X 海外遠征の記録

・1967年9月〜1968年1月
部員磯部広勝 単独でランタンヒマール、エベレスト山群、
ガネッシュヒマール、ダウラギリヒマール等の幅広い範囲の踏査を行う。
1973年3月〜5月 ガネッシュ、ダウラギリ、
ランタン山群の予備調査を行うため踏査隊を派遣する。

隊長/石原武美(OB)、
隊員/小倉英郎(OB)・川口憲二・北原孝・福尾英一。 ・・・



・1975年1月〜5月 ダウラギリX(7,618m) 
岡山大学ネパールヒマラヤ学術登山隊に参加、
未踏峰で魔の山と知られていたダウラギリX峰(7618m)挑戦。
同年5月1日、隊員森岡政明(OB)と 
シェルパのペンバ=ツェリンの二人が初登頂に成功する。

登山隊長/楳木栄一(岡山大学教授)、
登攀隊長/定金司郎(OB)、医師/湯本泰弘(OB)、
隊員/石原謙・山崎源三郎・小倉英郎・青木重夫・功野勝・
平塚広志・川口憲二・森岡政明(以上OB)・市川徳和・黒田治久・溝畑宏道。

岡山大学山岳会”ダウラギリX 1975”報告書ダイジェスト版
キャラバンルート/登頂ルートMAP。画像をクリックすると拡大表示されます。



・1979年8月〜10月 ラプサン・カルポ(7,150m)
岡山大学山岳会ネパール合同登山隊として
未踏峰ラプサン・カルポ(ガネッシュ・ヒマールU峰7150m)に遠征。
1979年10月19日、小倉英郎(OB)、ペンバ=チェリン(ネパール隊員)が
初登頂に成功、第二次アタック隊で江口真二(OB)、
前田光康、ミンマ=テンジン(ネパール隊員)、
第三次アタック隊で北原孝(OB)、横尾信も登頂に成功する。

登山隊長/大森武生、
登攀隊長/小倉英郎、
隊員/北原孝・黒田治久・江口真二(以上OB)・
前田光康・横尾信・ペンバ=チェリン・ミンマ=テンジン(ネパール隊員)。



・1986年8月〜10月 トリプラ・ヒウンチュリ(6,553m)
岡山大学山岳会ネパール・ヒマラヤ遠征隊として
未踏峰のトリプラ・ヒウンチュリ(6553m)に遠征。
1986年10月17日、畑典之、時本堅、アン=プーリ=ラマ(シェルパ)が初登頂に成功する。

登山隊長/田中源三郎(OB)、
登攀隊長/畑典之(OB)、
隊員/時本堅・小早川俊祐(以上OB)・山崎裕晶。



・1990年4月〜7月 ガッシャーブルムT峰(8,068m)
岡山大学山岳会カラコルム遠征隊として
ガッシャーブルムT峰(パキスタン・カラコルム山域・8068m)に遠征。
約5kmにわたる長大なる稜線である西稜よりの登攀に挑戦して、
1990年7月16日、片山貴寛(OB)、山根智弘、
ハイポーターのラジャーブ=シャーが登頂に成功する。

総隊長/武田昌策(OB)、
登山隊長/黒田治久(OB)、
医師/渡辺泰彦(OB)、
隊員/石原謙・片山貴寛・財津智英・東善弘・田尻英彦・
山崎裕晶・坂元賢次(以上OB)・中川広幸・山根智之・佐藤倫由(山岳会以外から参加)。



・2002年8月〜10月 ダウラギリT峰(8,167m)
岡山大学山岳会ダウラギリT峰(8167m)遠征隊を組織して、
ダウラギリT峰北東稜の無酸素アルパインスタイルによる登頂を計画するが、
ネパール国内の政情不安のため中止。



<<HOME