<<戻る
<<HOME
エベレスト・カラパタール登頂

大山 晃

期間:2006年10月24日(火)〜11月11日(土)
参加者:16名・ツァーリーダー2名
隊長:大森 武生 
集合場所:関西空港国際線カウンター

岡山大学山岳会から誘いを受け、
無謀にも、ヒマラヤ・エベレストに挑んできました。
10月24日岡山組10名は、
岡山大学山岳会のお見送りで岡山駅出発、
関西空港定刻に到着、
他の方、ツアーリーダー、総勢18名皆様揃い
最初の宿泊地バンコクへ到着ミニ周遊、
明けて25日ネパールの首都カトマンズ到着
この日は、明日からのトレッキングに備えて早々に就寝。
26日早朝一番機でエベレストの
玄関ルクラへ到着
(標高2,800m、カトマンズ〜ルクラ間、定員18人のセスナ機で40分)
ここで、これからお世話に成るシェルパ、
ポーターと合流トレッキングの始まりです。
しばらくは、下りです12時10分谷底のロッジで昼食。
(名前を忘れました)
キッチンスタッフが既に暖かい日本食を準備していました。
前後しましたが食材は、
ほとんどを日本から持ち込んでいます。
(これから先も全て日本食)
ドゥードゥコシ沿いの道をパクディンへ(2,610m)
この日のトレッキングは、終わりです。
(16時00分)今日の宿泊はロッジです。
着いてすぐに、洗面器にお湯がきました。
これから先も同じだそうです。
18時夕食、食器は全て煮沸します。
ステンレス製で箸は、
反復して使用する為プラスチック製で同じく煮沸、
衛生面は申し分ありません。
食後、明日の予定注意事項を受け就寝。
(これから先も同じ)
      

タイ空港                


ルクラ空港


10月27日
6時目覚まし代わりのモーニングティーで起床、
ついで洗面器にお湯で洗面、
7時朝食、8時出発。
今日から本格的なトレッキングです。
周りは6,000〜7,000m級の山々
自分の位置が 4,000mの感覚が無く
少しの勾配が“しんどい”
遠くに西峰5,572mキャシャール峰6,770mが望める。
11時10分モンジュ着、
昼食休憩、
12時25分今回のスタッフ全員の紹介、
シェルパ6名、コック2名、キッチンスタッフ8名、
ポーター7名、荷物ポーター8名、
日本語ガイド1名、計32名、
そして荷物運搬用のゾッキョ(高地牛)7頭の大行列です。
この直後小生は、腹がおかしくなり
激しい嘔吐下痢、高山病の始まりか?
他の隊員は問題ない。
意識が所々抜けたまま
19時頃今夜の宿泊地ナムチェ到着(3,440m)
今日もロッジ泊、嘔吐蹴りは10分おきに襲っている。
夕食は何も口にせず就寝。


パクディン                  


ナムチェ  

10月28日
ナムチェ滞在、
高所順応日でこの日の移動はありません。
小生は、寝たり起きたり少し 嘔吐が治まって、
ツァーリーダーに頂いたチューブ入りの
コンデンスミルクを少し舐める。
この日は、ナムチェバザールを
ポーター2名と隊長4人で散策。
食欲は相変わらずありません。
高所順応で出かけた皆様も帰ってきて
10時ティータイム小生は遠慮、昼食も遠慮、
3時ティータイムも遠慮、夕食も遠慮、
嘔吐下痢の間隔が少し伸びて一安心。
残りのミルク140グラム1本で就寝。



ナムチェバザールのチベット市場


10月29日
6時起床、昨日までの嘔吐下痢が
嘘のように消え空腹を感じる。
モーニングティーと クッキーが旨い。
朝食も旨いが隊長に半分に抑えるようにと言われる。
8時トレッキング開始、
体調は最高で足取りは軽い。
タムセルク、アマダブラム、エベレスト等を眺めながら
ほぼ平坦なトラバース道をテシンガ(3,450m)へ。
このあたりから他の隊員も小生と同じ嘔吐下痢の兆し。
食事はせず眠っています。
逆に小生は益々元気で
いったん谷底のプンキテンガ(3,450m)下り、
再び高度差600mをゆっくり登り返して
好パノラマを誇るタンボジェ(3,870m)へ到着。
昨日までは、ロッジ泊でしたが今夜からテントです。
既にテントは、張られ荷物も入って います。
日暮れまでには、時間があるので付近を散策。
ここから眺める範囲は
小生の目には全てエベレストに見える。        



ナムチェの西方に聳えるコンデリ(6187m)タンボジェで撮影


10月30日
高所順応日でこの日の移動もありません。
明日朝、諸事情で4人の隊員とここで別れ(隊長含む)
大森隊長に代わり、これからは川西隊長にお世話になる事になります。
トレーニングの為、小高い山(400m位)を散策。
10cm位の積雪。
ここの頂上からのアマダブラム、エベレストの眺めは圧巻でした。
雑誌では見るが、
自分のカメラで写真が撮れるとは、感動です。
ここの丘(山)は、登りは問題ないが下りでは、何回か転ぶ。
下りてきて程なくして昼食、
午後は各自ブラブラしてこの日を終える。       



左端エヴェレスト、右にローチェ、中央アブダブラム


10月31日
最奥の定住村バンボジェ(3,980m)を経て
広々とした河原のデインボジェ(4,343m)の予定でしたが
隊員の疲れを考慮してこの日の移動は、4時間で中止。
(地名は忘れました)

11月1日
10時30分、デインボジェ(4,343m)着、
ヒマラヤで最も美しいヒマラヤひだの山々と
いわれるイムジャ・コーラの無名峰群を一望する。
ビブレ(4570m)またはさらに先の
チュクン(4,730m)の眺望は圧巻でした。
高所順応日でこの日の移動はなく
辺りを ブラブラ、カメラの大活躍でした。       



アマダブラムの形が変わってきた、デインボジェで撮影


11月2日
背後のナンガゾンピーク(5,075m)を経て
河原からトゥクラ(4,620m)のクーンプ氷河末端の斜面を
登りつめロブチェ(4,930m)着。
ここまでは、寒い実感はなかったがさすが5,000m、寒い
(体感温度は、0度か)
ヒマラヤに入って、この日までは天候は
雲一つ無い快晴でしたが何だか怪しくなってくる。
あすは目指すカラパタールです。    


ポーターのスワルーチ君と


無名峰・クーンプ氷河で撮影


11月3日
3時起床、
食事時間を考慮して雑煮でした。
3時30分出発、ク―ンプ氷河をヘッドライトの明かりを頼りに歩く。
やがて、足元が明るくなるが太陽はない。
雨の心配はないが今日の天気は期待できない。
ゴラクシェプ着、20分の休憩後歩き始める。
小生の体調は 最高少し早く歩きたいが抑えて進む。
頂上が望める辺りで我慢しかねた誰かが
早く歩かせてと、“わがまま”を言う。
ツァーリーダーの許しを得て小生を含む3人
(シェルパの先導は申すまでもありません)が
皆様より少し早く頂上直下に到着。
カメラの大活躍ですが厚い雲で肝心のエベレストは望めません。



高度計は実際より95m低く表示していた

ここは、標高5,500mさすがに寒い。
やがて皆様も到着。
シェルパの熱い紅茶のサービスが冷えた体に旨い。
皆様揃ったので頂上5,545mへ、
遂に着ましたカラパタール頂上
期待していましたエベレストの雄姿は
望めませんでしたが達成感は充分です。
この日は、小生63回目のバースディーです。
生涯忘れることのない誕生日になりました。
記念撮影後足早に降りる。
ゴラクシェプ着、昼食今日の献立は、
巻寿司とうどんです。
腹を空かした小生は旨いがほとんどの方は食欲がない。
隣の方の巻寿司も頂戴する。
復路は、好きに歩いて良いとの許しが出ました。
但しポーターと一緒で先導を抜かないようにとの事。
難なく15時30分ロブチェ着。
ポーターの入れてくれた熱い紅茶が旨い。
やがて皆様も帰着。
事故もなく12名全員がカラパタール頂上を極めることが出来ました。
今夜の寝付きは、皆様も良かった事とおもいます。      



頂上直下を行くメンバー         


5545mの頂上でポーズ


11月4日
快調に飛ばして、降りる。
ディンボチェ?(定かではない)着、
日暮れには、少し早いが 今日の予定は終わり
ビールでここまでの無事を祝っています。
小生は下戸でビールの味は分かりませんが
コーラの味は分かります。(旨いです)
キッチンスタッフが気を利かせて野菜炒めの“つまみ”を作ってくれる。
夕食後、小生の誕生日ケーキを焼いてくれ、
皆様が祝ってくれました。
生涯忘れることはありません。
63回目の誕生日をカラパタール頂上で迎えることが出来るとは、
皆様ありがとうございました。       


 
ツァーリーダーの鹿田さんよりお祝いの言葉を頂きました。


11月5日
天候は快晴で
真っ青な空に雪を冠った山の景色は絵になります。
皮肉にも天候は頂上に近づいた日と
当日が曇っただけで後は快晴のようです。
パンボチェ着?定かではない。
日暮れには、少し早いがこの日の移動は終わりです。
夜中小用で、目覚めると月の明かりと、
手を伸ばせば届きそうな星空がきれいでした。
トレッキングも終盤テント泊まりも今夜限りです。

11月6日
快晴のトレッキング、
移動中は少し汗ばむが止まると寒い。
モンジュ着、この日の移動は終わりです。
ここは2日目の往路の昼食と同じ(嫌な思い出のロッジ)
15時00分、皆様からお預かりした学用品を
代表5人で届けに学校に行きました。
校庭では、人なつこい何人かの子供たちが
“ボロ”のサッカーボールを蹴って遊んでいます。
皆なにも集まってもらい記念撮影、
校舎の中は見ませんでしたが想像はつきます。
今夜からは、ロッジ泊りよく眠れる事と思います。


校長先生から、お別れの布「カタ」を頂き
帰路の安全を祈ってもらう。



子供達と。


11月7日
6時起床、7時朝食、8時出発も今日限りです。
本日も快晴のトレッキング。
11時40分、パクディン着小休憩、
初日に泊まった思い出のロッジです。
オーナーが、紅茶をサービスしてくれる。
やがて皆様も到着
我々は、勝手ですが先に発たせてもらう
(大人数は、此処に迷惑)
昼食は、往路の時と同じロッジ、
ここから、上り返してルクラです。
出発時天候が怪しくなってくる。
仕方なく雨具を着用するが降る気配はない。
少し登ったところで雨具を脱ぐ。
やがてルクラ着。
16時30分長かったトレッキングの終わりです。
今夜はお世話になったシェルパ、
ポーターとお別れの晩餐会です。
このときのビールは、格別に旨かった事と思います。
小生のコーラ、ジュースも旨かったです。
日本に来た事のないキッチン スタッフの料理、
限られた調理器具と時間であれだけの料理見事でした。  



お別れの挨拶をする川西隊長



陽気なシェルパ、ポーターと踊る


11月8日
テロ対策か空港でのチェックはかなり厳しい。
7時50分ルクラの空港を離陸カトマンズ 着8時30分。
空港に迎えのバスでホテル到着、
久しぶりのシャワーを浴び、
伸ばし続けていた髭も剃りさっぱり、
昼食に出る
予めツァーリーダーに聞いていた日本食のレストランに行く。
話し合ったわけではないのに皆様の顔が揃う。
その後土産物屋に行くがここも後から聞くと、
同じ店に行っていた。
考えることは、皆同じと変に納得する。
夕食も、外に出てツァーリーダーの案内で、
日本料理屋でする。
(正直ホテルのバイキングはチョトはまずい)

11月9日
早朝、遊覧飛行に出ました。
飛行機で“酔う”心配があるため朝食は抜いて出る。
飛行場に着いた時は夜明け前で薄暗い、
目を凝らすと辺りは深い霧
フライトが心配でその旨をツァーリーダーに伝える。
(2時間遅れで離陸しました)
8時30分無事離陸、心配とは逆に空の上は、
雲ひとつない快晴で冠雪のク―ンプ山群がスッキリと
エベレストも、はっきり望めました。


遊覧飛行のセスナからエベレストを眺め、感激する。

10時ホテルに帰着、遅い朝食で直ぐに市内観光、
カトマンズ市街でさらに買い忘れのみやげ物を物色、
今夜の夕食も外で、
中華料理で最後の晩餐会をしました。

11月10日
今朝は、久しぶりの遅い朝で、
帰国の身支度、午後カトマンズを発ちバンコクへ。
深夜11時40分、日本へ向け離陸。                

 
タイのバンコク新空港で時間待ち。


11月11日
7時定刻に関西空港着陸、
何故か大雨が降っていました。
解散、19日間皆様大変お世話になりました。
生涯忘れることのない思い出が出来ました。
ありがとうございました。


11月3日アタック当日は、3時30分に出発。
カタバタールは、もう近い。


<<戻る
<<HOME