<<戻る
<<HOME
岡山大学山岳会企画トレッキング
ネパール・ヒマラヤ「スケッチ200」


石原 敏弘


昨年秋、山好きの友人(田淵 徹くん)に誘われて、
岡山大学山岳会のメンバーを中心とした、
ヒマラヤ・トレッキングに参加しました。
この話は丁度5年前にもあり、
その時仮申し込みまでしたのですが、
当時私は会社の仕事がピークの時であり、
断念せざるを得ないこととなりました。
従って、今回の話には何が何でもと上司を説得し、
19日間というロングライフプラン休暇を取得しました。
私もサラリーマン生活40年、
その仕事に対する締め括り、
いわば終業旅行であると決意して参加することとしました。
参加するにあたってもう一つの問題は
家に農業があり、旅行期間(10月下旬〜11月上旬)は
丁度稲狩りの時期。稲を植えないわけにはいかず、
急に委託することもできず。
考えた末に、稲の品種を変えることとしました。
従来種より、丁度10日ほど早く
収穫できる品種に変えて植えることとしました。
「何で今まで植えたことのないような米を作るのか?」
といぶかしがる母親に
「この米はおいしくて、農協推奨なので・・・
とうそぶいて時を稼ぎました。
トレッキングという言葉も知らない心配性の83歳の母親に、
ヒマラヤに行くからなどと言えば猛反対に合うのは間違いなし。
そのうち妻や、息子の口から序所に伝えるように仕向けました。
そして母親を口説く最後の口上は
「友達の田淵くんが一緒に行こうといって仕方がないので・・・。」
(なぜか彼は母親には信頼性抜群)
準備という面では、岡大山岳会の企画する
何回かのセミナーに参加するなど、
体力づくりや持ち物準備の他、
私には皆と違う準備するものがありました。
それはスケッチをするトレーニングです。
私は少々絵をやっているので、
ヒマラヤヘ行く目的は山というよりスケッチをすることです。
いかに多くのスケッチができるか、
それも皆と友に行動しながら・・・。
その準備として、私は会社への通勤にバスを途中で降り、
体力増強も兼ねて1時間ほど歩く中で絵を描く訓練をしました。
歩きながら描けるわけはないと思われますが、
歩くスピードぐらいなら訓練によって絵は描けます。
大枚、何十万円もかけて行くのだから、
できるだけ多く絵を描きたい。
1日10枚、19日間の旅に200枚のスケッチを
自分のノルマとしました。
そしてたくさんのスケッチブックをリュックに括りつけて、
イザ! ネパール、ヒマラヤへ!
絵を描きながら登ることは体力的には大変なことで、
皆が休憩している時に描かなければなりませんし、
遅れは自分の脚で取り戻すしかありません。
神々しく輝くアマ・ダブラムやローチェ、エベレスト遠望等、
ヒマラヤの絶景にワクワクしながら描いているうちに、
いつの間にか気分が悪くなりました。
息を止めて一生懸命絵を描いているうちに、
高山病にかかっていたようです。
下痢、嘔吐症状も伴い、
「こんなところで絵なんか描いていたら死んでしまう。
絵が描けないならこれ以上登っても仕方がない」

と弱気になってしまいました。
そんな私の状況をみて友人の田淵くんが
「石原君なら大丈夫」
と、励ましてくれたのは大変ありがたかった。
やがて高山にも馴れたのか気分が楽になり、
体力も回復して又絵が描けるようになりました。
山に入ると山に従え。
自然に任せてリラックスすることが
まず必要だということがよくわかりました。
そして親友、田淵くんの励ましに感謝でした。
目的地カラパタール(5500M)では、
残念ながらガスっていて、
夢にまで見た眼前に聳え立つはずのエベレストは見えませんでした。
しかし、この向こうに確かにエベレストはあるはず。
水彩の水も凍る中で想像を込めて描いたスケッチは、
私の絵描き人生に残る大変思い出深いものとなりました。
旅が終わってみると、
今回参加されたメンバー16人をはじめ、
トレッキングを共にしたシェルパ、ポーターや
エベレスト街道を行き来する人々、ヤク、ゾッキョ、
馬を含めてスケッチ200枚ができていました。
このトレッキングでスケッチ200枚が描けたことは、
大袈裟ですが私にとってはエベレスト登頂をも果たした気分でした。
(シェルパやポーターを描いた絵にはサインをしてもらい、
帰国後コピーを作成し、 アルパインツアーから彼らの元に送付してもらいました。)


チベタン・バザール



シェルパ
サーダ・テンマ





ティンボチェにて




親友、田淵 徹くん




Ama Dablam

大森武生さん
(エベレストを背に)






<ネパール追考> 
「何が何でも200枚」はさておいて、
私が今回のネパール旅行で体験し、
感心したこと、考えさせられたことを以下に記します。

@貧乏に無駄は要らない
ネパールは貧しい国といわれていますが、
その故は製造業がないということに起因しているようです。
自動車や電気製品はおろかビールや食品、
衣類もほとんどが輸入品のようです。
海外旅行のお土産につきもののチョコレート、
そんなものもカトマンズ空港にはありませんでした。
日常生活に必要ないものは、
お金儲けのためにであっても作らない、
そういう姿勢のようです。
金儲けのためにたくさんのものを作り、
捨て場に困っている日本が見習うべき一面のような気がしました。
オンボロ車に大勢の人が乗り合わせ、
バイクや自転車と交錯しながら走る街の様は
まさに戦後直後の日本の風情。
何をしているのか、しようとしているのか、
とにかく人々は外に出て、生き生きとして生活していました。

A王様は自活している
アーリアの王、ネパール。
王国とはどんなものか?
王様は民衆から搾取して、
立派な王宮に住んでいるのだろうと行く前には思っていました。
しかし、そんな憶測は見事に裏返されました。
街や村には税金を払えるような民衆は見当たりません。
では王様は何であの立派な王宮に住んでいるのでしょうか?
滞在したホテルの近くの日本料理店のマスターは、
「ネパールは貧乏国なので、民衆からはお金を取れない。
王様は自分の資産を活用して、
事業をしたり海外投資をして自活している。
そして王様が得た収入で道路や公共事業が行われる。
立派な王様、能力のある王様の時代は国民が潤う。
しかし一方で、王国では日本のように
金持ちを作らない仕組み(固定資産税や相続税のようなもの)がないので、
金持ちはどんどん大金持ちとなっている」
と話していました。
なるほど、崩れかけたような建物の中に住んでいる人もいれば、
衛星放送のアンテナの立つレンガ造りの立派な建物もありました。
絶えずマオイスト(ネパール共産党、毛沢東派)との
武力衝突が続いているようです。
又、皇太子が王宮内で銃を乱射し、
国王らを殺害、自殺を図ったのは丁度5年前でした。

B長生きは無用
ネパール人の平均寿命は50歳そこそこのようです。
山の中にも街にも、老人はほとんど見当たりません。
ヒゲモジャの人はいますが、民族的なヒゲであり、
年寄りではないようです。
山の中での過酷な労働(100kg以上はあろうかと思うような
大きな鉄管を背負っていたポーターもいた)や、
医療機関の乏しさ(街の中には病院のようなものは
見当たらなかった)からして、
弱いものや病気に負ける者は
早く死んでいくしかないのでしょう。
しかし逆にいえば、若い時精一杯、
一生懸命働く習性が身についているのでしょうか、
人々は生き生きとした目をしていました。
考えすぎかも知れなませんが、
59歳の私でさえ気恥ずかしい思いでした。
長生きは無用、長生きすることの意味を問われるような気がしました。

Cさすがエベレスト初登頂者
ネパールのヒマラヤ山中はチベタン仏教、
カトマンズ等平野部はヒンズー教、インド仏教、
イスラム教等、アジアの宗教の融合点。
特にヒマラヤの道程では白いチョルテン(仏塔)と
色とりどりのタルチョ(祈祷旗)がどこまでも続いて、
山の中を行き来する人をずっと見守っているようでした。
このようなヒマラヤ、エベレスト街道の
最奥の定住村・パンボチェ村に
エベレスト初登頂(1953年)したエドモンド・ヒラリーさんが、
登頂10年後1963年に自費で造った学校がありました。
ネパールの教育は大変遅れており、
今でも就学率50%程度と云われております。
命を守ってくれた仏様、登らせて貰った国へのお礼を
忘れないのは、さすがエベレスト初登頂者。

D戒律は国を越えて
ヒンズー教の特質はカースト制度で、
各部族がカースト的にランク付けされているようです。
山岳案内人としてのシェルパ族の中でも
サーダ、コックシェルパ、キッチンボーイ、
ポーターと、ランク付けと同時に役割分担がされており、
ある意味で仕事を進めるには
合理的な制度であると感心しました。   
たまたま私の知人の娘婿がネパール人ということで、
カトマンズにいる弟さん(マドゥルカくんという)を
紹介してもらっていたので、
山から下りてきた日に
国際ローミングできる携帯電話で連絡をとり、
夕食を共にしました。
食事をする時、ビールでカンパイ!と一緒に写真を撮った時、
弟のマドゥルカくんが
「日本にいる兄には、この写真を絶対に見せないでもらいたい。
お酒を飲んでるところを見られたくないので」
と言いました。
半分冗談だろうと思い、帰国後、兄のバスネットくんに会い、
その写真を見せたところ、
「マドゥルカのヤツ、酒を飲んでいる。俺の許し無しに!」
と真顔で怒りました。あわてて
「弟さんが悪いのではありません。私が無理に進めたので・・・」
と、弁解とお詫びをするはめとなりました。
カースト制では長男の権限は絶対で、
異国の地においてもそれは忘れない、
戒律というものの深さに感心しました。



トルテン




チベット帽を被った
自画像




ビューティフル・
テンプル





<<戻る
<<HOME