ダウラギリトレッキング日記

岡山大学山岳会ダウラギリ登山隊 総隊長 平田潤一郎


カトマンズへ
9月27日正午に岡山駅を出発。武田会長と大森事務局長夫妻のお見送り。
関空へ宅配で送ってあったダンボール箱入りのクレモナロープ10箱を
参加者全員のスーツケースと共にカウンターで計量。
規定を40キロ近くオーバーするも係りのお嬢さんが上司と電話で連絡後,
120キロの隊荷は追加料金無しでパス。
十万くらい覚悟していたので一安心。
18:00 シンガポール航空SQ975で離日。
各座席に一つ液晶テレヴィモニターが付き、
搭乗員達は親切でスマートだし飲み物も料理も選べるし味も良い。
JALも ANAもうかうか出来ないなと感じる。
23:00 シンガポール チャンギー空港着。
持ち込み手荷物のみを持ってNew Park Hotel SINGAPOREに。 
翌8日、09:10 SQ414で発ちカトマンズへ。
日本人客は我々だけになる。
関空もそうだったがとにかく手荷物とボデイチェックが
やたらと厳しく時間がかかる。
昼前にはカトマンズへ。
莫大な量の荷物を一つも損傷紛失することなく
Rolwaling Trek社のRum社長とスタッフに出迎えられる。
空港出口に群がる群衆や物売りの攻勢に度肝を抜かされる。

Hotel SHERPA で一旦休憩の後 河合卯平先輩(以下卯平さんと呼ぶ)、
定金司郎君(同じく司っさんと)ラム社長、
小生とで在ネパール日本大使館へ。
Rolwalingの運転手つきのマイクロバスは我々を乗せているのに
やたらと警笛を鳴らしつつ 接触 追突 衝突を
30〜50センチのきわどい車間距離で回避しつつ驀進。
周り中警笛の鳴らし合い。
メインストリートもセンターラインは無く
のろのろ進む三輪自動車の個人タクシーやバスを
対向車をものともせず ヒャッ,ハッ、ドキッとさせながら追い抜いて行く。
手に汗を握り心臓が痛くなる。
おまけに歩行者はmatador(闘牛士)さながらに
バイクや車をすり抜けて歩く。
喧騒、雑踏、塵埃、混沌 まさに発展途上そのもの。


在ネパール大使館
10分ほどで閉ざされた鉄柵のゲートに到着。
守衛に来意を伝えて開けてもらい
整然 瀟洒 広大な庭内に。
ここまでの街との光景との違いに
ああ此処は祖国日本の管轄する場所なのだと感慨もひとしお。
受付カウンターで現地の人らしき職員につたない英語で
"大使と横山書記官に3時に会う約束をしている"と。
訪問者記入簿にサイン後 
それぞれに番号入りの胸章が渡され、ロビーで待つことしばし、
長身の横山書記官がにこやかに迎えてくださる。





一度開錠して全員が予備室に入り終えてから閉錠して
次にまた館内へのキーをあけてと
ペルーの乱入事件を思い出させる厳重さ。
広くてゆったりとくつろげる大使室へ。粛然とした気分。
やがてこれまた優しそうな笑顔で小嶋大使。
ご令弟の両備バス小嶋社長によく似ていらっしゃるので
初めてお会いする感じが無く緊張が少しほぐれる。
河野 伊一郎 岡山大学長の親書をお渡しした後、
紅茶をいただきながら親しく最近の政情や
マオイストの動向,わが国とネパールの交流関係などのお話を伺う。





卯平さんと小生が来年の遠征計画とコンセプトを述べ 
想定されるいくつかの危惧や疑問についての示唆や意見を頂く。
大使はアプローチルートの問題点なども良くご存知で、
横山書記官に調査や検討の指示をなさる。
話題は中高年者の心身のあり方から
生きがいや心構えにまで及び
また、登山活動を広く地域の皆さんとの
共有体験にしたいという私達の構想についても理解を示してくださる。
一時間があっという間に過ぎてしまう。
司っさんはお許しを得てもっぱらカメラマン役。





RUM 社長は王室事件に加えて
アメリカの同時テロ事件のあおりで日本人観光客が激減し
自社を含めて業界関連企業や個人に大打撃を受けていると窮状を述べる。
これまた大使は丁寧に戦禍波及の
可能性の低さなどを教えてくださる。





帰途にこれまでの遠征でお世話になったコスモトレックの事務所により、
卯平さん司っさんが大津夫人にお土産を手渡し
昨今の日本からの登山隊の動きや
昔世話になったシェルパの安否などを聞く。
来年の計画のエージェンシーがRolwalingになった経緯も伝えて
快く理解をしてもらい側面からの援助も依頼し了承を得る。
夕食までたっぷりと時間が有るので
三人で狭い商店街を歩いてみるが
やたらと人が混んでいる上に物売りの攻勢にたじたじとなる。
HOTEL SHERPA の夕食は写真の如く貸し切り状態。
民族舞踊や音楽を楽しみつつ食事。
ロキシーが絶品で杯を重ねてついには一緒に踊ってしまう。








トレッキングの前半 - モディコーラ
9月30日(晴れ)Chandrakot → Ghandrunk
5:30 モーニングティー
6:00 朝食
6:45 出発
10:50 シャウリバザール 昼食
11:30 出発
15:45〜17:00 ガンドルン(1,950m)
18:30 夕食 夜になって雨

チャンドラコットからモディコーラの左岸の山腹をしばらくだらだらと。
後半は下りばかりで次第に谷川の水音が。
途中すれ違った英語圏のおっさんが
" The bridge is broken." "ホントアルカ?"と小生。
" You can swim!"ナンダ。
ジョウダンアルネ"とお互いに大笑い。
( このjoke 気に入って以後の道中でちょくちょく借用。)
岡大HPのヴィデオに出てくる吊り橋を渡って少し登るとシャウレバザール。
先行したコックが天ぷらを山盛りにして冷やしうどんの昼食。
皆さんペロリ。既に脱水気味の小生はあまり食欲なし。





ここからガンドルンまでは約1000メートルの登り。
次第に小生は遅れだし やがて両足に筋痙攣が頻発し始める。
筋痛用のスプレーをかけたりストレッチをしたりして
なだめすかしつつ登るが痙攣はあちらこちらの筋肉に移動する。
サーダーのアンプルパと若いシェルパ、
卯平さんと司っさんが案じてくれて
リュックサックもシェルパに背負ってもらうがますますひどくなる。
アンプルパが小生の重い靴を自分の軽いズックに替えるよう提案。
うんと楽になるが結局皆に遅れること一時間余。
首にかけたタオルはずくずくで絞るたびにびっくりするほどの汗。
キャンプサイトに着くと皆が拍手。
テントに横になっても四肢はおろか
胸や腹の筋肉にまでこむら返りが起き身動き出来ず。
持参のバランス飲料の粉末を溶かしては
ひたすら電解質バランスの補正を試み、
鎮痛消炎剤やビタミン剤も服用。
やっと夕食時には歩けるようになる。
アンプルパが小生の重い靴(2Kg)は捨てたと身振り手振りで言って笑わせる。





10月1日(晴れ 夕より雨) Ghandrunk → Tadapani
05:30 モーニングティ―
06:00 朝食
07:00 出発
10:30 峠で昼食
11:30 出発
12:40 タダパニ(2,725m)
15:00 ティ―タイム
18:00 夕食  

持参の軽い靴(0.7Kg)に履き替えて出発。
登り下りはあるが行程が短いので昨日よりは楽。
それでも最後尾から次第に離れて
小生に合わせてくれる岡大グループとサーダー達の5人。
ネパール語と岡山弁の会話が後から聞こえてくるが
こちらはひたすら聞き役。
卯平さんは日本史やヒマラヤに関する話を司っさんに。
ネパール語の方も楽しい話らしい。





水が流れているところや切り立った崖淵を歩く時には
アンプルパが支えに来てくれたり引っ張ってくれたり。
あまりしんどそうにしていると
お経らしいのをぶつぶつと唱えている。
"Are you praying for me ?" "Yeah" 。
景色など見るゆとりは無く
ただひたすら段差の少ないところを選んでは足を運ぶ。





岡山県山岳連盟の自然保護委員長の卯平さんは
地元岡山での山行は勿論
何処でもいつでも山道のごみを回収する。





司っさんはふざけてポーターの荷物を
額にかけたバンドだけで担いでみせ
首の骨が折れそうだとのたまう。
皆さんゆとりたっぷりで羨ましい限り。





それでも昨日ほどのひどい筋痙攣は起きず、
昼過ぎにはタダパニのサイトに着く。
雨が降り出すと写真のような2cmほどのヒルが出てきて大騒ぎ。
足や腕に吸い付かれて
取り除いても出血がなかなか止まらない。





夜 眠りかけたところへ卯平さん。
平田君 ゴミは英語でなんと言うのか調べてくれとのお達し。
そうだ。日中 外人からゴミ拾い行為を称賛されたり、
ぶら下げているポリエチレンの袋のゴミを見て
いぶかしがられたんだ。
ヘッドランプで電子辞書を検索。
garbage かなあ trash かなあ。
拾い上げると言うのは pick up か gather かなあ。
すっかり目が覚めてしまう。





トレッキング後半−ゴラパニ そして帰途に
10月2日(曇り時々小雨) Tadapani → Deurali → Ghorepani
05:30 ティー
06:00 朝食
06:40 出発
11:30 デオラリ峠(昼食)
12:30 出発
15:30 ゴラパニ(2895m)
18:00 夕食
20:00 就床

トレッキングリーダーの豊原さん(地平線社長)は
景色のよい場所で良い条件で
ダウラギリを見せようとの心配りがあるので
斟酌無しに歩を早めるのだがこれがなんとも憎たらしい。
午前中の登りでは小雨で体温も下がったのか
小生と茅原さんが遅れ気味になる。
アンプルパが"ビスタリ ビスタリ"(ゆっくりゆっくりの意)と。
言われなくてもゆっくりとしか登れぬ。
途中で小さな水力発電所があったそうだが
足元しか見てないので気づかなかった。








デオラリでは大きなおかまのようなストーブにあたり
濡れた衣類も着替えて元気を取り戻す。
デオラリからゴラパニまでは眺望が良いと聞いていたのに
あいにくの雨。





ゴラパニは商店や一寸したホテルや学校の運動場もある村。
電気も引かれていて国際電話も可能。
外国人も多い。(日本人は我々のみ)
あいにくの曇天でダウラギリも見えず。
明朝もこんな天気ならもう一泊と言う話も出る。
メインストリート(全長 50m)には露天の土産屋も多く、
時間をつぶすのには事欠かない。
本屋で絵葉書やプーンヒルから撮ったパノラマ写真を購入。





アンプルパから酒は控えろと忠告されていたものの
村のお婆さんがたむろしていたバッティ(茶店)の
ストーブにあたりながら湯割のロキシーを啜る。
若い中国系アメリカ人の娘さんも加わって和気藹々。
数年米国へ留学していたことのあるJr.と話がはずむ。

明朝 好天なら朝食前にプーンヒルへ往復なので早めに就寝。
雨が降って一日沈殿なら良いのにとも思う


10月3日 (快晴 良くしたものだ)
Ghorepani → Poon Hill → Ulleri → Hile
03:45 ティー
04:10 出発
05:30 プーンヒル(3,193m)
07:30 朝食(美味かったこと)
08:30 ゴラパニ出発
11:00 ウレリ(1960m)で昼食
15:30 ヒレ(1430m)着
19:00 夕食 (デコレーションケーキ)
20:30 パーティ



【最高地点プーンヒル(実村さん撮影)】

ヘッドランプを頼りに身支度をして
カメラとペットボトルのみの軽装で
まだ寝静まっている村を抜けるとすぐに登り道。
早い人なら四十分かな。
厚着をしているので休憩の度にヤッケやセーターを脱いでは
腰に巻き、ビスタリ ビスタリと一時間余で到着。
混まないうちにと10メートルほどの展望台に上がってみるが
黒くシルエットだけのダウラに全開でカメラを向けると
露出時間が三分と表示される。
やがて数十人程の人達。てんでに三脚をセット。
ホットコーヒー(?)の屋台も出ている。
遠くて、低く見えていても実際は高い山の
頂上から順々にモルゲンロート!! 
全員揃ってネパール国旗を囲んで記念写真。
下りは4、50分でキャンプサイトに戻って
写真にあるようにダウラやアンナプルナに囲まれておむすびの朝食。
みんなニコニコ。食欲旺盛。
リーダーの豊原さんも安堵の様子。
サーダー以下のスタッフ達も明るく嬉々としている。





傾斜地に肩を寄せ合うように集落のあるウレリで昼食。






ここまでのジョムソン街道の下りはまだしも、
昼食後からのブルンディ コーラ(川)への下りは
急な坂で石段が三千を超える。
足首の保護の為にせっかく好日山荘で求めつつもお蔵入りしていた
 SIRIO の登山靴に履き替える


街道は十頭前後のロバが列をなして通り過ぎる。
登ってくるのは野菜や日用雑貨、トレッカー用の食料や燃料。
山側に避けていないと大きな荷駄にドスンとやられて
斜面を転げ落ちることに。
下がるのにも難渋するこのルートを登ってくる人も多い。
荷持の大半をポーターに運んでもらっている人がほとんどだが。
お父さんが20キロ以上、お母さんも子供達も
それぞれにリュックを背負って登ってくる一家も。
思わず Good luck! と声を掛ける。





河原を歩いたり 少し高巻きをしたり 
吊り橋を渡ったりしてヒレに三時半には到着。
茶店に隣接したロッジで夕食。
ビールも ロキシーもたやすく手に入れることができる。
写真にお見せするように手の込んだ美味しい献立。





デザートにこれまた写真でもお判りのような見事な
デコレーションのケーキが出る。
Happy Nice Trek See you againと書いてあるのがニクイ。
新郎ならぬ隊長の卯平さんがケーキカット





さよならパーティはサーダーの進言もあってアルコールは控えめにして
我々 シェルパ キッチンスタッフ ポーター 全員で唄ったり踊ったり

豊原さんの珍妙な踊り(有名らしい)にも笑い転げる。
山岳会の三人は 岡大の部歌を放歌。
最終節 "明日はお立ちーいか お名残ーり惜しやー " を 
即興でブロークンイングリシュにトランスレート。
まあ 謝意は伝わったでしょう。 
締めの卯平さんの挨拶はJr.に同時通訳を。
サァスガァ。(この若者 まだ独身です。)
坂川さん達 お元気な長老方は
この後も村の酒場で外国からのトレッカーたちと
国際交流をなさった様子。





10月4日 (晴れ)
Hille →Birethanti → Nayapul → Pokhara ( Hotel Stupa )
05:30 ティー
06:00 朝食
07:00 出発
10:00  ビレタンティ(1,025m) (昼食)
11:00 ナヤプール(1,070m)
11:10 バスで出発 
14:00 ポカラ スツーパホテル  自由行動
19:00 夕食 

ブルンディ コーラ右岸沿いに楽な下り。
標高差 400m を三時間。
カメラが趣味でトレッキング中ずっと専属のポーターに機材を
運ばせていた實村さんは
立ち止まっては撮影追い越しては撮影と大忙し。





ビレタンティでトレッキング最後の昼食。
吊り橋を二回渡って 軽く登り下りの後 
ポカラ バグルン ハイウェイ
(高速道路とは言えないがバスやトラックが通行可能)
に面したナヤプールにたどり着く。





満艦飾に飾りたてたバスが待ってくれていて 
ポーターたちが既に大半の荷物を載せ終わっている。
ここでも土産物屋と売り子の攻勢。


サーダーのアンプルパがポーター達それぞれに賃金の支払いを行う。
行程中 毎日きちんとノートに整理して
明細を書き込んでいた様子で何のトラブルも無い。
日本円にすると気の毒なほどの額だろうが
小額紙幣なので結構分厚い紙幣の束を手にして
皆の顔もニコニコ。
ナヤプールをともに発ったスタッフはルムレで降りる。
明朝からまた次のトレッキングに雇われるのだそう。
初日に会ったチベッタンの若者達にも再会。





ポカラ・カトマンズ - 帰国へ
二時間少しで(混み具合でかなり違うのだそう)ポカラの街に入り
大きなガジュマルの木のある道から 
路地をくねくね回って写真にあるホテルスツーパへ到着。





庭の木や草花もよく手入れされている。
こぢんまりとした清潔な部屋が用意されてあり
早速シャワーを浴びて庭先のバーでお茶やビールでくつろぐ。
夕食はちょっと気取ったスタイルに着替えて
ホテルのレストランで。





10月5日  (晴れ) 
Pokhara → Phewa Lake → Kathmandu (Hotel Sherpa) 
07:00 朝食
08:00 ポカラ市内観光(ペア湖でボート巡り)
12:00 ホテル発空港へ(かなり待たされる)
15:00 カトマンズ 
18:30 夕食 (チベット料理) 

朝、歩いてすぐのペア湖畔へ。
三艘のボートに分乗してのんびりゆったりと湖上を西方に行くと
アンナプルナもダウラギリも遠望できる。
船頭は互いにぺちゃくちゃ。
何を言っているのか判らぬ。
写真を撮るためにボートの移動を指示するには
いちいちガイド役のシェルパを通さねばならぬ。
湖岸では何かのイベントを放送局が取材しているらしく賑やかで 
村人のボートこぎ競争も始まる。のどかの極み。





空港ものどかでチェックイン後も飛行機がなかなか飛んでこない。
夕刻 ホテルへ。チベットの鍋料理とロキシーをたんのう。





10月6日  (晴れ) カトマンズ滞在
04:30 司っさんとJr. ナガルコットヘ
05:30 8人はマウンテンフライトへ
13:30 市内観光 
( パシュパティナート、ボーダナート、スワヤンブナート寺院 )
18:00 夕食 

早朝 まだ暗い中をホテルの用意してくれた朝食のボックスを持って空港へ。140ドルでMountain Air社のエベレストフライト。
かなり大勢のお客がそれぞれの会社に分かれて。
私たちのは 横っ腹に大きくエヴェレストの絵が書いてある十数人乗り
各窓際に一列席のみのプロペラ機。
操縦士二人とスチュワーデス。
上空は曇っているしなかなか飛び立たぬので案じていたが
飛び立って雲を抜けると快晴。
マナスル ゴザインタン チョオユ プモリ ヌプチェ 
そしてエヴェレスト ローツェ 遠くマカルー。
配られていたパノラマ図版を前部座席の止め具にはさんで 
ひっきりなしに窓外の山稜と見比べていても
どれがどれやら迷って判らなくなりそう。
スチュワーデスのお嬢さんが歩み寄ってきては教えてくれるので
やっと確認できる。
乗客は順番にコックビットに招かれ操縦士の説明を受けつつ
フロントガラス越しに眺めたり撮影させてくれたり。
後方に居た小生の順番になって入った時が
ちょうどエヴェレストに最近接。
ヴィデオにたっぷりと収める。
エヴェレストのあたりでユーターンして
復路はもっと山並みに近づいて飛び、
40分ほどでこのドラマチックな体験は終了。





午後は 豊原さんの学識豊かな
(と書いていたら 豊原氏から一風変ったとか
面白いに直すようにと言ってきたが 
実際良く勉強しているので拒否する)
説明を受けつつ宗派の異なる三つのお寺を見学。
ボーダナートは大きく高い黄金色の塔の周囲を 
マニ車が無数に置かれていて 
それを回しつつ一周するようだ。
一段と高い場所にも周回路があり日差しがきつく
寺院の外に隣接したレストランのビールが欲しくなる。
パシュパティナートはヒンドゥー教徒しか入れないが、
外の丘の上から川沿いに設けられた火葬台が見える。
先般暗殺された国王方もこの場所で弔われたと。
スワヤンブナートは何宗だったか 
スツーパに巨大な眼が描かれて居て荘厳さとは縁遠い印象。
何処も大勢の人で土産物屋や商店がびっしり。
丘の上に上がってカトマンズ盆地を一望にした夕刻が美しかった。
司っさん親子が早朝に行ったナガルコットも遠望できた。
ホテルの近くの民芸品店でパシュミナのショールやセーターを安く購入。
日本人客の激減で打撃を受けていると
日本語の上手な店主が嘆いていた。 
夕食はホテルの近くのレストランで。
終わってその上の階にある広間で
他の観光客達と共にロキシーをのみつつ
若くてきれいな娘さん達のネパールダンスを見物。
少し妖しく美しい。







10月7日  (晴れ) Kathmandu → Singapore →
10月8日  (晴れ)   →  関西空港 →  新大阪 → 岡山 
07:00  朝食  
10:00 ホテル発  
12:50 SQ975  カトマンズ発
19;30  シンガポール着 SQ986 で 
06:40 関空  はるか ひかり と乗り継いで  
10:50 岡山駅到着 

ついでにチトワンへ足を伸ばす坂川さんと實村さんは早くに出発。
これまでに送った遠征隊の隊荷であるクレモナロープなどの保管状態を
Rolwaling社の倉庫に確認をしに行った後 
もう一度思い出したお土産の買い物に行って空港へ。





例によっての喧騒 雑踏にもかなり馴れている。
Rum社長たちの見送り。来年の再会を約してゲートへ。
搭乗を終えると後はじっとしていても日本に帰れると思うと
途端に気が緩む。かなりの空席があり
ひたすら横になって眠る人。くつろいで読書を楽しむ人。
深夜のシンガポール空港ではもう一度免税店での買い物。
ひさしぶりにチャアシュウ麺やワンタン麺を賞味する人。
せっかく減った体重を維持したいと我慢する小生。





早朝 関西国際空港着。
増えた荷物にうんざりしつつ岡山。
出発時と同様に武田さんと大森さんの出迎え。 
互いに再会と無事を喜び合う。 
平均年齢が六十一歳 最高齢者が七十歳近い十一人が
体調も崩さずに歩きとおし、
好天に恵まれてヒマラヤの大パノラマを満喫できたのは
誠にもって慶賀の至りと言えよう。 
来年の遠征計画にあたっている小生としても
学びかつ考えさせられた事が多く得がたい体験でした。


<<戻る

<<HOME