレッカ−との
「ナマステ」の挨拶を交わす回数も、
半分位の感じで
「いちいち挨拶なんかしてられるか」
といった感じを受けてしまいました。
しかし、一番感じたのは、
ゴミと家畜の糞尿の匂いだらけだった不潔な
街道と集落がかなりきれいになったこと、
竹で編んだごみ入れが
道べりに設置されていたのには驚き、感心しました。
野口健のエベレスト清掃登山などから
ネパ−ル国民のゴミに対する意識が
変わりつつあるのではないかと強く感じました。
仮にエベレスト街道を日本の国道2号線と比較すると、
2号線沿線のほうがゴミが多いのではないかと感じました。
公徳心をなくしてしまった日本の現状を考えると
10年ほどするとネパ−ルと日本の立場は
逆転しているのではないかとさえ思います。

3年前のランタン・ヤラピ−ク登頂時
マイポ−タ−として私のカメラを担いでくれたダワ・タシ
再会出来たのは望外の喜びでした。



再会した、ダワ・タシ・シェルパ

パクディンで大森さんからダワ・タシが
今回参加していると聞きすぐ会いに行きました。
3年前の話をすると彼も覚えていてくれ、
再会の堅い握手をしました。
当時15歳、人見知りし、はにかみやだった少年は
19歳のたくましい青年シェルパに成長していた。
2年間シェルパ学校で勉強したとのことで、
今回4人のシェルパの中でも中心になって働いていた。
よく気がつき、骨身を惜しまず動き、
英語も話せ、かつイケメンで歌も上手く、
人から可愛がられる青年に成長していて、
一流のシェルパになる素質を持っていると思いました。
今年の春、野口健のマナスル清掃登山で
第3キャンプ8000m近くまで経験したとのこと。
そのうちヒマラヤ登攀の記事に
彼の名前が出てくるのではないかと楽しみです。



ルクラからスタートしたトレッキング。
まずクスムカングール(6367m)に出会う。




ナムチェから念願のエベレストを遠望する。



ナムチェより、ローチェ(8516m)


タムセルク(6623m)



ナムチェからタンボチェへ。
素晴らしい景観でのトレッキングだ。



シェルパがアマダブラム(6812m)を
下山している登山者を発見、双眼鏡で確認。



10月31日朝日に輝く、エベレストとローチェ。


アマダブラム西面、
この山は見る方角で山容が大きく変わる。10月31日


ダンボチェまで順調だった天候も
エベレストが近づくにつれ、雲が多くなり、
時には夕方小雪が舞ったり、
最終宿営地のロブチェ到着時には、
すっかり周囲の高峰群はガスの中になってしまった。
11月3日カラパタ−ル登頂日山頂が近づくにつれ、
ヌプッエは時々顔を出すが、
それ以外の山は全く雲の中
その内ヌプツェまで隠れてしまい、
エベレストをはじめとするク−ンブ.ヒマラヤの大景観が
全くみえなかったのは返す返すも残念。

それにしても、体調不良だった作間さん、
佐藤玲子さんが気力で山頂をきわめたのには
心から拍手を送りたいと思います。




11月31、山容が変わったアマダブラム(北西壁)、
ヌプチェ(7855m)



ゴラクシェップに下山し
昼食で好物のうどんを一口食べたところ
突然吐き気に襲われ、
それから2日間食欲が回復しなかった。
かなり体力的に消耗していたようだ。
その私の状態を川西隊長は気に掛けてくださり、
パンボチェでの早朝、テントを訪ねてくださり
マッサ−ジをしていただいた。
そのお心遣いに心から感謝しております。



11月3日、悪天の登頂日、ヌプチェとクーンブ氷河  


今回のトレッキングの最大の特徴は
高所順応のため歩行速度を極端に落として歩く、
志小田流「パントマイム歩行」だと思う。
志小田さんは今までキリマンジェロ、ヒマラヤなど
全てのトレッキングで全員登頂させているとのこと。
経験から絶対の自信をもっていることは理解出来る。
結果は全員登頂なので正解なのかもしれない。
しかし、下痢、風邪など体調不良者が続出、
隊員は勿論ポ−タ−、アルパインの鹿田さんまで
倒れたのはどうしてなのだろうか。

トレッキング予定表の所要時間と
実際の所要時間を比較すると、
ルクラ〜パクディンでは、
3時間が5時間20分、到着時間14時20分。 
パクディン〜ナムチェでは、
6時間が10時間30分、到着時間18時。 
ナムチェ〜タンボチェでは、
6時間が9時間20分 到着時間17時20分。
タンボチェ〜ディンボチェでは、
5時間が4時間45分 
12時45分に途中のショマレに幕営地を変更、
翌日ショマレ〜ディンボチエでは、2時間45分。 
一日の行程を二日間かけて5時間のところを、
合計8時間30分を要した。

予定所要時間は長年のアルパインの経験から
割り出した時間だと思う。
予定時間の50%以上オーバ−する拘束時間と、
遅い到着時間は相当の体力消耗を強い、
抵抗力の減退をまねいていたとしか考えられない。

私はマイポ−タ−を雇い空身で歩いたが、
2日目からひどい腰痛になり、
それが両足の太もも、ふくらはぎの張りとなった。 
今まで全く経験したことのない症状だった。
今年足の不調に悩んでいたので、
途中リタイアするかもしれないと
不安を抱きながら歩いた。
国内の登山でも、これだけの長時間歩くのは
数えるほどで、到着時間にいたっては
15時を過ぎたことはない。
『早出、早着きは山歩きの鉄則』は、
トレッキングでも例外ではないと思う。
今回は早く到着し、翌日に備えて身体のケアをし、
休養することなど出来なかった。
乾燥した高所、年齢も60歳以上の人が大半だったことを考えると、
超スロ−の歩行に原因があると私は思う。
もし、事前にこれだけの歩行時間を要すると分かっていたら、
私はこのトレッキングに参加していなかった。  

今回のトレッキングの主目的は写真撮影、
中でもサウスコルから上のエベレスト南西壁、
アイスフォ−ル帯などエベレストの核心部、
周辺のプモリ等カラパタ−ルからの
大展望を撮影したいと思っていました。
しかし、それにも増して撮影したかったのが
ヒマラヤの星空です。
私の大好きな写真家、藤田弘基の
写真集「星明りの秘境カラコルム」の影響で、
満天の星と月明かりに青白くあやしいまでに輝く高峰と
星空を撮ることが夢でした。
朝晩赤く染まる山も素晴らしいが、
身震いするほど感動を覚えるのは
月光に輝く雪山と手が届くかと思うほど
満天に輝く星空です。

タンボチェからテントの位置も配慮してもらったりして
撮影に臨みましたが、
タンボチェでは照明の灯、
晴天なのに山には雲がかかっていたりでチャンスがなかった。
10月31日アマ.ダブラムの麓ショマレで
10時頃テントの外に出で見ると、
眼前のアマ.ダブラム、ロ−ツェが
神々しいまでに輝き、屹立していた。
絶好のチャンスと思い撮影を開始した。
露出時間を短めの5分位からテスト撮影している内に
カンテガ方面から雲が湧き出し、急速に移動し失敗に終わった。

それ以後は天候に恵まれなかったり、
体力と撮影意欲も衰えて夢ははかなく消えてしまった。
ヒマラヤのこの時期は晴天率が高いとのことだったが、
午後には必ず雲が発生していた。
これも異常気象の影響だったのだろうか。
いつの日か必ず夢を現実にしたいとの思いを強くしました。

率直に言って、今回のトレッキングはとてもきつく、
心身ともに疲れ果てた状態で帰国しました。
69歳になった自分の年齢と体力の低下を忘れ、
今までの経験から大丈夫と安易な気持ちで参加した報いでした。
これからは無理のない行程で、
のんびりとしたトレッキングをしていきたいと思います。



11月3日、カラパタールからチャングリシャール氷河。



11月5日、帰路ナムチェの西方に輝くコンデリ(6187m)と仏塔  


最後に事務局の大森さん、隊長の川西さんはじめ、
関係者の皆さんに厚くお礼を申し上げます。



<<戻る
<<HOME