OUACネパールヒマラヤトレッキング
ネパールヒマラヤランタン山群ヤラ・ピーク登頂トレッキング





2000年からスタートしたネパールヒマラヤ・トレッキング企画は、今年度で10隊目となりました。山岳部の伝統「より高く、より困難へ」から、会員の高齢化による活動の場として「より楽しく」のコンセプトで、元気なシニアー会員を中心に、現在旺盛に活動している一般トレッカーにも呼びかけて、今回までで77名の方々を「ヒマラヤの未知なる生活体験の旅」へご案内して来ました。

今回(2004年)のトレッキングは、ヤラ・ピーク登頂だけでなく、昨年の河合卯平氏が学校訪問し「子供達の貧しさに心が痛んだ」との報告に基づき、現在の日本で捨てられている古着、学用品を昨年の隊員に集めてもらい20Kgの荷物を持参し、また、村人は被写体として多くの写真を撮られても、自分の写真を手にすることがない人々に写真を届け、子供達や村人と交流する事を計画しました。最近ネパールではマオイスト(毛沢東共産主義者)によるゲリラ活動が頻発し、道路の検問が各所に設けられ物々しさがありましたが、山に入ると村人は素朴で温かく迎えてくれ「神々の座」は、崇高な景観を見せてくれました。

下記にトレッキング参加者による報告を掲載しました。ヒマラヤの山々やそこに住む人々の姿など、見どころがたくさんあります。どうぞご覧ください。

2005年2月8日
岡山大学山岳会


 U平田潤一郎「高度障害について 思いつくままに」


ランタン谷地図

緑字はカトマンズからのバス移動

赤字は大森氏のルート

青字はトレッキング隊のルート


<<HOME