浦田川の滝(滝谷・穴毛大滝)巡り
執筆者/川西哲夫
新穂高温泉周辺の地図、クリックすると拡大表示します。
−2005年10月12日(水)−
新穂高(13:00)→白出沢(15:00)→滝谷非難小屋(16:30泊)


ブナ林に囲まれた林道をこもれ日を浴び
谷からの爽やかな風を感じながら懐かしい白出沢へ
白出沢からは針葉樹(シラビソ)の登山道となり
チビ谷近辺からはダケカンバが混じってくる。
白出沢は年中閉鎖のこと。
滝谷出合近くではブナ林が消え1800mが森林限界か
今日出会った登山者は2人のみ。
滝谷非難小屋は扉が壊れ、スキ間風に悩ませながら
淋しい一夜、夜明けが待遠しい。


−10月13日(木)−
滝谷出合(7:00)→滝谷雄滝(9:00)→新穂高キャンプ地(14:00泊)


雲一つない絶好の天気
滝谷出合より予想もしていなかった滝が
上方に見える、雄滝か。

旧い資料にあった滝へのルートを探すため
藤木レリーフから5分ほど登った右手に
赤旗を見つけるが途中で廃道。
再度出合に戻って谷を右岸寄りに遡行する。
途中黒っぽい巨岩にソニー山岳部
”岩稜の彼方へ”のレリーフがある。
さらに上を目指す右岸にビンガ状の岩壁がそびえ
崩れないかと怖れながら急いで通過すると
雄滝が迫ってくる。

2000m地点の雄滝は、滝谷のA〜Fの全ての
水を集めているのか水量も多く落差は20mほど。
左側に僅かに見える雌滝は推量が少ない。
更に上部のナメリ滝はここからは望めず、
ルートもそれらしいものがまったく見つからず断念する。

滝としては平凡であるが、
滝の上方は1100mの高度差で
覆いかぶさる滝谷のドーム、
第一尾根などの岩壁群がそびえ立ち
その迫力に圧倒される。

帰路、白出沢までは昔ながらの登山路の下りを満喫する。
出会った登山者は5名。
穂高平小屋で振り返ると
槍からジャンダルムの稜線が晴れ渡った青空に望め
別れを告げる。


−10月14日(金)−
新穂高(7:00)→穴毛谷出合(8:00)
          →穴毛大滝(11:00)→新穂高(14:30)

左俣林道の途中より左に入り、
15以上ある堰堤最上部の真下の河原をそのまま進み
右岸沿いに取り付き上部に出る。
1400mよりいよいよ穴毛谷のスタート。



穴毛谷下部
左より1〜6沢が合流


過去の文献にはないが2の沢の落石注意と聞いていたので
そこだけ左岸寄りに進みあとはほぼ中央部を遡り
帰路のルートのため流木やケルンを積みながら進む。
2の沢を過ぎた所で狭いゴルジュとなり
以後2〜5mの巨石がゴロゴロ現れ
自分流のルートファインディングを楽しむ。
谷自体はゴミもなく、所々に化粧ヤナギ、フジバカマ、ウスユキソウ、
ミヤマリンドウなどが見られ、心をなごませてくれる。



3の沢手前のゴルジュ


4の沢出合 正面笠ヶ岳


2の沢、3の沢を過ぎてもいっこうに
大滝らしいものは見当たらない。
4の沢は笠ヶ岳主峰からの水量も多く雪渓も残っている。
5の沢でもまた左岸よりの
岩壁に道をふさがれ上流が見えない。
いい加減ウンザリしながら
もう滝などはないのではと思いつつ
6の沢に来たとき突然視界が開け
左前方に穴毛大滝が顔を出す。
ここからではそんなに大きい滝には見えない。

2000m地点に近づくにつれ、
岩壁の間を空からそのまま流れ落ちる優美な姿に感動。
太陽の光に輝きながら落差25m、
まるで粉雪が舞い落ちる様。
水量はそんなに多くはないが
この高度でどこから流れてくるのか
山が誰にも見られたくないため、
見せたくないこんな奥まった所に大滝を造ったのかも
これだから山登りは止められない。



天空より落差25mの穴毛大滝 


こんな美しい滝に巡り会えた喜びで30分ほど眺め
感動と感激を胸に穴毛大滝に別れを告げ
帰路目印を頼りに幸い落石もなく降る。


2000m地点の穴毛大滝 右上笠新道杓子平の稜線



<<HOME