高度障害について 思いつくままに



ヘリトレッキング隊長 平田 潤一郎

2001年9〜10月のアンナプルナ山系トレッキングでは、
ガンドルンへの登りで激しいこむら返りの頻発を経験したが、
その後の行程は皆さんに何とかついて行けた。
事務局の大森君が、ズルを決め込んだプーンヒル(3150m)にも登って来たし,
馬の世話にもならなかった。

帰国後に、甲状腺機能低下が見つかりホルモンの内服で対処し始めたし、
河合先生や武田先生が通っているOSKスポーツセンターへも行って
脚力増強をはかったし、
ランタン谷トレッキングは緩やかな登りと、
ゆとりのある日程が組んであるようなので参加を決めた。

ただ 高度1300mのカトマンズから一挙に
3000mのゴラタベラまでヘリコプターで上がってしまうのが問題で、
その後の高度順応が気がかりだった。
私はヤブ医者なので頼りにしてもらっては困ると、
宣言してはいたものの まさかの事を想定して、
高山病対策用の医薬品は携行した。

アルパインツアー社のTLの石部君が、
パルスオキシメーターを持参して 
朝夕 心拍数と血中飽和酸素濃度(SpO2)の
測定と自覚症状のチェックをすると知らされていたので、
重症化する前に対策は取れそうだなとは思っていた。
ちなみに 私達健常人は日常の生活場面では98%位で、
呼吸器疾患のある方で90%を切ると
酸素吸入を開始するのが通常だし、
80以下だと大騒動になる。

二日目 半日行程で3450mのランタン村へ登った頃から、
頭痛や息切れ、動悸や食欲不振といった高度障害が
大なり小なり皆さんに現れ始めた。
女性で一番若年の片山さんは、
この翌日の登りの途中から胃のもたれ 
吐き気 食欲不振が始まったそうだ。


高度障害の症状が出る


三日目の3840m キャンジンゴンパ村では 
ほとんどの方は、少しの距離でも急に勢い良く登ったりすると 
ひどい動悸や息切れを感じ 時に軽い眩暈を覚えることもあった。
頭痛 脱力感 食欲低下 息苦しさは、
程度の差こそあれほとんど全員に有ったと思われる。 

この高度では、SpO2は平均80%を示すのが普通だが、
個人差があって90の人もいるし70代に落ち込む人もいた。
テント内の気温も零下3.5度まで下がったし 睡眠障害も加わって 
四日目 タルチョピーク(4350m)への登行は5人が不参加。
この日に、嘔気や胃痛などの消化器症状の強くなった小林さん(ご主人)に 
準備してあったPAC(ガモフバッグ)に 二時間ほど入ってもらい 
足踏みポンプで1500mほど下山した状態に保ったところ 
効果てきめんで頭痛も不快感も消えてしまった。


ガモフバッグを使用する


ガモフバッグ


ヤラピーク隊は、さらに1500m近く登ったので
高度障害のために途中で登行を中止した方や 
肺水腫のため ヘリコプターでカトマンズまで降りた方も居たが 
酸素の濃い処に降りると治ってしまい 大事にはいたらなかった。

もう数日間日程にゆとりが有れば もっとうまく高度順応が出来ただろうが、 
60歳から70歳を超える方々のパーティだったので事故が無かっただけでも、
めでたいことかと思っている。
個人差は仕方が無いとしても やはり薄い酸素をいかに効率よく取り込んで、
効率よく消費するかがポイントでしょう。
朝夕 SpO2の計測時に 深呼吸を行うと数値が上がるのは皆さん体験済み。
小生は、生来息苦しさに敏感なので 
少しでも息苦しくなると直ぐに大きくゆっくりした腹式呼吸をする癖がある。
岡大病院、高気圧治療部での実験でも、
回の山行でも、80を切ることが無かったのはこの呼吸癖と関係していると思う。
一方 筋力面では 下り場面での脚力の低下が最大の支障だった。
OSKスポーツセンターでも登る筋力強化ばかりしたのは間違っていた。
実際の山登りをもっとこなしておくとか、
日常に階段での昇降を心掛けておくべきだったと反省している。

おわりにダイアモックス錠(アセタゾラミド)の予防効果だが、
正直なところよく判らない。
様々な効果が報告されているが 
一方、否定的な意見もあるし 
ヤラピーク隊では予防的に内服していた方にも
高度障害は発生したようだし、
利尿作用で夜間頻尿のために睡眠不足になった人もいたようだ。

もう一つ 睡眠導入剤をご利用になっている方が多かったのには驚いた。
皆さんから内服用量を相談され、
念のため日頃ご使用になっていた半分でとアドヴァイスしましたが、
いつもどおりの量を飲まれても 体に合っているのだろう 
翌朝に眠気やだるさが残った方は居なかったよう。
やはり充分の睡眠と休養 食事と水分の摂取は不可欠だ。

キャンジュンゴンパからの下りに馬の世話になってみたが、
何の説明も無く、いきなり乗せられ、
振り向いて気遣う様子も無く、ぐいぐいと馬を引っ張ってゆかれ、
なだらかな個所では誠に心地よく
周辺の風景をたんのうできるので至福感に浸れたけれど、
傾斜の強いところでは振り落とされまいと決死の思いであった。
鞍の前後をしっかりと掴む必要があり 腕力の弱い方にはあまりお薦めできない。 
しかし また行きたい 登りたい 乗ってみたい。  

馬に乗る私


未踏峰キムシュン6745m
ランタン・リルンの西方に位置する未踏峰キムシュン6745m


シェルパたちとの記念撮影
11月8日キャンジンゴンパを去る日のシェルパたちとの記念撮影


<<戻る

<<HOME