ネパール・ランタン山群・トレッキング報告(2004)

37年度農卒 大森武生(事務局担当)

 2000年からスタートしたネパールヒマラヤ・トレッキング企画は、今年度で10隊目となりました。山岳部の伝統「より高く、より困難へ」から、会員の高齢化による活動の場として「より楽しく」のコンセプトで、元気なシニアー会員を中心に、現在旺盛に活動している一般トレッカーにも呼びかけて、今回までで77名の方々を「ヒマラヤの未知なる生活体験の旅」へご案内して来ました。
今年度は、昨年に引き続きネパールで一番美しい谷と評判の高いランタン山群・ヤラ・ピーク5520mを目指すトレッキングを計画しました。メンバーは大森武生(37年度農卒)、大内基靖(41年度工卒)、一般参加の大村正行(69才、玉野ミネルバ山の会)、渡辺勇(64才、岡山ハイキングクラブ)渡辺典江(63才、岡山ハイキングクラブ)、船越仁(63才、みつがしわ山の会)の6名です。3月に希望者を募り、数回の研修会、トレーニング、大学病院高気圧治療部での疑似高度体験など、昨年の報告に基づき日程を2日延長し、高山病対策には万全の配慮をしましたが、1名は4400mのティキャプサカルカにて高山病で倒れ、ヘリコプターで救出され、5520mのヤラ・ピーク登頂は、大内基靖、船越仁の2名にとどまり、2名は氷河のない4984mのチェルゴリに登り、大森武生は、家庭の事情で、トレッキング2日目ツゥーローシャブル村(2140m)から1人下山しました。
今回のトレッキングは、ヤラ・ピーク登頂だけでなく、昨年の河合卯平氏が学校訪問し「子供達の貧しさに心が痛んだ」との報告に基づき、現在の日本で捨てられている古着、学用品を昨年の隊員に集めてもらい20Kgの荷物を持参し、また、村人は被写体として多くの写真を撮られても、自分の写真を手にすることがない人々に写真を届け、子供達や村人と交流する事を計画しました。最近ネパールではマオイスト(毛沢東共産主義者)によるゲリラ活動が頻発し、道路の検問が各所に設けられ物々しさがありましたが、山に入ると村人は素朴で温かく迎えてくれ「神々の座」は、崇高な景観を見せてくれました


岡山駅出発ロビー















10月26日岡山駅にて、メンバー6名、河合、武田氏に見送っていただきました。






重い学用品のバックを運ぶ一番若い(61才)大内君/バンコク空港にて


10月28日朝7時隊員6名、ツアーリーダー鹿田君、シェルパ5名、キッチンスタッフ6名、ポーター7名を乗せてバスにてシャブルベンシに向かう。約1時間カカニ峠を越えると展望が開けガネッシュヒマールが見えてきた。1979年初登頂から25年ぶりで懐かしくバスを止めて撮影する。




左からV峰(7130m)、W峰(7102m)、U峰(7150m)T峰(7406m)

<<戻る次へ>>

HOME