‘05年の山行記録  ’06.2/3


藤田 信





いづれも“山とチョウ”の写真を
撮りがてらの山行です。
チョウが山と一緒に写せる場所に
止まってくれるまで、時には1〜2時間待つこともあり、
コースタイムは参考になりません。


4月8日(金)晴
丹沢山系(神奈川県)
北西端の石砂(イシザレ)山(580m)、高柄山(733m)

“春の女神ギフチョウと渓流のせせらぎ”(写真-1)を撮影。 4月14日(木)快晴
丹沢山系北西端の御牧戸山(1,048m)、牧馬峠(500m)

写真-2 ヤマザクラに止まるギフチョウと袖平山(丹沢山系、 1,432m)
4月28日(木)快晴
山梨県北部の乙女高原、ヨモギ頭(1,725m)

“ヒメギフチョウ”を狙って行くが、
林道が工事中車両通行止めのため
歩いたら時間切れで成果なし。 


4月30日(土)快晴
八ヶ岳・立場川(立場岳西面1,400〜1,700m付近、長野県原村)
自宅(5:15)・・・立場川(8:00〜15:00)・・・帰宅(17:30) (・・・は車)。

“ヒメギフチョウ”を初めて撮影できた。
5月3日(火)曇のち晴
八ヶ岳・柳川南沢(赤岳西面1,500〜1,800m付近、長野県茅野市)
自宅(4:30)・・・柳川南沢(8:00〜15:30)・・・帰宅(18:30)

連休で中央道がかなり渋滞した。


5月10日(火)曇のち晴
丹沢山系・仏果山(747m)、石老山(694m)


5月17日(火)快晴
南アルプス北端の入笠山(1,955m)およびその南面の小黒川
写真-4 “ウスバシロチョウと仙丈岳”等を撮影。


写真-4
(上左)オオズミに吸蜜するウスバシロチョウ
(上右)鋸岳(2,985m)
(下左)仙丈岳(3039m)、入笠山々頂直下で


6月6日(月)晴
南アルプス・戸台川 (1,000〜1,600m付近)
自宅(5:20)・・・橋本山荘(8:00)→丹渓山荘(12:00)→橋本山荘(15:30)

嘗ては甲斐駒・仙丈へのアプローチとして
賑わったこのルートも、南アルプス林道(バス道)の
開通で人っ子一人いない。
“クモマツマキチョウ”を求めたのだが成果なし。


6月14日(火)快晴
南アルプス・三峰川(間ノ岳の西面)
自宅(4:30)・・・三峰川林道ゲート(約1,300m、9:00)→
熊沢出会(約1,500m、12:00) →三峰川林道ゲート(14:30)→塩沢往復(16:30)

この日も“クモマツマキチョウ” を求めたのだが、またも成果なし。


6月17日(金)晴時々曇〜18日(土)晴
南アルプス・野呂川上流(北岳西面)
自宅(3:30)・・・仙流荘(7:00〜8:05)---バス--→北沢峠---バス-
-→野呂川出会(10:10)→小仙丈沢出合(10:45) →
大仙丈沢出合(12:15) →両俣小屋(16:00)
泊(3食・布団付\8,000.-)他に相宿2人

北沢峠を越えてバスで入れるとは・・・。
24歳の5月、単独で戸台から黒川・戸台川を黙々と歩き、
やっとの思いで北沢峠に野営したことが、
何故か悲しく思い出される。
野呂川出会から両俣小屋まで
2時間のところを、クモマツマキチョウを追って野呂川を対岸へ
渡渉したりで6時間をかけた。甲斐有って念願の
“幻の高山蝶クモマツマキチョウ♂・♀”(雲間褄黄蝶)が撮れた。
少年の頃珍種のチョウを採った時のように、胸が高鳴った。
(写真-7,8)


18日(土)晴
左俣を左俣大滝出合まで遡行した後、
昨日来た野呂川沿いの道をバス停へと歩く。

両俣小屋(10:00)→大仙丈沢出合(13:30)→野呂川出会(14:40)
昨日の成果に、余裕を持って降る。
後にチョウ仲間から聞こえてくる話で、
この日の野呂川の“クモマツマキチョウ”は
異常に多かったらしい。幸運だった。
写真-7、8も・・・。

    ―――――――――――――――――――――――――――

7月7日(木)曇のち晴
八ヶ岳南麓・小淵沢高原および南アルプス北端・入笠山東麓
国蝶“オオムラサキ”を探すが撮れず。


写真-7 食草のミヤマハタザオに止まって交尾するクモマツマキチョウ、左が♂。
野呂川源流域で


7月9日(土)曇のち雨
浅間山系・湯の丸山(2,101m)、角間山(1,981m)、
烏帽子岳(2,66m)何れも長野県東御市。および群馬県嬬恋村鹿澤付近。

自宅(4:30)・・・高峰高原を経て地蔵峠(約1,700m) →
湯の丸山(11:20)→角間山→烏帽子岳→地蔵峠(16:00)・・・自宅(20:30)

高山蝶の“ミヤマモンキチョウ”を追って、初めて撮影できた。
嬬恋村に“ミヤマシロチョウ”を探したが果たせず。

写真-9 ニョホウチドリに止まるミヤマモンキチョウ♂、
遠景は中央遠く:浅間山(2,568m)、右:篭ノ登山(2,202m)


7月16日(土)霧のち曇
八ヶ岳東面・大門川上流および川俣川東沢上流

“ミヤマシロチョウ”を求めて遡行したが、成果なし。


7月21日(木)晴〜22日(金)晴
八ヶ岳・赤岳(2,899m)、キレット、権現岳(2,715m)、三ツ頭(2,580m)
自宅(5:00)・・・大泉清里(1,650m、7:00)→県界尾根取付(8:00)
→小天狗(2,178m、9:00) →大天狗(2,420m、11:00)
→赤岳(14:00) →キレット小屋(16:20)・泊

赤岳への最後の登り約300mは
殆どが鎖か鉄梯子の連続でホトホト参った。
10kg程度の荷物しかないのにきつかった。
また、この後の赤岳からキレットへの
降り400mは落石が怖い。二度と行く所ではない。
キレット小屋は私一人だけ、
若い小屋主と持参の焼酎で酔い痴れた。


22日(金)晴
キレット小屋(7:30) →旭岳(2,672m、8:30) →権現岳(9:30)
→三ツ頭(10:30) →前三ツ頭(2,364m、11:30) →天女山(1,529m、14:00
)
高山蝶の “クモマベニヒカゲ” ・“ミヤマシロチョウ”を探したが、
まったくいない。1週間ほど早遅しているらしい。


8月5日(金)快晴のち霧/雨
八ヶ岳・三ツ頭
自宅(4:30)・・・天女原(1,450m、7:00) →前三ツ頭手前の草原(11:00)
→三ツ頭(12:30) →天女原(16:00)

“クモマベニヒカゲ”は沢山いたが、
マルバダケブキが咲いているのに
“ミヤマシロチョウ”はまったくいない。
権現岳までの積りだったが、ガス濃く引き返す。


8月11日(木)曇
大菩薩嶺の南・大蔵高丸(1,781m)、ハマイバ丸(1,752m)
湯ノ沢峠(約1,600m、8:30)→大蔵高丸(9:20) →ハマイバ丸(11:15)


8月30日(火)晴のち曇
神奈川県山北町・鉄砲木ノ頭(729m)、三国山(740m)
“ヒメシロチョウ”を初めて撮影。

写真-13 カワラナデシコに止まるヒメシロチョウ♂
背景は富士山と山中湖、鉄砲木ノ頭(1,291m、神奈川県山北町)で


9/29(木)晴、10/20(木)快晴〜22(土)曇
沖縄本島に出張がてらチョウの撮影が出来た。
“内地”、特に関東以北ではチョウはシーズンオフだが、
こちらは熱帯系のチョウが沢山飛び回っていた。
だが山が無く(最高峰で約500m)“山とチョウ”は撮れなかった。
南国らしい写真を2〜3紹介します。





<<HOME