ヒマラヤの懐に住む人々
〈ランタン谷での点描〉

定 金 司 郎



シャブルべンシにくだる自動車道のすぐ上にある
バルクの小学校の運動場で、トレッキング初日の一夜を明かして、
いよいよキャラバンを開始した。

学校の裏山を巻くように路は登っている。
やがて樹林帯に入る。
木々の間からは対岸の急な斜面が見え隠れする。
谷底からは4・5百メートルの絶壁となり、
その上のややゆるやかな窪地状になった斜面には
等高線に沿った無数の段々畑が縞状に重なっている。

棚田

畑の中央部には数軒の家がかたまっている。
よく見ると細い路が部落から尾根を越えて
次の窪地にある隣の部落に続き、
また別の路が山の頂にも延びている。

山の頂にはチョルテンのようなものが見える。
人の動きは確認できないが、
昨夜のテント地からも小さな灯りが見えた。 

深い谷を隔てた2千メートルもの山の斜面に
確かに部落があり人が住んでいる。
隔絶された世界である。
ここに住む人々はどんな生活をしているのだろうか。

バスの通るシャブルベンシの街までは
丸一日はかかるであろう。
一生に一度位は首都のカトマンズに出かけることがあるのだろうか。

夜が明けると家族総出で畑を耕し、
日向ぼっこをしながら、畦道に腰掛けてお茶を飲む。
陽が山の裏に沈むとひんやりとした夜の帳が急ぎ足で周りを包む。
夕食をすますと身を寄せ合って床につく。
他と交流のない家族や部族だけの生活なのだろうか。
単調な生活だが、家族や部族の結びつきは強いに違いない。

秋の祭りにはチョルテンのたなびく裏山にみんなで登りお祈りをする。
娘が隣村に嫁入りをするときなど尾根の峠道から、
姿が山の陰に隠れるまで見送るのかも知れない。
けがや病気で、祈りの甲斐なく悲しい別れをしなければならないときもあっただろう。
しかし自然の恵みや家族の情けに包まれる幸せなひとときもあるに違いない。



バルクから3ピッチ、2時間ほど歩くと、
ガネッシュヒマールがよく眺められる休憩所に着いた。
ベンチに腰掛けるとシャブルベンシの谷からの風が汗ばんだ額に心地よい。

茶店にコーヒーを注文し、金を払おうと手を腹に当てた。
手がスカスカする。腰の周りを探る。ない?!。
いつも付けていたはずのウエストバックがない。
ああ、そうか、ザックの中に入れたんだ。
ザックの中身を全部出す。ない!。
一瞬頭が白くなる。お金だけでない。パスポートも入っている。
朝起きてからの行動をたどる・・
テント地の小学校の便所で外したような気がする。
間違いない。便所の棚にのせたまま忘れたのだ。

ツアーリーダーの鹿田氏に恐るおそる告げる。
鹿田氏はサーダーを呼んだ。
次の瞬間サーダーはセェルパのプルバを伴って
今朝のテント地に向けて走り降っていった。
この2人の姿を見て私は落ち着きを取り戻し、
運を2人に任せることにした。



ツロシャブルの村は細い尾根の上に階段状に家が建ち並んでいる。
学校やレストラン風の休憩所があり、
行き交う人や子供達の声で活気がある。
枯れ草と土と人の生活が醸し出す
独特の匂いのする家並みの間をランタン谷に降りて行く。

部落のはずれの家の庭で女の子が竹の皮を紐にして縄跳びをしていた。
宙を舞う姿は誠に見事である。
しなやかで体にも動きにも無駄がなく、
ネパールの土地から生まれ、
大地の生気とヒマラヤの霊気を吸収して育っているように思えた。
その隣の家の軒下には白髪の老人が筵の上に座って、
なにやら祈りのような呪文を唱えていた。
目はうつろで骨と皮だけの体に白い衣をまとっている。
やがて老人は大地に還っていくのだろうか。
ヒマラヤの奥地に住む人の生と死の輪廻を、かいま見たような気がした。

竹のひもで縄跳びをする少女
竹のひもで縄跳びをする少女



ランタン谷は深く鋭くえぐられている。
川底の左岸沿いに路が上流に向かってつけられている。
今晩の宿泊地バンブーの手前の茶屋で一服していると、
勢いよく2人のシェルパが戻ってきた。
見覚えのある紺色のウエストバックをかかげている。
みんなから一斉に拍手がおこる。
うれしいやら、はずかしいやら・・・
2時間もかけて登ったあの急坂をかけ降りて探してきてくれたシェルパ、
何でもなかったように今ここに平然と立っている。
私は手を合わせたい気持ちで、二人と握手をした。



バンブーからは、ランタン川右岸に沿って樹林帯の中を行く。
私の後ろにいるカラナ・シェルパに
ネパールの唄「シャブリコソング」を教えてもらいながら歩いた。
カラナの歌う発音をカタカナでノートにメモしながら何回も繰り返し歌った。
教師の免許を持っているカラナは一小節毎にゆっくりと諭すように教えてくれる。
この唄は流暢で哀愁を帯び、
ヒマラヤの懐に住む人々の感情を乗せた響きを感じさせる。
意味はよくわからないが、発音だけはなんとか覚えた。
日本に帰り、口ずさむとヒマラヤの空や人々を思い出すことができるだろう。




樹林帯の急な坂道を登りきると
低木と草原が拡がる平坦な谷となり
一気に視野が開ける。
ランタンコーラの壮大なU字谷だ。
谷の両側は氷河に削り取られた
高度差
1,000m位の垂直に近い岩壁となってランタン谷の奥まで続いている。
岩壁の上は雪を被った
7,000mのヒマラヤの峰々が頭を出している。
谷幅は広く、かっての氷河の末端部のモレーン上が台地となって、
そこに開けた村がゴラタベラだ。
氷河が後退してできた次の台地がランタン村、
その次がキャンジンゴンパの村である。
雪のヒマラヤを見上げながら氷河谷のゆるやかな路を行く。
まばらな木々は赤い実をつけ、紅葉している。
足もとにはリンドウの青い花やエーデルワイスの白い花が冬を前に風に揺れ、
草原上にはヤクの群れが枯れ草をついばんでいる。



ランタン村を過ぎた頃、一人の少年がついてきた。
ジーンズのズボンとセーターを着こなし、
はにかんだ顔に純朴な目を輝かせている。
年は12才で、この先の家に帰るところだと答えた。
しばらくするとその少年が、いつの間にかリュックを背負っている。
少年の後ろを歩くラクバドルジェは空荷である。
ドルジェはにやにやしながら「ポーターを雇った」という。
少年は「15ルピー貰う」と嬉しそうである。
柔軟で思いやりのあるほほえましい人間関係に私はほのぼのとした気持ちになった。
途中にあった家に帰ったのか、
知らぬ間に少年はいなくなっていた。

シェルパに雇われた少年
シェルパに雇われた少年



私はラクバドルジェとネパール語と日本語を互いに教え合いながら歩いた。
ドルジェも熱心だ。私の言う日本語の発音をネパール語でノートに記録し、
何回も確認し、繰り返し口にする。
その時私が、思わずオナラを出してしまった。
すかさずドルジェが聞く。
オナラの日本語とネパール語のやりとりをしているうちに、
内容が下ネタから男女の話しにエスカレートしそうになったので話題を変えた。
しかしシェルパも同じ人間なのだと実感し、
お互いの距離が急速に近づいたような気がした。
以後ドルジェと私は顔を合わすたびに
口に指を当てて「シー」と制止の合図を送り合った。
故郷のこと、家族のこと、将来のこと等の話しに夢中になっている間に、
暮れかかったランタン谷最奥の村キャンジンゴンパに着いていた。



快晴の朝を迎えた。
冷気の中のキャンジンゴンバの家々は
黎明の中に黒いシルエットで静かに佇んでいる。
見上げるとランタンリルンの頂がバラ色に染まっている。
巨大な山塊が何か大きな音を発し、
うごめいている生き物のような荘厳さに圧倒される。



午前中は高度順応のため、
mの裏山に登り、午後は自由時間となった。
私はリルン氷河への入り口付近にある寺院に登った。
高台にあるこの寺院からはキャンジンゴンパの村がよく見渡せる。
リルン氷河側からランタン谷に向かってせり出す台地の草原上に
20軒ばかりの家が建っている。
背後はランタンリルン(
7,225m)、キムシュン(6,745m)、
台地が切れ込むランタン谷の向こうには
ポンゲンドプク(
5,930m)が、谷の奥にはガンチェンポ(6,387m)等の
ヒマラヤの山々がこの村を大きく取り囲んでいる。



私は寺院脇の岩に腰掛けてキャンジンゴンパの村を見下ろした。
村は快晴の空の下に清涼な青白い空気に包まれ、
逆光のためか人や草木は濃い影を作ってきらきらと輝いている。



縁側で日向ぼっこをしている家族が目に映る。
今日のようにおだやかな時ばかりではなかろう。
夜の寒さ、冬の風雪の中、けがや病気の時等は、
どう暮らしているのだろうか。
きっとみんなで力を合わせ、祈り合っているのだろう。
この寺院の背後のランタンリルンを村人が「神の座」として崇めるのは当然だ。
厳しい自然の中を耐える技と心を培っているからこそ、
今日の家族寄り添っての日向ぼっこは
かけがえのない幸せな一時となっているに違いない。
ヒマラヤの厳しさと恵みを受け、
ヒマラヤを神とする謙虚さがあるからこそ、
見知らぬ我々にも優しい眼差しで接することができるのであろう。
寺院の前に立つ高い棒に結わえられたチョルテンがひらひらと揺れる。

風に揺れるチョルテン(キャンジンゴンパにて)
風に揺れるチョルテン(キャンジンゴンパにて)



風は遠くチベットからヒマラヤの峰々を越えて降りてくるのか、
さわやかでなつかしい匂いを含んでいる。
その空気を身に受けたとき、
私の頭の中に何か遠い記憶が、よみがえり亡き人に出
会ったような幻覚が浮かび、
気が遠くなりそうな郷愁と恋しさに襲われた。
あまりの切なさに耐えられず私は腰を上げ、村に向かって降りて行った。



キャンジンゴンパからは、
チェルゴリ(
4,984m)のランタン谷側斜面を登っていく。
山腹に派生する尾根部と谷部をトラバースするように路は斜めに続く。
斜面一面が草原で所々にヤクが放牧されており、
右手のポンゲンドプクがいつまでもお供をする。



放牧のために作られた石囲いの牧舎が
急な斜面の上から下に並んでいる。
ティキァプサカルカである。
石囲いの中を食堂とし、
その周りの牛の糞と泥が混じる傾斜地をならしてテントを張った。

ティキャプサカルカのテント地
ティキャプサカルカのテント地



ティキァプサカルカからも同じような草原の斜面が続く。
やがてどっしりとしたガンチェンボがランタン谷の奥に巨大な姿を現す。
山腹を回り込んでしばらく登ると、
チェルゴリのゆるやかな北斜面と
ヤラピークの南斜面が合さってできたすり鉢状の広大な草原上に達する。

ヤラカルカのベースキャンプ
ヤラカルカのベースキャンプ

最終キャンプ地ヤラカルカである。
草原上にはヤラ氷河からの水がゆるやかな小川となって流れている。
このカルカを囲むチェルゴリ・
ヤラピークのさらに外側をランタンリルン・
ポンゲンドプク・ガンチェンボ等の

6
m級のヒマラヤの峰嶺が遠巻きに並ぶ。
昼間はぽかぽかと暖かく、草原に寝転んで昼寝がしたくなる。
陽がランタンリルン側に沈むと、
草原上は暗闇に包まれるが、
東のガンチェンボの残照はいつまでも消えない。

ガンチェンポの残照と半月(ヤラカルカにて)
ガンチェンポの残照と半月(ヤラカルカにて)

夜中は満天の星の光が、
ヒマラヤひだを黒光りにくっきりと照らし出す。
夜明け前のテントから顔を出すとランタンリルンは、
もうバラ色に輝いている。
ヒマラヤの雪線ぎりぎりの場所に、
世界一級の楽園のような草原が拡がっている。



11月6日、朝4時真っ暗闇のヤラカルカを出発し
ヤラピーク(
5,520m)に向けて登り始める。
隊員4人、シェルパ4人のパーティである。
路はない。先頭を行くシェルパは、
暗闇の草原上を的確に最短距離を進んで行く。
草原が消え、ガラ場にさしかかる頃、
ようやく空が白みかけ、ランタンリルンに朝日が当たり始めた。



ピッチが速く、私はついていくのがやっとで最後まで登れるかどうか不安になる。
岩場を越えて落石が積み重なる尾根をつめるとヤラ氷河のとりつきになる。
シェルパ達は、登攀用具を身にまとい、
てきぱきと軽妙な動きでルート工作にとりかかる。
その中で私は、先頭を務めるアンパサンの姿に引きつけられた。
キャラバン中はややゆるんだ服装で、
ひょうきん者で、とても引き締まったシェルパには思えなかった。
ところが今、氷壁に立つ彼は別人のように精悍で、
頭の先から足もとまで完全装備で、きっちりとかため、
肩や腰にはザイルやアイスピトン等の登攀用具を軽快につけている。
服装、装備、動きに微塵もの隙も無駄もない。
軽々と氷壁を行き来してルートを作り、隊員のサポートに当たる。
職人的な彼の動きと姿は眩しいくらい輝いて見える。



私は衰えた自分を痛感しながら、
やっとの思いで頂上稜線に這い上がった。
稜線は痩せており、
垂直に近い傾斜で
1,000m下のサルバカン氷河に切れ落ちている。
サーダーのテンジンは、
稜線からサルバカン氷河側に出っ張った岩の上に立って、
隊を指揮していた。
その時、サーダーの上体がぐらぐらと揺れたかと思う間に、
足もとの岩が崩れ出した。
体が宙に浮いて吸い込まれ始めた瞬間、
サーダーは目の前の岩に打ち込まれたハーケンについたカラビナを
右手でつかんでぶら下がった。
崩れた岩は、轟音と共にサルバカン氷河に消えていった。
サーダーは、握ったカラビナに力を入れて体を引っ張り上げると、
隣にあった別の岩の上に立って、
何事もなかったように再び隊の指揮に当たっている。
肝を冷やした。

それにしてもこの冷静さ、判断力、責任感はどこで生まれたのか、
ヒマラヤの懐で育ち、ヒマラヤで鍛え、
ヒマラヤを尊敬する者のみに与えられる人格なのだろうか。

・・・私は立ち上がって写真を撮す気力も体力もなく、
痩せ尾根に座ったまま、
目の前に立つ偉大なサーダー越しに、
遙かチベットにまで続く大ヒマラヤを畏敬と憧憬の気持ちで眺めた。

サーダー・テンジンとチベット国境に拡がるヒマラヤ(ヤラピーク頂上にて)
サーダー・テンジンとチベット国境に拡がるヒマラヤ(ヤラピーク頂上にて)



ヤラカルカに戻ってきた。
テント地では留守役を務めた仲間が手を振って迎えてくれた。
全員で登ったような一体感を覚える。
体調を崩し先に降りていった3人が欠けているのが何とも寂しい。


リュックにもたれて草原に足を伸ばした。
今登ったヤラピ−クを見上げる。
岩と氷、冷たく近寄りがたい厳しさを感じる。
草原の周りを見わたす。
草の匂い、土の薫り、水の流れ、
自分を受け入れてくれる仲間、自然と人のやさしさに満ちている。
わずかな時間だったがヤラピークに登りヒマラヤの厳しさを体験した後だから、
この草原のヒマラヤのやさしさを身にしみて感じることができるのだろう。
ヒマラヤの懐で暮らす人々は
生まれてから日々ヒマラヤの厳しさとやさしさに触れてきた。
この繰り返しの中からランタン谷で暮らす人々のあのやさしい眼差し、
シェルパ達のこのたくましさが培われてきたのではなかろうか。
やはり雪をかぶるヒマラヤは「神々の御座」だ。
ヒマラヤの懐は人々を育てる揺りかごだ。



そんなことを想っていたらヤラカルカに夕闇が迫ってきた。
急に寒くなり友の待つテントに潜り込んだ。

シェルパ達、左からカラナ、プルバ、アンパサン、フルテンバ、ラクバドルジェ
シェルパ達、左からカラナ、プルバ、
アンパサン、フルテンバ、ラクバドルジェ





<<戻る