<<戻る
<<HOME
ネパール・ヒマラヤ再訪
−エベレストを求めて過酷な山旅−

田淵 秀人



一度はヒマラヤに行ってみたい、
出来れば近くでエベレストを眺めてみたい
と思うようになったのは、いつの頃からだろうか。
高校1年生の時初めて大山に登り
山の魅力にとりつかれたのが、私の登山の始まりだった。
社会人になってからは、休日を利用して
中四国・九州の主な山を登り、木曾御岳山にも登って、
そろそろ日本アルプスに挑戦しようと思い始めた頃、
縁あって結婚、その後は仕事と転勤に追われて
山歩きどころではなくなってしまい、
いつしか山は私の念頭からすっかり消えていた。
再び山歩きを始めたのは、
定年の2〜3年前頃からのことである。
折からの不況で休日が増え、
また定年後の余暇の過ごし方を考えてのことでもあった。
定年後はほとんど毎日のように、
芥子山、操山、龍の口、高倉山、熊山などの低山を、
暇にまかせて歩きまくり、
月に1度位は岡山県北の1000mクラスの山にも登った。

秋の上高地を訪れ、
新穂高ロープウェイの展望台から穂高連峰を眺めて、
高山の素晴らしさを再認識したのもその頃のことである。
翌年乗鞍岳に登り、
穂高から槍ヶ岳に連なる高峰を
茜色に染めながら登るご来光を仰いで
その神々しさにうたれて、
さらなる登山意欲をかきたてられ、
いつかは日本アルプスを、
チャンスがあればヒマラヤトレッキングに
チャレンジしたいとの思いを強くしたのであった。

そんな思いを実現してくれたのが、
2003年岡山大学山岳会企画の
ランタン山群トレッキングであった。
神々が棲むという7000mを越える雪峰、
夜半テントから仰いだ大きく煌めく星、
トレッキング道に展開するどこか我々の子供の頃を
彷彿とさせる懐かしい風景と素朴な人々、
貧しいながらも強烈な生命力を感じさせる子供達の眼の輝き、
なんとも表現しようのない
混沌として人間臭さに溢れたカトマンズの市街、
そして献身的なシェルパに支えられて登った4986mのチェルゴ・リ峰・・・・・。
全て、私が初めて味わう素晴らしい体験であつた。
もう一度その感動を味わいたい。
その強い思いが、シニアトレッカーには過酷とも思える
カラパタール峰を目指す今回のトレッキングに、
私を踏み出させたのであった。

午前3時半、まだ真っ暗だ。
ヘッドランプをつけザックを背負う。
今日は11月3日、
遂にカラパタール峰に登頂する日がやってきたのだ。
10月24日に岡山を出発、
タイのバンコクを経由してカトマンズに泊まり、
小型飛行機でルクラに入ってトレッキングを開始してから9日目になる。
10時間をかけてのナムチェへの厳しい登り、
展望に恵まれてはいたが
アップダウンのきついタンボチェへの登り、
そしてディンボチェ、トゥクラ、ロブチェへの長時間のトレッキングは、
容赦なく私を疲労させ、
水と行動食、防寒衣、カメラだけの軽いザックすら重く感じさせる。
ここは既に5000mに近い高度だ。
タンボチェあたりから冷たい空気と埃で
喉と鼻を傷めて咳がとまらず、
安眠できていない身体には、
薄い空気がよけいにこたえる。
ザックの紐を締めなおし、
ストックを握りしめる。
空は黒く星が見えない。
身を引き締めるような冷気も感じられない。
昨日から天気の崩れる兆しがあり、
一抹の不安を抱えての出発となった。

ヘッドランプの照らし出す道だけを見つめて
ゆっくり登っていく。思ったほど傾斜はきつくない。
しばらくして夜が明けてくると、寝不足と疲労で、
ぼやけた眼に荒涼とした世界が浮かび上がってきた。
クーンプ氷河に沿った暗褐色の岩と砂に覆われたガレた道を、
大きく息を吸い込みながら、一歩ずつ進んでいく。
時折雲の向こうに姿を現すヌプチェの鋭い稜線が
かすかにダブって見える。
低圧で眼球が微妙にひずみ、
眼鏡の度が合わなくなってきたようだ。
青空は容易に姿を見せない。

ゴラクシェプで昼食をとり、
トレッキングを再開する。
足取りが重い。
次第に仲間から遅れはじめる。
しかし焦りは禁物だ。
ペースを崩し無理をすれば高山病になる。
自分のペースを守り、
吐く息、吸う息のリズムに合わせて一歩ずつ前進する。
左手にはヒマラヤにしてはまろやかな無名峰が望まれ、
道はその山腹をまいて更に奥にのびている。
カラパタールはその向こうなのか、未だ見えない。
朦朧とした頭から時間の観念が薄れていく。
しかし前進する意識はしっかりしており、
少しずつ小さくなっていく仲間の背を追って
山腹を回りこんでいくと、少し先に鞍部が見えた。
傾斜はきつくなり苦しい。
とにもかくにも鞍部まで行こう。
そこに行けば目指すカラパタールが見えるはずだ。  

蓄積してくる疲労を振り払いながら鞍部に辿り着くと、
白いヴェールをとおして先行していた仲間の笑顔が見えた。
寒気にさらされながらも、
これまで一緒に頑張ってきた仲間だ!
頂上には一緒に登ろう!
と我々を待っていてくれたのである。
温かい気持ちに励まされ、
体力と気力をふりしぼって
最後の急傾斜を登りきると頂上に出た。
うっすらと雪に覆われている。
疲れきった私には、登頂に成功した感動を味わう余力すら残されてなく、
ただ茫然とエベレストを求めて
視線をさまよわせているだけだった。
ここには、充分なトレ−ニングと徹底した体調管理を行い、
薄い酸素と10日余りの厳しいロングトレッキングに耐えた者にのみ、
見る資格を与えられる世界一の絶景が展開しているはずだった。
世界最高峰のエベレスト、
その前に立ちはだかる尖峰のヌプチェ、
少し控えめに雪壁を見せるローチェ、
これらタンボチェから遠望した高峰が
直線距離にして5〜6キロ先に聳え、
世界一美しいと云われるプモリも見えるはずだった。
しかし、エベレストのベースキャンプとアイスフォールが
辛うじて見えるだけ、他は全て厚いガスの中に隠れている。  

苦しいトレッキングに耐えてきた我々には、
世界一の絶景を堪能する資格ならば、充分にあるはずだ。
しかし、この絶景を堪能するには、
資格の他に自分の意志ではどうにもならない
幸運というものにも恵まれる必要があるらしい。
どうやら我々はどこかで女神のご機嫌を損ね、
運に見放されてしまったようだ。
クライマックスで期待を裏切られる・・・・
そんなことはままあることだ。
頑張りさえすれば願ったことは叶えられる・・・・
そんな幻想はとっくの昔に捨てている。
しかし今回だけは・・・
との我々の願いにもかかわらず、
女神は厚いヴェールの向こうに隠れたまま、
いっこうに姿を現そうとはしなかった。
風が強まり雪もちらつきだした。
こんな高所で吹雪に襲われてはたまらない。
写真もそこそこに重い腰をあげ、
下山の一歩を踏み出した。  

じわじわと登頂した喜びが湧き出してきたのは、
ロブチェに下ってテントに横たわり、
少し疲れがとれてからのことである。
食事もそこそこにシュラフにもぐりこみ、
達成感に浸りながら眠りについた。  

翌朝から登ってきたと同じ道を引き返す。
天候は回復し眺望はひらけ、紺青の空に雪峰が浮かんでいる。
下るにつれて空気が濃くなる。
相変わらず咳と鼻水に悩まされている身体にはありがたい。
9日かけて登った道を5日でカトマンズに下り、
今回のトレッキングは終わりをつげた。    

ネパール・ヒマラヤを初めて経験した
あのランタントレッキングから、はやくも3年が経過した。
再び訪れたネパールは、少しばかり変わった印象を受けた。
トレッキングルートには小奇麗なロッジと土産物屋が立ち並び、
どの家にも電灯がついている。
学校に通う子供達は制服を身につけ運動靴を履いている。
裸足で我々に追いすがり、
懸命に物乞いしてくる幼い子供達はいない。
トレッキングガイドを止め、
手軽に現金収入の得られる商売を
始めるシェルパが増えているとも聞かされた。
少しずつ豊かになっている。
それは良いことだ。
世界の最貧国の一つであるネパールに住む彼等には、
もっともっと豊かになる権利がある。
貧しくても素朴でいてほしい、
懐かしい風景はそのまま残ってほしいと願うのは、
我々先進国に住む者の身勝手な思いだろう。
しかし、豊かになるにつれてビジネスライクになり、
人間性が失われ、人と人との触れ合いが薄れていく、
そんなネパールにはならないでほしい。
人間的魅力に溢れたカトマンズが、
単なる埃りっぽい騒々しいだけの街にはなってほしくないとも思う。
だが、彼らの環境を破壊し近代化の悪影響を持ち込んでいるのは、
ほかならぬ我々トレッカーかもしれない。
ネパールは貧困からの脱却と近代化を進め、
同時に人間性豊かな社会を達成するという困難な課題を抱えている。
そのネパ―ルに何も貢献しようとせず、
快適なトレッキングしか頭にない自分に
気付かされた今回の山旅でもあった。

変わったと思うのは、
トレッキングしたルートの違いによるものなのか、
3年の年月がそうさせたのか、
それとも以前とは変わらないネパールを、
わずか2回目しか訪問していない私が
勝手にそう感じてしまったのか、
それは分からない。  

帰国してかかりつけの医者から
軽い肺炎と診断され、
1週間ばかり静養を余儀なくされた私が元気を取り戻し、
インターネットで探り当てたカラパタールの写真を見て、
思わず自分の眼を疑った。
7176Mのプモリの前に、
あまりにも小さいカラパタールが畏まっているではないか。
これがあれほどまでに苦闘して
登頂した山だとは認めたくない私だった。

カラパタールは5545M、
エベレスト登頂のスタート地点である
ベースキャンプより、わずかに高いだけだ。
ヒマラヤの奥深さを再認識すると同時に、
エベレスト登頂にチャレンジするクライマーに、
改めて敬意を表したいと思う。
今、私は再び山歩きを開始しこれまで以上に
ネパールへの思いを募らせている。



カラパタール頂上(5545m)          



手前の三角の山がカラパタール、奥はプモリ                                           


タンボチェ僧院から望むエベレストとローチェ



聖なる山クンビラを背景に
タンボチェ(3870m)に建つ、チベット仏教の僧院



<<戻る
<<HOME