サムデン君
疲れたので、ブラバル村から現地ガイドのサムデン君にザックを預け、荷物はカメラだけ。


ツゥーローシャブル村(2210m)
12時ごろ今日の宿泊地ツゥーローシャブル村(2210m)が見えてきた。


イエティーロッジ

1時頃ツゥーローシャブル村のイエティーロッジに到着。



シャブル村での昼食
シャブル村での昼食、天ぷらうどん、巻きずし、魚の缶詰、サラダ、デザートと豪勢。


 
昨年河合卯平氏達が、シャブル村で学校訪問し「子供達の貧しさに心が痛んだ」との報告があり、仲田正子氏(玉野市在住)が中心となり、現在の日本で捨てられる古着、学用品を集めてプレゼントする計画が持ち上がり20Kgもの荷物が託された。私が帰路のため雇ったバルク村のガイドのサムデン君は、シャブル村の出身である。村に到着し学校を訪ねると今日までお祭りで休みとのこと。サムデン君に学校の先生を捜し出してもらう。昨年の先生は任期が終わり、現在の先生は子持ちの美人だった。昨年の隊員達が撮影した写真の子供達を村中駆け回って探し出しロッジの広場に集まってもらった。たちまち広場は人だかり。まず写真のプレゼント、そして先生に古着、学用品をプレゼント、船越氏が同級生(岡山大学工学部)からカンパで買って来たサッカー、バレーボール、縄跳び、大森の町内会の子供が書いた図絵もプレゼントした。広場は時ならぬ大混乱となった。



写真をもらった子供たち


村の学校
村の学校
写真をもらった子供達とシャプル村の学校


<<戻る次へ>>

HOME