<<戻る
<<HOME
ネパール トレッキング紀行
H17年度入学 古川裕隆


まずは、私に若くして海外登山という
経験をする場を設けていただいた
山岳会事務局の大森さん、そして多大なる
援助をしていただいた岡山大学山岳会の皆さん、
そしてアルパインツアーの鹿田さん、
志小田さんにお礼申し上げます。

今回のトレッキングが私にとって
初めての海外ということもあり、
出発前からとても緊張していた。
また、一緒に行くはずだった山岳部の久下さんが
突然の急病により、急遽参加できなくなってしまい、
学生が自分ひとりになってしまったことが、
さらに私を緊張させた。
でももう出発は目前だ。
山に入ればいつものように楽しめる。
いや、いつも以上に楽しめる。
そんな気持ちでの出発となった。

3日目 この日から山に入った。
朝早くカトマンズを飛び立ちルクラに向かう。
ルクラではホリデーロッジに少しの間待機した。
この間に外ではポーターたちが私たちの荷物を振り分け、
私たちの前では今回のトレッキングの
シェルパ頭となるサーダーのペンパ、
そしてマイポーターの紹介が行われた。
サーダーこそ30歳を超えているが
マイポーター達はみんな20歳前後、
中には15歳の子までいて驚かされた。
9時を回って出発した。
この日はトレッキング初日であるので、
飛行機が飛ばなかったときの
予備日もかねられていたらしく
比較的短い道のりとなっていた。



ルクラにある門 ここからトレッキングが始まる


山に入ってまず感じたことは、
日本の山とはまったく違うということだ。
今回のルートは現地の人たちの
生活道を歩くため、あちこちに家や畑が
見えるということがそう感じさせたのだろう。
スタートから2時間強でランチプレイスタダコシに着いた。
ここのロッジの裏側には
クスムカングール(6367m)が雄大にそびえ立ち
ヒマラヤに入ったことを実感させてくれた。
昼食後も何事もなく行程は進み
スタートから5時間半程度で
この日の目的地のパクディン(2610m)に着いた。

4日目 この日は7時半に出発。
この日から高山病に備えて
ダイアモックスを飲み始める。
この日は、前日の説明会で昼食後以降は
結構厳しい登りがあると聞かされていた。
自分の中では本当にきついのか半信半疑だった。
この日はランチを食べるモンジョまでは
前日と同じく何事もなくスムーズな行程であった。
ただ、途中橋を渡る前でマウイスト(毛沢東主義共産党)が
通行料を取っていたことには驚いた。
ランチを食べおえしばらく行くと
聞かされていた急な坂道が始まった。
道中、先頭である志小田さんが
ペースメーカーになるのだが、
そのゆっくりペースに、
本当にこんなゆっくりなペースで
行かないといけないのか、
もっと早く歩いてもいいのではないかと思わされた。
そしてこの日は10時間半ほど歩き
やっと目的地のナムチェ(3440m)に到着した。
到着しても、あんなに歩いたにもかかわらず
まだ大丈夫と感じることができた。
今にして思えば、あのスローペースの
おかげだろうと思った。

5日目 この日は高所順応日でありゆっくりとすごした。
朝食後、この日は週に一度開かれる
バザールの日であり見て回った。
狭い道に人も物もごった返しすごい活気だった。



ナムチェ村で毎土曜日に僅かな平地でバザールが開かれる


その後は高所順応もかねて、
ナムチェの丘の上にあるビューポイントに向かった。
そこからの眺めは本当にすばらしく、
このトレッキングを通じて一番の眺めであった。



ビューポイントからの眺め 奥にエベレスト、ローチェ


午後はまず、サーダーと一緒に
寒さ対策に服を買いに出た。
ペンパと一緒に出たことがよかった。
彼は、寒さ対策としては十分な防寒着を
わずか800ルピー(1400円程度)で見つけてくれた。
値切ることに慣れていない私にとって、
その交渉のうまさには圧倒された。
その後ロッジに戻ると私はかねてから
大森さんと計画していたおでんを作ることにした。
これには二つの目的があった。
一つは、今回日本からずっと行動を
一緒にしている皆さんに、ひさしぶりの
日本ならではの食事を振舞うこと。
そしてもう一つは年齢の近い現地スタッフと
仲良くなるきっかけを作るということだった。
そういった理由で、この日初めてキッチン小屋に入った。
キッチンスタッフはみんなさすがといった感じで、
特にコック長のドメは道具の使い方から
日本人に合わせた味付けまでどれも素晴らしかった。





キッチン小屋でおでん作り、出来上がったおでんは好評だった


6日目 この日は朝8時に出発した。
途中大山さんのマイポーターのソルチェと仲良くなる。
いろいろふざけあったりもしながら進んでいったのだが、
昼前から突然体調が悪化し
ほとんど何もできない状態になってしまう。
この日の行動時間は9時間半近かったが、
あまり何も覚えていない。
ただ、登るのに必死だったこと、
そして、ペンパにずっと付き添ってもらっていたこと
ぐらいしかあまり覚えていない。

7日目 この日は幸いにも高所順応日で
タンボチェ(3870m)に滞在することとなる。
前日よりだいぶましな状態になっていたので
高所順応のための行動も皆さんと一緒に行った。
無事、4200m地点にも到達し昼前には
テントに戻ることができた。
その後はゴンパを訪ねたりもした。



お別れのケーキにナイフを入れる大森さんと井下さん


また、この日の夕食は次の日に大森さん、
井下さん夫妻、誉美さんが下山するので、
簡単だがお別れのパーティーが開かれた。

8・9日目 8日目は朝8時に大森さんたちと別れ、
カラパタールへ向けて出発した。
別れた皆さんには本当にお世話になったので
感謝とともに名残惜しい気持ちにもなった。
この後、まずは坂を下り緩やかな登りを行く
比較的楽なコースだった。
ただ、体調を崩す方が出て来たため、
この日は、目的だったディンボチェとの間に
あるショマレまでと行程を変え、
次の日にディンボチェまで行くことにした。
この日から、ヒマラヤの乾期にしては珍しく、
天候が安定しなくなってきた。
一抹の不安を抱えながらこの日は
4時間40分程度の行動を終えた。
9日目を迎え、この日になると
6日目に壊した体調もだいぶ回復した。
この日はディンボチェまでの
本当に短い行程だった。
朝8時前に出発し、
たいした登りもない道をだらだらと進む。
着いたのは11時前という時間だった。
昼食後は数人と一緒に村の裏に
複数個あったチョルテンをめぐった。
そこからは、この両日ずっと左手に
美しい姿を見せていたアマダブラを
すぐ近くから見ることができた。



8日目 道中から望むアマダブラム6814m


10日目 この日は朝7時に出発、
アマダブラムを後ろにし、
午前中は平坦な道を進んでいく。
右手には名前が印象的で
ちょっとした流行語にもなった
黒い岩山ポカルデが、
左手には雪化粧をしたタウツェ(6501m)と
チョラツェ(6440m)がそびえ立っていた。
さすがにこのあたりまで来ると、
樹木と呼べるほどの植物はなくなったのが印象的だった。
昼食をとる予定となっているトゥクラ(4620m)に
近づくと、そこには氷河や氷河湖が現れた。
初めて自分の目で見たそれは、
土砂によって埋まってしまい、
どんなものなのかは分からなかったが、
そんな高さまで来たということを実感させてくれた。
午後は午前とは一変し、
いきなりの急な上り坂から始まった。
そんな登りも、だいぶ体に染み付いてきたゆっくりの行動、
大きな呼吸のおかげで何とかなるようになっていた。
その後は、また緩やかな登りが続き3時過ぎには
最終キャンプ地であるロブチェ(4930m)に着いた。

11日目 この日は、カラパタールにアタックする日だ。
朝は、今までで最も早く2時半に起床。
それでも出発までには1時間かかり、
結局出発は3時半になる。
まだ朝も早いので
みんなヘッドランプをつけての出発となった。
何の景色も見えないまま進み、
空が白み始めたのは5時半の休憩のとき。
そこからの道のりがきつかった。
二度、三度と続くガレ場のアップダウン、
普段ならばなんてことはないのだが
さすがに5000mを超えると本当につらく
何度も足を止めたいという思いが出てくる。
そんな思いと葛藤しながら
何とかカラパタールのふもとの
ゴラクシェップ(5100m)に着く。
ここからが最後の登りになるのだが、
ここがまた急な登りで、
ほんとに最後の関門といった感じだ。
ここから頂上まで400m弱を登ることになる。
さすがにもう目標が近いだけあり、
大分興奮してくるが、
決してスピードが上がるわけではない、
と言うか上げられないのが事実だった。
最後はみんな各々のペースで
登頂すると言う形になった。
最初は手前に見える頂が山頂かと思い
それを目指して進む。
しかし、それは山頂ではないことを
途中で知ることとなる。
こんなことは日本の山でもよくあることだが、
やはり受けるダメージは大きい。
気を取り直し再び歩を進める。
やっとの思いで、肩の辺りにつくと、
そこには先に来ていたメンバーが
みんなを待っていた。
私もみんながやってくるのを
一緒に待つことになる。
改めて、山で出来るこういった仲間意識は
いいものだと思う。
待つこと40分大体のメンバーがそろい
体も大分冷えてきたので、
登頂しようと言うことになる。
そこから歩くこと10分少々、ついに今回の
目標地点であるカラパタールの頂上に着いた。
このときは本当にうれしかった。
山登りをしていていつも思うのだが、
やはりこの登頂したときの達成感がたまらない。



カラパタール頂上にて


ただ、カラパタールの後ろに
そびえ立つプモリなどを雲の間から見ていると、
いつかはもっと高いところに
行きたいと言う気にもなった。
今回の登山でも十分につらかったのに、
まだ高いところに登ってみたいと思うのは
なぜなのだろうか。また、悔やむべきは天候だろう。
本来はエヴェレストを眼前に望むはずだったが、
残念なことに曇り。
辺り一帯何も見えなかった。
いつかまたここに来なければと思った。
 
今回のテーマは「未知との遭遇」と言ったものだったが、
確かにこれ以上はないと言うほど
いろんなものを見てきた。
自分の中でこれから先、
この経験がどんな風に役に立つのかは分からない。
ただ以前よりはいろんな視点を持てるようにはなったと思う。
そういった点で、自分は成長できたのではないかと思う。
また海外に長期間行ってみるのも悪くないと思った。



日本を出発して11日目、カラパタール登頂日午前3時半出発した



<<戻る
<<HOME