<<HOME
07年の山行記録 その1
藤田 信  


‘06年秋のヒマラヤトレッキングでフラフラになって帰国し、
体力回復に努めながら年が明け、
少しずつ体を慣らそうとぼつぼつの山行を再開した。
今までの様に「山と(高山)チョウ」の撮影を兼ねた山行から始め、
体力がほぼ回復した6〜7月、
もっと鍛えようと近場の丹沢・奥秩父や
奥多摩等の所謂“藪山”を遮二無二歩き回った。
が、暑さに耐えるだけが“困難さ”の“藪山”山行に
いささか辟易し、自ずと「雪と岩のヒマラヤ・その気高さ」を思い起した。 

それからは、“山とチョウ”の撮影は
もっと歳を取ってからでも出来るだろうからと、
暫らくは止めよう。
そして“暑さに耐えるだけ”ではなく、
少しは高尚な“困難さ”に立ち向うべく、
南アや八ヶ岳でせめて樹林限界以上や
出来れば雪を求めた山行をと、
“困難さの程度”を高めるように努めた。
ただ何れも単独行である事と年齢的な事とで、
“避けるべき危険性”は多くなり、
“飽く迄立ち向うべき困難”は
その限度が年々低くなってしまう。
辛い現実だ。
これが川西が云う「歳相応の山行」と言う事なのだろう、
甘受せねば・・・。

3.26(月) 晴  
石砂山(580m、 丹沢山系の北端・神奈川県藤野町)  
岩殿山(634m、奥秩父山系の南端・山梨県大月市)   

 “春の女神・ギフチョウ”を探したが、
今年は寒く未だ羽化していない。

3.28(水) 快晴  
犬目丸(861m) →扇山(1,138m) →大久保山(1,109m) 

いずれも奥秩父山系の南端・
山梨県上野原市、大月市
富士山を背景にして
写真-1「春の女神・ギフチョウ」が撮れた。

4.13(金) 曇  
高尾山(599m) →景信山(727m) →北高尾山稜・富士見台(570m)
奥多摩山系・東京都八王子市、山梨県相模原市    

最後の下山路で地図が間違っており、
終バスの無くなった暗い道を3時間も歩いた。


写真-1 春の女神ギフチョウ

4.21(土) 快晴  
焼山(1,060m) →黍殻山(1,273m) →袖平山(1,432m) 丹沢山系、
神奈川県相模原市 1,000m付近から積雪、
袖平山では踝を没するほどに積っていた。

一昨 夜積ったらしい“春の名残雪”、
久しぶりに雪の上を歩けた。
なお“焼山”の名は、この辺りが将軍(徳川)家の狩場で、
毎年山を焼いた事に由来すると言う。

4.27(金) 快晴  
立場沢、飯盛山・平沢山(1,650m) 
何れも八ヶ岳南東端    

ヒメギフチョウを探したが標高1,300mで+1℃、
寒くてチョウはいない。   
平沢山頂からの展望はちょっとしたもの、
八ヶ岳・南ア(甲斐駒・鋸・北岳・間ノ岳・鳳凰三山)・
木曽駒・浅間・富士。


写真-2 (南)八ヶ岳全景

5.3(木) 快晴  
八ヶ岳・払沢、立場沢  

再度ヒメギフチョウを探したが、
やはり寒くていない。


写真-3「朝日に輝く金色の甲斐駒ケ岳」が遠望できた。

6.1(金) 曇
蛭ケ岳(1,673m):丹沢山系の盟主 
神ノ川・日陰沢橋(6:00) →風巻ノ頭(1,077m) →袖平山(1,432m) →
蛭ケ岳(11:20) →ミカゲ沢ノ頭(1,421m) →臼ケ岳(1,460m) →
金山谷ノ頭(1,344m) →檜洞丸(1,600m、15:00) →
熊笹ノ峰(1,523m) →神ノ川・日陰沢橋(19:00)

丹沢山系の核心部の一端を歩いた。
風巻ノ頭への登りは丹沢山系で最も きついと云う。
風巻ノ頭は地形上一年中風が吹くので
その名が付いたそうで、
確かにここだけは風が強い。  

蛭ケ岳山頂は素晴らしい展望のはずだが
ガスで何も見えない。
「蛭ケ岳山荘・ 山岳救助犬」の名札を付けた
人懐こい黒柴犬がいた。
世話になる事もあろうかと、
弁当を分けてやった。  

蛭ケ岳←→檜洞丸は、
丹沢山系で最も高低差が激しい(最大400m)と 云う。
12時間行動と、丹沢山系で最もきつい核心部の為か
熊笹ノ峰からの降りで両膝が痛くなり、
ストックに縋っての下山で随分時間を要した。


写真-4 御正体山東尾根からの蛭ケ岳

その2へ>>
<<HOME