<<戻る
<<HOME
‘06年の山行記録
主としてヒマラヤトレッキングのトレーニング山行
岡山大学山岳会 藤田 信  

今年は秋にエベレストを眺めるヒマラヤトレッキングに行く年だ。
此れまでのように「山と高山蝶」の写真を
撮る為の山行はなるべく減らし、
トレーニングを主体とした山行を心がけた。  
トレーニング場の奥多摩山系・丹沢山塊や
JR中央線沿線の山々は樹林限界未満の藪山ばかりで、
アルペン的な格好良い写真は撮れないが止むを得ない。  

v.d.(m) :標高差(最大値)、登山口から最高点までの標高差
c/t.(hr) :コースタイム
t(hr) :所要時間


3.25(土)晴  
石砂山(いしざれやま、 580m、 神奈川県藤野町)  

篠原集落⇒石砂山⇒牧馬峠:
v.d. 300m1.5hrもかかった(c/t1.0hr)。   

“春の女神・ギフチョウ”を探しながらとは言え、
トレーニング不足を思い知る。
特に最後の急登はきつかった。


3.31(金)晴  
石砂山、石老山(丹沢山塊北の外れ・694m、神奈川県藤野町)
石砂山は、前回いなかったギフチョウを撮りに。    

篠原集落⇒石老山:
v.d.440m、t=1.5hr(c/t1.1)、

トレーニングをもっと頑張らねば。    


写真1:サワランに止まる春の女神・ギフチョウ            
左寄りの光芒は篠原沢源流のせせらぎ


4.9(日)晴    
柏原ノ頭(丹沢山塊北端・633m、 神奈川県津久井町)   

青野原集落⇔寺入沢⇔柏原ノ頭:
v.d.400mt=4hr(c/tなし)。   

スギタニルリシジミと言う地味なチョウを探しながら、
道の無い沢スジを 登降した。  
この後、奥多摩湖畔の
サス沢山(940m、東京都奥多摩町)に足を延ばした。
v.d.460mt=1.7hr(c/t1.5)


4.14(金)曇    
百蔵山(ももくらやま、1,003m、 山梨県大月市)   

JR中央線・猿橋駅⇔百蔵山:
v.d.713mt=3.2hr(c/t3.0)


4.26(水)曇のち雨    
高尾山(599m、 東京都八王子市、電車で1hr・最も近い山)   

京王線・高尾山口駅⇔高尾山:
v.d.499mt=2.0hr(c/t=1.5)   

まだまだ脚が弱い。
陣場山まで行くつもりだったが雨のため引き返す。    
ここは電車の便が良く、
年間250〜300万人が登ると
云われるだけあって人が多い。
元気な人が沢山いるのを実感する。


5.4(木)晴    
八ヶ岳・立場沢:ヒメギフチョウを撮る。    
飯盛山(1,650m、八ヶ岳の東はずれ)   

平沢峠⇔飯盛山
v.d.=210mt=1.2hr(c/t=1.0))


写真2:カワヤナギに吸密するヒメギフチョウ  
遠くは八ヶ岳・赤岳(2,899m)と横岳(右、 2,829m)  
撮影地・飯盛山から赤岳まで約11km



5.5(金)晴    
乙女高原・乙女頭(1,725m)、小楢山(1,713m)、
何れも山梨県牧丘町   

焼山峠⇔乙女頭:
v.d.=225mt=0.8hr(c/t=0.5)

焼山峠⇔小楢山:
v.d.=213mt=1.4hr(c/t=1.25)    

未だ雪が深く、金峰山(2,595m、きんぷさんまたは
きんぽうざん)への林道は4駆でも通れぬそうで諦める。


5.12(金)曇     
赤杭山(924m)、川苔山(かわのりさん、1,363m)、
何れも東京都奥多摩町   

JR青梅線・古里駅⇒スマド山(721m) ⇒赤杭山⇒エビ小屋山(1,147m)   ⇒川苔山⇒大ダワ(965m) ⇒大根ノ山ノ神⇒JR青梅線・鳩ノ巣駅:
v.d.=1,210mt=7hr(c/t=6)。

奥多摩の山の特徴は取付が急登、
これを登りきって主尾根に出ると
割りと緩やか、下りがまた急坂。

10kg担いでひたすら歩いた。
やっとの思いで下った鳩ノ巣駅には
コンビニが無く、料亭紛いの店が
ロング缶ビールを¥700.−で売っている。
“発泡酒”、“第3のビール”は無い。
「料亭だから高いのは当たり前だ。」と言う。
下山した駅でのビールが楽しみで
出来るだけ電車を使うようにしているのに、
この駅には2度と降りないと誓った。


写真3:川苔山頂、看板の“乗”は間違い。
藪山だが休日の昼時は50〜60人が
大きくもない山頂で休んでいる。



5.21(日)快晴     
本仁田山(1,225m)、川苔山、赤杭山   

JR青梅線・奥多摩駅⇒本仁田山⇒コブタカ山(1,080m) ⇒川苔山⇒赤杭山⇒JR青梅線・古里駅:
v.d.=1,070mt=7.2(c/t=7.1)

前回のほぼ逆を歩いた。良く頑張れた。


6.2(金)曇    
百尋ノ滝、川苔山、本仁田山   

JR青梅線・奥多摩駅→バス停・川乗橋⇒百尋ノ滝⇒川苔山⇒大ダワ ⇒コブタカ山⇒本仁田山⇒JR青梅線・奥多摩駅  
vd=968mt=8.0hr(c/t=7.5)

川苔山に裏から登った。
百尋ノ滝は凄い。落差百尋(180m)は無いが50mはあろう、
幅も5〜6m位か、かなりの水量だ。


写真4:百尋ノ滝


6.10(土)晴のち曇     
川苔山、足毛岩、百尋ノ滝    

JR青梅線・鳩ノ巣駅⇒大根ノ山ノ神⇒コブタカ山⇒大ダワ⇒川苔山⇒足毛岩(1,180m)⇒百尋ノ滝⇒バス停・川乗橋→JR青梅線・奥多摩駅
vd=1,064mt=7.25hr(c/t=7.0)

近くて1,000m超の奥多摩の山は
この川苔山位しかないので
いろんなルートから登ってトレーニングした。



6.21(水)曇のち雨     
高尾山    

京王線・高尾山口駅⇔高尾山:
v.d.499mt=3.5hr(c/t=3.0)

山頂でまたも雨、引き返す。


6.27(火)曇     
高尾山、城山(670m)、景信山(727m)、
陣馬山(857m、神奈川県 相模原市)

京王線・高尾山口駅⇒高尾山⇒城山⇒小仏峠(548m) ⇒ 景信山⇒堂所山(731m) ⇒明王峠(675m) ⇒陣馬山⇒バス停・落合→JR中央線・藤野駅
vd=757mt=7.6hr(c/t=8.0)

3度目の正直でやっと高尾山⇒陣馬山縦走を果たした。


写真5:陣馬山頂
その昔、武田信玄が陣を張ったことからその名が付いたと云う。



6.29(木)晴     
生藤山(しょうどうさん、990m、山梨県上野原市)    

バス停・和田⇒山の神⇒連行峰⇒茅丸(1,019m)⇒生藤山 ⇒佐野川峠⇒バス停・石楯尾神社前  
vd=640mt=6.0hr(c/t=5.0)


7.11(火)曇     
大岳山(1,267m、東京都檜原村、奥多摩三山[御前山(1,405m)、三頭山(1,531m)の一つ]

バス停・ケーブル下⇒御岳山(929m) ⇒ 鍋割山(1,84m)⇒大岳山 ⇒鋸山(1,109m) ⇒鋸尾根⇒愛宕山(499m) ⇒JR青梅線・奥多摩駅      
vd=917mt=8.0hr(c/t=6.2)、

ケーブル6分を歩いたら1hr掛かった。
また御岳山頂付近の宿坊街で道 に迷い手間取った。
愛宕山の下りで約100mが急な石段で、堪えた。


7/14(金)曇時々小雨〜/15(土)晴  
ヒマラヤトレッキング・セミナー:於・真庭市蒜山湯船・湯船荘
講師:大森先輩
受講者:トレッキング参加者ほぼ全員
夕食の一杯で皆打ち解けられた。
これが良かった。        

7/15 中蒜山(1,122m)    
塩釜登山口⇔中蒜山     
vd=612mt=3.8hr(c/t=3.0)


写真6:中蒜山中腹からの雲海

7/23(日)曇のち晴    
八ヶ岳南西面・立場川、観音平等1,400m付近      
ミヤマシロチョウ(高山チョウ)を探すが、
やや早すぎたか、 いない。

7/26(水)晴    
湯ノ丸山(2,099m、長野県御東町)、鹿沢(群馬県嬬恋村)

地蔵峠⇒烏帽子(2,066m)岳⇒湯ノ丸山⇒地蔵峠
vd=367mt=3.5hr(c/t=3.8)   

昨年早すぎて撮れなかったミヤマシロチョウを探す。       
ミヤマモンキチョウと共にかなり撮れた。

8/2(水)曇    
八ヶ岳・編笠山(2,524m)、権現岳(2,715m、いずれも長野県富士見町)、
三ツ頭(2,580m、山梨県北杜市)     

観音平⇒屏風山⇒編笠山⇒権現岳⇒三ツ頭⇒ヘリポート⇒八ヶ岳神社⇒観音平  
vd=1,175mt=8.5hr(c/t=9.4)      

ヘリポートと八ヶ岳神社でミヤマシロチョウが撮れた。
かなり歩け好調だった。
トレーニングの成果が現れてきたのか?



写真7:イブキジャコウソウに吸蜜する
特別天然記念物ミヤマシロチョウ     
ピンクの花が翅に透けている。



8/13(日)曇のち晴    
雨降山(アフリヤマ、1,177m、山梨県上野原市)、
権現山(1,312m)、扇山(1,138m、いづれも山梨県大月市)    

JR中央線・上野原駅→バス停・用竹⇒二ツクラ山(960m) ⇒入山(1,028m) ⇒雨降山⇒権現山⇒曽倉山(940m) ⇒扇山 ⇒大久保山(1,109m) ⇒扇山登山口⇒JR中央線・鳥沢駅     
vd=1,002mt=9.0hr(c/t=9.6)

かなりの距離を良く歩けた。


写真8:
扇山(手前、1,138m)、権現山(奥・中央右、1,312m) 雨降山(奥・右端、1,177m)
倉岳山頂(990m)で撮影、権現までの距離は約9.5km



8/28(月)曇    
六ツ石山(1,479m)、水根山(1,620m)、鷹ノ巣山(1,737m)     
いづれも東京都奥多摩町、奥多摩山系   

JR青梅線・奥多摩駅⇒三ノ木戸山(1,177m)⇒石尾根⇒狩倉山(1,452m)⇒六ツ石山⇒将門馬場(1,455m)⇒城山(1,523m)⇒水根山⇒鷹ノ巣山  ⇒榧ノ木山(かやのきやま、1,485m)⇒倉戸山(1,169m) ⇒バス停・倉戸口⇒JR奥多摩駅    
vd=1,397mt=7.3hr(c/t=8.6)  

東京都の最高峰・雲取山(2,017m)に繋がる
石尾根を良く歩けた。


9/5(火)晴    
御前山(1,405m、 東京都奥多摩町・奥多摩三山の一つ)   

JR青梅線・奥多摩駅⇒愛宕山(499m) ⇒鋸尾根⇒鋸山(1,109m) ⇒鞘口山(1,142m) ⇒クロノ尾山(1,155m) ⇒ 御前山惣岳山(1,341m) ⇒大ブナ尾根⇒サス沢山(940m) ⇒バス停・奥多摩湖→JR奥多摩駅  
vd=1,065mt=7.0hr(c/t=6.6)  

これで奥多摩三山は‘04年の三頭山を手始めに全てに登った。


9/10(日)快晴    
七ツ石山(1,757m、東京都奥多摩町・奥多摩山系)   

JR青梅線・奥多摩駅→バス停・東日原⇒稲村岩尾根⇒ヒルメシクイノタワ ⇒鷹ノ巣山⇒巳ノ戸ノ大クビレ⇒浅間尾根⇒浅間神社⇒バス停・峰谷 →JR奥多摩駅    

七ツ石山まで往くつもりが調子悪く、引き返す。
昨夜の酒が効いているのか。


9/20(水)快晴
七ツ石山   

奥多摩町奥⇒浅間尾根⇒鷹ノ巣山避難小屋(1,465m) ⇒日陰名栗山(1,725m)⇒高丸山(1,733m) ⇒ 七ツ石山(1,757m) ⇒千本つつじ(1,715m) ⇒赤指山(1,333m) ⇒赤指尾根⇒バス停・峰谷     
vd=1,160mt=7.0hr(c/t=7.4)    

先日体調不良で引き返した七ツ石山へ再度登った。
浅間尾根ではクマに出会った。
山腹の道を横切ろうとしていたようで、
急峻な疎林を転がるように逃げてくれた。
その早いこと・・・。
熊除の鈴音にもっと早く反応して欲しかった。

やはり快晴は良い、丹沢や富士がくっきりと眺められ、快調だ。


9/29(日)曇     
雲取山(2,017m、東京都の最高峰)   

後山林道終点・青岩谷橋⇒三条の湯⇒水無尾根⇒三条ダルミ⇒雲取山 ⇒雲取山荘(田部重治レリーフ)⇒三条ダルミ⇒青岩谷橋
vd=1,070mt=6.3hr(c/t=6.5)

東京都の最高峰に登った。
自宅から登山口まで往復6.0hrも要し、遠い。  
来年は一泊で登ろう。


10/9(月)快晴     
高尾山、城山、景信山    

京王線・高尾山口駅⇒高尾山⇒城山⇒小仏峠⇒ 景信山⇒堂所山(731m) ⇒明王峠⇒矢の音(633m)⇒子孫山の頭(543m)⇒JR中央線・相模湖駅       
vd=627mt=6.0hr(c/t=6.6)

トレッキング出発まで後半月、
大森先輩に「脚力より心肺機能の鍛錬が大事」と言われハツとした。
薄い酸素を取り込めなければ、鍛えた脚力も役立たない。
今日はその練習の腹式呼吸で歩いた。
今更遅いかも知れぬが、
明日から毎日の階段2,000段昇降も
腹式呼吸で続けよう。


10/23(月)〜11/13(月)      
本番のエベレストを眺めるヒマラヤトレッキング
詳細は別項で報告済み.。トレッキングエッセイへ↓
・藤田 信 『未だヒマラヤへ行った事が無い方へ』


終わりに:  
ほぼ10日置きにトレーニングを意識した山行を続けて、
約4ケ月後位からコースタイム以内で歩けるようになった。  
最後に気がついたが、腹式呼吸を心がけて
もっと心肺機能の強化を図るべきだった。  
体力不足で一般参加の人達に置いて行かれる様な
事態を最も心配していたが、
トレーニングの甲斐あってかそんな事には陥らなかった。

追伸
私の場合、40歳と62歳の時の2度も内臓の手術を受け、
入院で筋力がかなり衰えていたので
人並み以上にトレーニングに気を使いました。
で、トレーニング山行もこの位やった訳です。
普通の方々はこんな必要は無い様に思います。




<<戻る
<<HOME