<<戻る
<<HOME
エヴェレスト・カラパタール登頂トレッキング
岡山大学山岳会 川西 哲夫




ナムチェバザール(3440m)からの長い道
入山2日目の夜になって
到着したナムチェ村から、今回の苦しみが始まった。
最初に大山さんが食欲不振と下痢で2日間ダウン。
そして翌日には、山岳部学生古川君が、
タンボチェ村(3870m)では佐藤玲子さんを筆頭に
全員大なり小なり同じ症状で、
1日先行していた他の日本人パ−ティーも
調子が悪いようだ。
ドウドウ・コシ(ミルクの川)渓谷に
何が起こったのか。
折角苦労してここまで来たのに。
この調子ではカラパタール組12人のうち
半分も頂上に立てれば良い方だろう。
私も、ひょっとして登れないのではと不安な気持ちになる。



タンボチェ(3870m)から東を望む、左からエヴェレスト、ローチェ、アマダブラム


ただ全員高度順は順調のようで、
それが唯一の救いだ。
白濁の渓流沿いにシャクナゲやシムシユを眺め
比較的平らな道をヤクとすれ違ったり、
ポーターの歌声を聞きながら
ゆっくりゆっくり(ビスタ〜レ)と進む。
予定ではディンボチェ村(4343m)までの
行程で予備日にイムジャ渓谷を遡る行程であったが、
全員の体調が今ひとつハッキリせず
疲労気味のため無理せず
予備日を使うこととし途中のショマレ泊まりとし、
翌日もゆっくり進みディンボチェ村へ。
これからも全員の体調に気を配らないと・・・気を引き締めよう。
ディンボチェ村からポカルデ山を巻くように
100mほど登り切るとあとは山腹の緩やかな
平原のような道をトゥクラ村(4620m)、
ロブチェ村(4930m)へと向かう。

エヴェレスト(8848m)、ヌプチェ(7864m)は、
姿を隠しローチェ(8516m)とその麓に
アイランドピーク(6189m)が見送ってくれる。
上流左手にタウツェ(6542m)、チョラツェ(6440m)が、
遠くに真っ白く輝くプモリ(7165m)が現れ、
更に進むとロブチェイースト(6080m)の
山々がそびえたち、
振り返るとアマダブラム(6814m)は、
今までと全く違う偉容な姿に変身していた。
この辺りはまるで山々の回り舞台のよう。
夕方、一段と寒いロブチェ村(4930m)に到着。
明日は、いよいよこの長い山行のハイライトの日、
夜明け前の出発に備え早々とシュラフに潜り込む。

カラパタール(5545m)へ
夜明け前の5時頃ロブチェ村のテント場を出発。
前夜うっすらと雪が降った模様でかなり寒い。
天気もあまり良くなさそうで心配・・・。
全員体調不良と寒さの中
ヘッドランプを頼りに静かに歩を進める。
河原沿いの比較的平坦な道、
夜が明けるにつれ、右にヌプチェの
何とも云えない美しい岩肌に魅了され、
その奥にガスの切れ間から僅かに
ローチェが南面の美しい円錐状とは全く違う
トサカのような姿を見せるがすぐに消えてしまう。
果たしてエヴェレストは姿を見せてくれるのか
不安がだんだん濃くなる。
河原からモレーンの中の道に変わり
徐々に高度を上げるにつれクーンブ氷河の
全容が目の辺りに、
不気味に青白く切れ込んだクレパスを抱いて上流へと伸びて、
その最奥がエヴェレスト南西壁、サウスコルへと。
作間、福田さんが相当遅れている。
ゴラクシェプ村(5100m)で昼食後も
天候は悪くリントレン(6714m)
クンブツェ(6636m)が姿を見せるだけ、
プモリ、ヌプチェさえも見えなくなる。
いよいよカラパタールへの登り、
最後の登りは予想以上に苦しく、
今まで経験のない苦しさ、息が苦しく足も重い。
酸素50%とはこのことなのだ。
頂上では風が強く記念写真を撮るのがヤットのこと、
やはりエヴェレストは望めない。
これも大自然相手では仕方のないこととは思いつつも残念。



見る角度によって全く姿を変えるママダブラム(6814m)北面。



カラパタールから天候が良ければこの光景に出会えた。
(ナムチェで購入したカレンダーより転載)


植村直己、小西政継、加藤保夫、山田昇などの登山家、
そして田部井淳子、難波康子、
渡辺玉枝らの女性登山家が
情熱を傾けた世界一のエヴェレスト、
少しでも我々の前に
その黒々と逞しい雄姿を見せて欲しかった。
ただカラパタールの頂上へは
恐らく無理だと誰もが思っていた作間、福田さんが
執念で頂上に立ち、ロブチェ村で合流、
12名全員がカラパタールに登った事は
何よりの収穫、お互いその夜は達成感に浸る。

パンボチェ(3930m)の夜
ロブチェよりクーンブ氷河を降り
ペリチェ経由でパンボチェへと向かう。
クーンブ渓谷は水量が少なく
伏流水となっているのだろうか、
世界一の山を要する谷なのに不思議だ。
行きと違って平原状の谷間を快適に降り
カルカ(夏場の放牧場)囲まれたペリチェで昼食、
高度が低くなったため呼吸もずいぶん楽で
最奥の定住村パンボチェに着く。
前日誕生日を迎えた大山さんの祝いの兼ねた夕食を終え、
外に出てみると360度の大パノラマに圧倒される。
満月の月光に照らされ、
昨夜降った新雪に化粧した山々が輝いて
夢の世界に居るよう。
全員感嘆に言葉を無くした。
ドウ−ドウコシ沿いに北を眺めると
世界一のエヴェレストの頂上が
僅かに取り囲むようにローチェ、
ヌプチェの雪壁が聳えっ、
右手にアマダブラムとカンテガ、
左手にタウツゥがたっぷりの雪をかぶり
背後にはコンデリが輝いて、
雪と岸壁と空と月光がマッチして
幻想的な光景に言葉もない。
しばらくは寒さも忘れ、
これをしっかりと心に焼き付けておくとしよう。


最後に
入山13日間で目にした山々もさることながら、
シェルパ族の表情や生活ぶりは、
我々に深い印象を与え、
一人一人の心に刻み込まれることになった。
我々日本人と同じような顔、
谷間の狭い畑に植えられていた作物(ジャガイモ、
人参、チンゲンサイ、キャベツ、大根など)も日本と同じ。
そして「馬」という高級車を持つ家、
ヤク、ゾッキョというトラックを持つ家、
山小屋や茶屋を経営する家、
何にも無く、ただ主人が重い荷物を担ぎ
奥さんが畑仕事や家事一切を背負っている家など、
我々には余ほどの覚悟があっても続けられないだろう。
なのに皆、明るく楽しそうにしているのは何故か。
すでに我々が何かを失ってしまったのか。
今回の旅で、我々は彼らから何かを教えられた。
大切にしまって生かしていきたい。




<<戻る
<<HOME