<<HOME
【スイスアルプス物見遊山 2007年8月】
<インターラーケン : ユングフラウ、アイガー行>


黒田治久

12年ぶりにスイスアルプス物見遊山に行きました。
もちろん登攀でなく観光です。
でも目の前にあるユングフラウを見ると
1時間で頂上に行けそうでした。
しばしスイスアルプスをお楽しみください。



インターラーケンから電車で
クライネシャイデック(2061m)まで上がり、
登山電車に乗り換え、ここユングフラウヨッホの
展望台に着きます(3454m)。
背景はユングフラウ(4158m)です。



上の写真のユングフラウから振り返ると
メンヒ(4107m)が眼前に迫ってきます。
ここも30分くらいで上れそうです。





下りの登山電車を途中駅でおりて、
クライネシャイデックまで
40分くらいハイキングで下山しました。
背景はユングフラウです。
左の氷河はアイガーグレッチャー(氷河)です。





登山電車からのアイガー(3970m)と北壁です。
以下アイガーの歴史です。
1858年初登。
1921年:日本人初登 槙有恒。
1838年:北壁初登 ハインリヒハラー。
1965年:日本人北壁初登 高田光政。
1969年:北壁単独初登 ラインホルトメスナー(1日半で駆け上る)
1977年:冬季単独初 長谷川恒彦 ・・・・・





ハイキング途中から見たアイガー北壁です。
非常に急峻なのが判ります。
8月の中旬ですが、雪が付いています





アイガー北壁の中心にあるクモと呼ばれる雪田の拡大写真です。
いわゆる雪崩の巣です





ブライトホルン(3782m)・・・
こんな秀麗なピークもあります





アレッチ氷河(24km)。
ヨーロッパアルプス最大の氷河です。





<ツェルマット :マッターホルン行>
スイス、ツェルマットの駅前です。
街は左のほうに直線に広がっています。
左の緑の山のところに
マッターホルン(4478m)が頭を見せています。





ゴルナークラート展望台へ上る
登山電車からのマッターホルン全景。
完全な独立峰です





マッターホルン周辺には
沢山のハイキングコース(冬はスキー場)があります。





ゴルナークラート展望台(ホテル)からのマッターホルン。
12年前の11月、泊まった客は僕一人でした・・・。
というか、もうシーズンオフだったが
無理を言って泊めてもらいました。
大きなセントバーナードが
入り口で寝そべっていて、
優雅な雰囲気でした。
そして親切にも、僕一人なのに
朝夕とも贅沢な食事を出してくれました。



終わり

下の写真をクリックすると写真が拡大表示されます。




<<HOME