<<HOME
その3

10.18(木) 快晴のち曇   
瑞牆山(2,230m):奥秩父山系、金峰山の北西隣    
瑞牆山荘(7:30) →瑞牆山(10:30) →鷹見岩(2,092m)→瑞牆山荘(15:50)

山頂付近の岩峰群に
岩登りトレーニングしている数パーティーを見る。
昔を思い出す。
山頂は巨岩の集まりで狭い。
展望もさほどではなく、わざわざ来るほどの山ではなかった。


写真-11錦秋の金峰山頂からの瑞牆山(ミズガキヤマ、右手前)
左上:八ヶ岳、右上端:北ア・鹿島槍、五竜  


写真-12 縞枯れのシラビソ林から眺める金峰山

11.3(土) 曇のち晴   
夜叉神峠(1,730m)、辻山(2,585m):鳳凰山系     
夜叉神ノ森登山口(7:00) →夜叉神峠 →大崖頭山(オオガレアタマヤマ、2,186m) →
杖立峠(2,280m) →辻山(12:00〜13:00) →夜叉神ノ森登山口(16:30)

鳳凰三山を2泊3日で縦走する予定で出かけたが、
急用で辻山を日帰りした。2,500mからは雪があった。   
辻山からの雪を頂いた白峰三山の眺めは素晴らしい。
特に新雪の北岳バットレスは青く輝き、迫力十分だ。
杖立峠付近では、カラマツの黄葉と新雪の峰々に往く秋を惜しんだ。   
来年には縦走しよう。


写真-13 新雪の北岳バットレス、辻山(2,585m)から眺める    
ここを攀ったこともあったなぁ、と感慨に浸った。


写真-14 黄葉のカラマツと新雪の間ノ岳


写真-15 鳳凰三山・地蔵岳(2,764)


写真-16 カラマツ林とウリハタカエデの紅葉

11.13(火) 雪のち晴   
西岳(2,398m)のずっと手前、信玄の隠岩(1,700m):八ヶ岳   
立場沢から西岳に向かったが、
もともと不明瞭な踏跡が膝までの湿雪に隠され、
信玄の隠岩近くで全く道を失う。
自分のラッセルも降雪に 隠れて失い、
ほうほうの態でどうにか下山した。  
降りてみると下は晴れており、
カラマツ林が夕日に輝いていた。


写真-17 夕映えのカラマツ林

11.26(月) 晴   
高尾山(599m) →城山(670m) →千木良:奥多摩山系   
足慣らし。

12.3(月) 雪のち晴   
中岳(2,700m)の手前2,600m:八ヶ岳     
赤岳山荘(8:00) ←→柳川北沢 ←→赤岳鉱泉 ←→
横岳中山尾根2,400m(11:00) ←→行者小屋 ←→
中岳ノコル手前2,600m(13:50) →赤岳山荘(16:40)   

南沢の予定だったが、途中の橋が流失したとの事で
遠回りの北沢を行く。20〜30cm雪が積もった石の川原は
何とも歩き難く、何度もルートを失いそうになる。
中岳まで行く積りだったが、
4本爪アイゼンにストック1本では如何にも頼りなく、
膝下までのラッセルの疲労もあって
後100mを残して引き返した。
準備不足で失敗の山行だが、
久しぶりの雪山にわくわくし、
思い切り雪と格闘出来た。
「やはり是だ、“岩と雪”の世界だ!これを求めていたのだ。」
と一人雪山に感激する。
雪は“困難さ”を(歳相応に)高めてくれる。
この“困難”に立ち向う時が、
山登りの一番の醍醐味だと思う、嬉しい。
雪山の写真が撮れたのも嬉しかった。
帰宅後、昔の12本爪はもう使いこなせないだろうと
急いで8本爪アイゼンを買う。
山岳保険も「山岳登攀コース」に入り直す。


写真-18 新雪の阿弥陀岳(中央、2,805m)と中岳(左、2,700m)         
この「中岳」まで行く予定だったが、
その右の「中岳ノコル」の50m手前で引き返す事になった。


写真-19 白銀の横岳(2,829m)西壁、
柳川北沢上部2,060mから仰ぐ


写真-20 横岳・大権現(2,829m)の威容、
中山尾根2,400mから望む


写真-21 八ヶ岳の盟主・赤岳(2,899m)、厳冬の佇まい

12.12(水) 晴のち快晴   
日向山(1,660m)、駒岩(2,029m)の手前:南ア、
甲斐駒ケ岳・八丁尾根の東端    
矢立岩(日向山登山口、8:00)←→日向山(10:00) ←→
駒岩(2,029m)の手前 →矢立岩(16:40)    

矢立岩の上1,200m付近からの雪に
真新しいアイゼンのスノープレートが役に立つ。
“だんご”にならない、巧い物を考えたものだ。
大型リングに取り替えたストックも良く役立つ。
稜線に出るとウィンドクラストにアイゼンの軋みが心地よい。
ただ尻革の代わりのウレタンの座布団は、
雪の上では何だか頼りない。      

日向山頂からの甲斐駒ケ岳は、
深田久弥の言う「その強烈な個性」そのもの、
なかなかの迫力だ。      

荒れて夏道が殆んど無くなった鞍掛山(2,037m)に向かうも、
思ったほどの積雪がなく藪こぎがきつい。
このままでは日が暮れてしまうと、
駒岩(2,029m)の手前から引き返す。
雪の多い残雪期にまた来よう。


写真-22 厳冬の甲斐駒ケ岳(2,967m)


写真-23 日向山(1,660m)山頂と甲斐駒ケ岳

12.20(木) 晴ときどき曇   
陣場山(857m):奥多摩山系
和田 →陣場山(857m) →堂所山(731m) →景信山(721m) →
城山(670m) →高尾山(599m) →高尾山口      

この日高尾山頂でダイアモンド富士
(夕日(朝日)が富士山頂に懸かる)が見られるとの事で、
陣場山から逆走した。
雲が多かったが高尾山頂で夕日が落ちる16:20頃綺麗に晴れて、
ダイヤモンド富士が見られた。
山頂は400〜500人の人でぎっしり。


写真-24 ダイヤモンド富士、高尾山頂(599m)から      
これが今年の山行納めだ。            

12月中旬から4月半ばまで、南アや八ツでは
(北アに較べて発達した)林道が殆んど閉鎖されて
アプローチが往復7〜8時間余計に掛かり、山行きが難しくなる。
完。



<<HOME