<<戻る
<<HOME
エベレスト・パノラマ・トレッキング 13日間

誉美 彰弘

10月24日(火)  バンコクへ
5:00 芦立氏と蒜山を出発。
荷物はケース16.3kg バッグ6.1kg。
岡山駅到着は6:30。
晴れの好天。
ケースを17kg以内に収めるのに何回も入れたり、出したり。
何をどこへ入れたかわかればよいが。

7:29 岡山駅発、
新大阪経由関西空港に9:36着。
11:45 タイ航空 
5時間25分のフライトでバンコク新国際空港着陸。
現地時間15:10(−時差2時間)33°と暑い。
さすが南国。
スワンナプーム空港は新しく開港したばかりとか、
とてつもなく広くて大きく美しい。
しかし、最近の報道によると
滑走路に亀裂が入ったとかで
フル使用できてないようだ。
市内へのアクセス道路これまた立派。
人口700万人のバンコク、大都会だ。
走っている車の9割は日本車のようだ。
18:35 ラディソンホテル着。
夕食はバイキング。
しっかり呑んで食べた。(泊)

10月25日(水)  カトマンズへ
5:30 起床。
晴れの好天。
まずはシャワーで目を覚ます。
朝食もバイキング、ついつい食べ過ぎる。
7:30 ホテル発。
30分で空港へ。
待ち時間に飲んだアイスコーヒーが甘かった。
11:00 離陸(30分遅れ)。
下界に巨大な川が見える。
ヒマラヤの氷河から流れてきているんだろうか。 
3時間25分のフライトでカトマンズ空港に着陸。
現地時間13:10
(バンコクとの時差−1時間15分、日本とは−3時間15分)
標高1.300m、快晴 27.3°。 
14:50 ラディソンホテル着。
一休みの後、中心街ニューロードへ。
車と人であふれるガタガタ道路を
タクシーは勢いよく走る。
タクシーのほとんどはスズキのポンコツ軽ワゴン車。
料金は全て交渉しだい。
ニューロードは人と物であふれている。
ほこりっぽい。
18:40〜夕食。
一杯とバイキングでまた腹いっぱい。




国内便でルクラへ向かう


10月26日(木)  パクディンへ
4:00起床 
なるべく早い便に乗るための早起き。
22°と暖かくよく晴れている。
朝食も、そこそこにカトマンズ空港へ。
18人乗りのセスナ機。
操縦席ものぞけるおそまつ機。
6:20離陸、40分のフライトでルクラ空港着。
滑走路は斜面で上に向かって
短距離で止まれるようになっている。
標高2.840m、晴れ、10°。
 

操縦席とのドアーもない

9:00 ルクラ・ホリディーロッジ出発。
いよいよエベレスト街道トレッキングの始まり。
参加者16人内女性2人(平均年齢65.8歳)
66歳になったばかりでちょうど平均。 
ツアーリーダー2人、サーダー、シェルパ6人、
コック2人、キッチンスタッフ8人、
個人ポーター8人で総勢43人。 
加えてゾッキョ7頭の大所帯。
一緒に歩くのは27人、ゆっくり歩き始める。 
いきなり巨大な白い山が見える。
迫力あり。
クスムカングール(6.367m)とか。 
11:15、タダコシで昼食。
うどん・コロッケ・ソーセージ・野菜等。
デザートにバナナ。
美味しい。
品数、量ともに不足なし、満腹。

12:45出発。
途中ドウドウコシ川(ミルクの川)沿いで休憩。 
14:20 パクディン(2.610m)アップルパイロッジ到着。
谷底で川のほとりにあり、
出発地ルクラより標高は低い。 
ロッジでくつろいでいると雲が広がり、
少し雨が降る。
雨は13日間でこのときだけ。
20゜、15時から「高山病対策6項目」学習。
そのうちの1つ腹八分を守らなかったつけが
後で思い知らされることに。 
17時 最後のビールということで乾杯。
スルメを出す。
田舎の酒飲みしか食べないものかも。 
18:30〜夕食。
ご馳走あり。
さんま・とうふ・ギョーザ・肉じゃが・みそ汁他。
またしても腹いっぱい。


ついつい食べ過ぎてしまった夕食

外には、コンデ・リ(6.187m)・
クスムカングール(6.367m)見える。

10月27日(金) ナムチェへ
5:10 起床 
室温11.3°快晴・空の色がちがう。
コンデ・リが美しい。
午後には山に雲がかかる。 
タムセルク(6.618m)、
クンビラ(5.761m)シェルパの神が
住む山を見ながら歩く。
10:50 モンジョ(2.840m)着。
先回りしたクッキングチームが作ってくれた昼食をいただく。
てんぷらうどん、ポテトサラダ、ひたし、
サンドイッチその他、色とりどり。
キッチンスタッフは、我々の朝食を片付け
鍋、釜、食器を担いで石ころだらけの道を、
我々を途中追い越して、
昼食場所で調理して我々を待っている。
慣れているとはいえ神業みたい。
12:30出発、たっぷり休憩。
休み休み歩くもだんだん足取り重くなる。
ナムチェ(3.440m)に着いた頃には 
薄暗くなり足元がよく見えない。
サクラ・ゲストハウスまでの
最後の登りはこたえたようだ。 
18:00 やっとの思いでロッジにたどり着く。
朝から11時間30分の行程。
高度順応のため、まことにゆっくりペース。
万歩計がカウントしないくらいゆっくり。
19時夕食。
野菜炒め・酢の物・焼きそば・スープなどなど・・・。

10月28日(土)  高度順応日 ナムチェ滞在
6:00 起床 室温9.1°快晴 
すきとおったような青い空。 
8:00〜ビューポイント(軍の施設あり)3.550mを散策。
タムセルク、コンデリ、アマダブラム、
クンビラ、タウチェ、ローチェ、
その奥にエベレスト(8.850m)。
名のとおりのビューポイントである。 
12:20〜昼食 焼きめし・ソーメン・ポテト・
吸い物・佃煮など多彩。15:00〜ティータイム。
優雅なり。 
15:50〜芦立さんとチベット・バザールへ。
石の飾り2つ買う。
値切り交渉の練習。
約半値300(ルピー)×2。


ルクラのメイン商店街、衣料品は中国からの商品で溢れかえっている

途中、足立さんに別れ
一人で少し上を目指す、
写真を撮りながら。
そこでアクシデント。
買ったばかりのデジカメは
足を滑らせ石にコツン。
一巻の終わりになった。
後は、大山氏に借りたデジカメが頼り。
旅はあと8日も続く。
充電式なので電池切れを心配しながら大事に撮る。
なんとか最後まで持ちこたえてくれた。
感謝。 
夕方、家に電話をする。
よめさんビックリ。
1分足らず話なす。
300ルピー(450円)なり。 
18:10〜夕食。
またご馳走。
おでん・カツ・志小田氏手作りの松前づけ・
みそ汁等。食べ過ぎなり。

10月29日(日)  タンボチェへ
6:00 モーニングティー  
室温7.6° 快晴 午後雲広がる。
7:00〜朝食。 
8:15出発。
ドウドウコシ川沿いのプンキテンガまで下り、
タンホチェ(3.867m)を目指す。 
12:45 プンキテンガ(3.250m)着。
ここまでが長い。
腹が減る。 
13:00〜昼食、これまたご馳走。
また、腹いっぱい食べる。
結局これが命取り?に。 
13:55 出発。
途中カンテガ(6.738m)が高く見える。 
17:25 タンボチェ着。
シェルパたちがテントを設営してくれている。
初のテント泊。 


タンボチェ僧院前広場に、テント群が設営されていた。

19:00〜夕食。
親子丼・みそ汁などご馳走出るも食欲なし。
3分の1ほど無理して食べる。
下痢が始まる。
下痢で便所通い夜6回、ほとんど水。
ときに間に合わないことあり。
嘔吐が2回。
まいった。

10月30日(月)  高度順応日 タンボチェ滞在
6:10 モーニングティー、
テント内1.5° 天気よし
午後は雲で山かくれる。
曇ることもあるんだな〜。 
7:20〜朝食。
完全に抜く。
下痢止め2錠もらって飲む。
以降毎食後正露丸を飲む。
帰るまでに一瓶空になる。
8:35 タンボチェの小ピーク(4.200m)登頂に向け出発。
私の最高到達地点。
4.030mより上には雪あり。
10:50 登頂。
東にアマダブラム、西にクンビラ、
北にエベレスト迫力あり。
12:10テントに帰る。


私の経験した最高到達地点4200mからの景観。
左からエベレスト、ローチェ、アマダブラム。


汚い話で失礼ですが、
登りに4回、頂上で1回、
降りに2回、降りて1回、
4時間足らずのうちに8回出す。 
所かまわず、恥も外聞もなし。
昼は完全絶食。
16:30〜チベット仏教寺院へ。 
18:00〜の夕食は、ミソ汁1口飲んだだけ。
19時には寝る。
夜小2回、大1回、ほぼ治まる。

10月31日(火)  帰路ナムチェへ
6:00 モーニングティー、
テント内0.9°朝は快晴も午前中に雲出る。
7:00〜朝食、食欲はあるが遠慮して少しだけ食べる。
8時前カラパタールを目指す本隊を見送り帰路へ。

11:00サナサ(3.580m)着。
大森氏が馬で到着。
タムセルク(6.685m)を写す。
カンテガ(6.314m)も。 
11:40〜昼食 チヤパティー(ネパールの主食)、
うどん、じゃがいも、サラダ、りんごと盛りだくさん。
ほぼ全部 食べれた。
12:20サナサ出発。
ホテル・エベレストビューへのコースをたどり、
草原風の道を気持ちよく歩く。
13:25 ホテル・エベレスト・ビュー着。
日本人が建築・経営、
すばらしい場所に建っている。3.720m。 
展示物等、多くの日本人が訪れているのがわかる。
2日遅れの朝日新聞もあった。
日本語で全て通じる。 
2階のテラスで久し振りに本格コーヒーを飲む。
美味しいが多くて飲みきれない。
エベレストが雲で見えないのが残念。


長老・大森さんは馬を雇って到着された。

 
シャンポチェの丘の松林に建つ、ホテル・エベレストビューで、お茶の一時を過ごす。

足元に低い草木が生えたジグザグ道を下る途中、
躓いて転び1メートルほど落下。
1回転してそのまま 立ち上がることが出来、事なきを得る。
下方に先日行ったビューポイントが見える。
軍の施設があるため撮影禁止と教えられる。 
15:45 ナムチェのサクラ・ゲストハウス着。
ズボン下を買いに出る。
安かったが、伸縮性がなく履き心地悪し。 
久し振りに歯磨きをし、寝袋に入り休養。 
19:00〜夕食。
ギョウザ、おくら、白菜ひたし、大根・
キューリ・ワカメの酢の物、
マヨネーズキャベツ、デザート 
20:30 就寝。

11月1日(水)  ルクラへ
5:00 起床 
9.1°曇り  山は見えず 
5:30〜朝食 
長い道のりを歩くので6:00には出発。
2つ目、3つ目のつり橋を渡り順調に歩く。 
8:50 ジョサレ(2.810m)で休憩。
トイレに行く。
まだ少しやわらかい。
4つ目のつり橋を渡る頃(9:05)には晴れて来た。
モンジョには学校があり子供たちが登校している。
10時が始業とか。
5つ目のつり橋通過。 
12:40 6つ目のつり橋を渡ったところに、
マオイスト(毛沢東主義共産党)の関所あり。 
13:00 パグディンにたどり着く。
遅い昼食。
うどん、オムレツ、魚缶、酢の物、
千切りキャベツ、サンドイッチなど 
だいたい食べきる。
ゆっくり休んで14:10再び歩き始める。
7つ目(短い)、8つ目(長い)のつり橋を渡り
16:40 ルクラに入る。
井下夫妻を待ち17:00ホリデイロッジに到着。
行程表で徒歩7時間のところ11時間かけた。
長い1日、よく歩いた。
19:00〜夕食、ビールがうまい。
20:40就寝。

11月2日(木) 雲あり、遠くの山は見えず。
5:00 モーニングティー 
5:40〜朝食、
6:30ロッジ発ルクラ飛行場へ。
7:10 機乗、離陸。
最前列の操縦席丸見えの席に陣取る。
斜面下に向かって加速とはうまくできている。 
眼下に民家が点在しているのが見える。
移動には歩くしかない道。
車が通れる道路ができ、より豊かな生活が
営めるようになるのは何時のことだろうか。
30分足らずでカトマンズ空港に着陸。 
8:20 車でバイラジャさんの家に行き、家族に会う。



ガイド・バイラジャ君の家族           


古都バクタブルの景観

続いてエージェント事務所へ。
これからは観光旅行? 
10:20 カトマンズの東12kmにある旧王宮バクタプルへ。
レンガ造りの建物が立ち並ぶ古い町。
手は入っていない。
ビールを飲みながら昼食。
次の目的地チャングナラヤンはお祭で車入れずパス。
ナガルコットヘ直行。
ザ・フォート・リゾートホテルに入る。
少し休んでから、井下夫妻・バイラジャさんと4人で
マンラリゾート目指して歩く。


ナガルコットのホテルで

70分間かなりのペースだったので
6kmは歩いたと思う。
タワーにも上る。 
バイラジャさんは、日本語の資格検定2級でペラペラ。
言葉に不自由なく詳しく効率よく案内してくださる。 
18:50〜夕食。
ローソクにも灯がともり雰囲気はよいが、
味は口に合わずあまり食べず。
ビール・ワインは飲めた。
久し振りのフロ。
シャワーしかないがさっぱりする。
夕方晴れていても薄雲があって
山の上の方は見えず絵にならないので
シャッターを切ることなし。
21:00就寝。

11月3日(金) くもり  17.9°
6:00起床 楽しみにしていた山・景観は
曇空で写真にならず残念。
9時前ホテルを出発。
桜が咲いている。 
段々畑にはからし菜も。 
10:30 パタン着。
カトマンズの南に位置する旧王宮を見学。
世界遺産とか。
古くて立派だが荒れている。



古都パタン              


ボダナート寺院

カトマンズにもどり昼食。
エベレスト・モモ(現地ギョウザ)センターで。
多勢のお客で混みあっていて待つことしばし。 
みんな美味しそうに食べている。
あまり好き嫌いはないのだが
ネパールのギョウザ・たれとも口にあわず。 
つづいて北に移動、ボダナートへ。
仏塔・目玉の塔を見学。
ネパール最大のストーバでチベット仏教の聖地。 
14:30 ラディソンホテル着。
ニューロードへ土産を買いに。
しっかり紅茶を買い込む。
ホテルに帰り、近くのスーパーでラム酒3本。
鉈型の容器が独特でおもしろい。 
18:30 夕食会場へ。
ラナ家の宮殿を改装したというレストランで
宮廷料理をいただく。
民舞をみながら・・・。 
いろいろ出て、おかわりも勧められるが
口にあわず食は進まない。 
20:30 ホテル帰着。
久し振りに湯舟に浸かってくつろぐ。 
21:20寝る。

11月4日(土) 曇り 24.3° エアコンつけっぱなし。
6:30 起床 旅は終わり、あとは帰るのみ。 
7:40〜バイキング朝食。
ごはん(細長くパサパサ)は不味くて食えん。
パン食、おかずいろいろ、また食べ過ぎる。
10:10ホテル発、
埃っぽいガタガタ道をカトマンズ空港へ。
11:00出国手続き完了。 
14:30 離陸。
13:25発の予定が1時間05分遅れる。
3時間あまりのフライトでバンコク空港19:00着。 
23:59発の予定時刻まで
5時間ばかり空港内をウロウロ。
乗客1人が搭乗せず、
荷物おろし等で時間を要し 
0:45 日付が変わってやっと離陸。

11月5日(日) 我が家へ
4:00 機内で目覚め(日本時間6:00)。 
5時間足らずのフライトで関空着陸7:30。
8:00荷物受け取り完了。
ここで3人と別れ、「はるか」で新大阪駅。
長い通路を西へ西へ「ハイウエーバス」の矢印に沿って歩く。
大きく重い荷物を押して提げて担いで、
ビールと弁当を買い込んで、
10:11の津山行き特急バスに乗る。
飲んだり食べたりしているうちに、
12:37津山IC着。
お母ちゃんの迎えの車で久世へ
13:10着。
13:30〜早速若い助っ人2人と娘、
妻の5人で引越し作業。
30年来の借家、大量のゴミ、不用品あり。
何回も処分場に通う。
最後に冷蔵庫を新居に運び、
一部蒜山へ持ち帰る物をワゴンRに積み込む。
落ち着いたところで夕飯。
久し振りの美味しい生中。
ごはんもおいしい。
20:30蒜山の我が家に帰着。
これで全て終わり。
 
最後に、予期せぬ下痢には参りました。
やはり腹八分がたいせつ。
足腰には自信があったのですが・・・・。
同行の皆さんには大変お世話になりました。
ありがとうございました。
5.550mまで行けなかったのは残念でした。


ガイド・バイラジャさんには、タンボチェの下山から出国までお世話になった。


<<戻る
<<HOME