手前は、専用シェルパを引き連れた大村氏。沿道にはシャクナゲが多く見られる。


チベットの山々
2時間ほど歩くとチベットの山々が見えてくる。



nawor dhada hotel
途中1軒だけ粗末な茶屋があった。これでもホテルと表示してある。




ホテルの看板娘と渡辺夫人。右端は私が雇ったバルク村の現地ガイドのサムデン君。



ホテルの裏手に登ると千枚田ならぬ万枚田が眺められる。



11時頃ブラバル村(2190m)に到着、ここで小休止。



水牛による農耕風景。「日本も昔はこうだったんだなあ〜。」



ジャガイモの収穫風景。一家総出で働いているが、女と子供ばかり、不思議と主人は見かけない。
男の大半はカトマンズ又は外国まで長期に出稼ぎに行っているのだと言う。


<<戻る次へ>>

HOME